FC2ブログ
Noble-Theme69.jpg

Google Chrome 69 以降 UI 対応の自作テーマ置き場でっす。
なお今記事は単なるパーツ置き場なんで、テーマ作成手法については
前記事前々記事を眺めて下さいな。

スポンサーサイト
Google-Chrome69_old-Theme.jpg

先日更新された Chrome 69 では、UI のデザイン変更が伴っています。
それ自体は構わないのですが、以前紹介の自作テーマだと若干ズレますね。

ってな訳で、その辺をざっくり修正するお話でっす。
なお Windows / Linux 共通ですが、実行環境の Fedora 関連情報としています。
KONOSEKAI_Gunkan-Aoba.jpg

今回は視聴に感化されて調べた、おフネとか戦史絡みのお話。
という訳でストーリーに全然関係しない話も含まれますよと。

でもまぁ、物語は戦争と軍港の街に深く関わるお話ですからね。
あと今時CGモデリングでない、手描き軍艦にヤラれた人も居るでしょ?

何より昨年収集の資料があるけど、いつかは消去の気もしてた。
そんなこんな何となく記事化することで、少し吐き出してみまする。

KONOSEKAI_Oni-ichan.jpg

なんとなく前回に続き、物語のごく周辺のお話など。
今回は登場回数こそ少ないものの印象に残るすずの兄、浦野 要一のお話。

昨年の DVD 初見時、細かく綿密な検証があることに気付いたんですよね。
コレ別に、アニメにありがちな「設定オタク」の話じゃないんです。
未体験でも、当時の伝聞ある方は皆、それとなく感じたと思います。

記事にはしなかったけど、私も昨年は片渕監督の6年を追ってたんですよ。
という訳で映像上は端役となった、浦野 要一にまつわるお話を少々。

KONOSEKAI-Sarani-Ikutsumono.jpg

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が発表されてますね。

私は作風を錯誤してしまい、うっかり初版の劇場公開を見逃しちゃった人。
初見では、クラウドファウンディングへの非参加を強く後悔したものです。
以来たぶん二十回以上観てるし、今後幾度でも観返すでしょう。

具体紹介なんて今更だし、そもそもアレコレ思いつきすぎてムリ。
とりあえずは、新版に関係するかもしれない話だけ触れてみます。

VideoDownloardhelper-coAPP_Fedora28.jpg

Fedora ないし、非 .deb 系 Linux 環境での coAPP 導入方法です。
過去記事にも記載でしたが、ここんとこ随分と頻繁に更新かつ改善みたい。
ちなみに ver,1.2 以降は youtube 対応面でかなり有用になってますよと。


○参照情報
参照すべき基本情報はココに全て書いてあります。
Video DownloadHelper Companion App
https://www.downloadhelper.net/install-coapp

また各種バイナリ・ソース群は以下にて提供されています。
mi-g/vdhcoapp
https://github.com/mi-g/vdhcoapp/releases


○端末(コマンド)による導入
ざっと以下。
 code:
wget https://github.com/mi-g/vdhcoapp/releases/download/v1.2.4/net.downloadhelper.coapp-1.2.4-1_amd64.tar.gz

tar xf net.downloadhelper.coapp-1.2.4-1_amd64.tar.gz -C ~

~/net.downloadhelper.coapp-1.2.4/bin/net.downloadhelper.coapp-linux-64 install --user


※備考
上記は現時点の 64bit 向けをユーザー領域へと展開・導入する記述です。
ここは任意なので、各自希望によりそれぞれ読み替え・書き換えのこと。

なお展開・設定後、元の圧縮ファイル(赤枠)は削除可ね。
coAPP_directory.jpg
 code:
rm net.downloadhelper.coapp-1.2.4-1_amd64.tar.gz

展開バイナリ群(水色枠)は、更新時に手削除しちゃって下さいな。


○設定・動作上の補足
VideoDownloardhelper-coAPP_setting.jpg
過去 ver と同様の操作系を望むなら「ブラウザー」指定でしょうかね。
ただ「コンパニオンアプリ」指定でも、DL での実質差異はありません。

VideoDownloardhelper-coAPP_youtube.jpg
youtube (公式・著作権者による)動画の DL は、Firefox のみ対応。



一般的な家庭内用途であれば、最廉価にして機能・性能面も必要十分かと。
iOS11_iPad2018.jpg

前記事で紹介し切れてない iOS 初期設定など書いてみます。
んまぁ現在非所有でも、検討材料とかイメトレになるかも?


○初期設定
 ☆ Apple ID
必須かつ重要なので、公式サイト等を良く読んで設定のこと。
なおオンライン購入では入手前の登録と思いますが、実機にて変更可です。

Apple ID の作成と使用
https://support.apple.com/ja-jp/HT203993

サインイン - Apple(日本)
https://secure.store.apple.com/jp/shop/account/setup/start

Apple ID サポート
https://support.apple.com/ja-jp/apple-id

ここには iPhone ユーザーによく知られた、少々気遣うべき内容アリ。
具体的には "Apple ID 本名" でググった方が分かり易いのでそちらを。
iPad2018_Settings_AppleID.jpg
データ共有の相手デバイス等へ、この ID 名(画像は編集済)が表示です。
これは Windows で言うところの「(共有)コンピュータ名」相当かな。

iPad2018_Settings_AirDrop.jpg
なお AirDrop (共有)の「連絡先のみ」とは、自機で承認した相手先ね。
標準は同設定だしそんなに心配要らないけど、相手先はデバイスに限らない。
ココを「すべての人」にしちゃうと、周囲に ID 名を公開する設定ですよ。

ついでに言うと上の ID 画面は、非ロックだと第三者が操作・参照できます。
 ⇨登録名とメアド・生年月日・二段階認証の電番・Wi-Fi SSID 等

iPad2018_input_passcode.jpg
さらにショルダーハック等からパスコード割れると、もうダダ漏れ使い放題。
悪意ある第三者に限らず、子供とかにも濫用されないようにね!

※参考:McAfee Blog 様
社員のための抜け目ないショルダーハック対策と注意したい5つの事例
https://blogs.mcafee.jp/shoulder-surfing-protect


 ☆ Touch ID とパスコード
同設定と各人での記憶・認識は、購入も絡む運用上で最重要になります。

iPhone や iPad で Touch ID を使う
https://support.apple.com/ja-jp/HT201371

iPhone、iPad、iPod touch のパスコードを忘れた場合....
https://support.apple.com/ja-jp/HT204306

iPhone や iPad で Touch ID が機能しない場合
https://support.apple.com/ja-jp/HT207537

※備考
過去評では Touch ID が鈍い・効かない等あるみたいですが、実に良好。
どうも中高年・手荒れだと、指紋やタッチ反応が悪い場合があるみたい。

気をつけるべきは一応上で書いた通り、補足は PC 同期等での漏洩かな?
まぁ大前提が携帯の iPhone に比べれば危険度は薄いけど、相応注意で。
TouchIDPasscode_iPad2018.jpg
設定完了にて「データ保護は有効です」= iPad 上のデータは暗号化です。
ただ、その鍵となる上二点の設定内容が漏れてしまえば、無意味ですよと。

なお試用や他操作を装い購入認証、短期に継続課金させるアプリも存在。
直近例:DORA VIP( DORA VIP 1-WEEK , Dora - Photo Editor )
Apple-app_Dora_VIP_or_PhotoEditor.jpg
Twitter : えぴたん 様
https://twitter.com/epitan25/status/1002029830366363649/photo/1

Android ほどカオスではないものの、逆に有償アプリ多数なので注意ね。

機能制限を使って iPhone、iPad、iPod touch での購入を制限する
https://support.apple.com/ja-jp/HT204396

iPhone: アプリ内課金の解除 - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/shop/question/answers/readonly/tag/iphone/%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E5%86%85%E8%AA%B2%E9%87%91%E3%81%AE%E8%A7%A3%E9%99%A4/QPPTP22YPX9A9XDFT

定期購読内容を表示・変更・解約する
https://support.apple.com/ja-jp/HT202039


○やっとくと便利な設定

 ☆ホームボタンと AssistiveTouch
たぶん初見の PC ユーザーが困惑するのは、アプリの終了操作が無いこと。
一応 iOS はマルチタスクですが、基本はホームボタンが「戻る」相当です。
つまりは膨大回数スイッチ操作ですが、回避できる仮想ボタンがあります。

iPad2018_Settings_Accessibility.jpg
設定>一般>アクセシビリティ>(二段目 「操作」項)AssistiveTouch

iPhone、iPad、または iPod touch で AssistiveTouch を使う
https://support.apple.com/ja-jp/HT202658

この初期設定は複数表示ですが、任意に増減が可能です。(上画像 緑枠)
iPad2018_Settings_AssistiveTouch.jpg
例)「最上位メニューをカスタマイズ...」にて「−」押下
最後の一つを「カスタマイズ」>「ホームボタン」に設定


※備考
稼働中は反応良好なのですが、スリープ解除だけは若干鈍い感じがします。
同解除だけは物理ホームボタン操作の方が、直後の誤タッチを防げるかも。


 ☆自動ロックとその時間設定
操作に慣れない、或いは他と並行作業する際にウザいのが自動ロック。
いや、上記セキュリティを考えると全く正当なんですけどね。ちょっと短い。
そうお考えの場合は、設定にて任意時間に変えられます。
iPad2018_Settings_auto-lock.jpg
設定>画面表示と明るさ>自動ロック>「 2 , 5 , 10 , 15 分」or「なし」

ケースマグネットを用いたオート(純正ではスマート)ロックなら瞬時。
この点で操作終了時に即ケースを閉じる=ロックの方が簡便に思います。


○その他 購入の選択肢について

 ☆画面解像度について
代名詞たる Retina ディスプレイ:前記事でも推しですが、一部に誤認アリ。
スペックとしての 9.7" 2048x1536 264ppi 4:3 は正当ながら、実際はこう。
Resolution_iPad_2018.jpg
まぁ要するに Retina たるは拡大時で、通常表示は 1024x768 解像度です。
私は画像編集などに要 Retina 、加えて 4:3 比率も好ましく推しという話。

単純なモバイル利用なら、より廉価 or 旧型機でも iPad 近似の表示は可能。
利用しない用途の為に、無用なスペックを比較する必然はありませんよ。

ちなみに、宅内でも「手持ち」で捉えると 8" のできれば 4:3 が好適。
10"クラスは作業性込では良好だけど、携帯性で言うとややデカくて重い。
Android / Windows に多い 16:9 は、画面が細長くてやや小さく感じます。


 ☆「Apple認定整備済製品」について
中古というより限りなく新品に近い(パッケージ&保証)リビルド品ね。
狙いのブツが見つかれば、妙に高い一般市場の中古品より遥かにオトク。
整備済製品を購入する
https://www.apple.com/jp/shop/browse/home/specialdeals

PC 世代には Apple 製品=「でもお高いんでしょ」俗信がある気がします。
コレむしろ真逆で、Apple 製品の完成度に適価対抗できる商品の方が少数。
また手に取った際の満足感、中古価値を含めた周辺評価はやはり上かなと。


☆今週の蛇足:一般 PC ユーザーほど、Windows PC を更新してない

この単月だけでなく、今年の第一四半期は事実 MacBook air が独走です。
BNC_Ranking_2018-1st.jpg
コレ BNC ランク(=実売)なんですが、同状況は昨年末から続いてます。
なお興味深かったのは・・・
 ⇨コアな Apple ユーザなら「旧態」理由に忌避されがちな air 一択
 ⇨一般 PC ユーザーの過半数とされるノート層の購入トップが Mac


いや別に Windows やら Mac がどうしたなんて話じゃありません。
Microsoft , Apple , Google 或いは Linux にも、何ら信仰はございません。
そうした栄枯盛衰なんて、ゲーム機と同じで面白いか?世に流行るか?だけ。

ただ自作erとしては、こうも競争低下だとパーツ値の高止まりが心痛です。


無印ではなく、上位 Pro 対抗となるお品でしょうね。
Apple の独自・囲い込み戦略は嫌いって方には、この手がありまする。

 | HOME |  »