Fedora27_Xfce_Desktop.jpg
先日(ようやく)公開された、Fedora 27 Xfce 新規インスコでの試用メモ。

えぇ、いつもと表題やら書き出しが異なりますが、理由は単純。
初期設定は F26 記事でも概ね通用するし、部分的に動作劣化なんで見送りです。

いやまぁ全てがダメじゃないし、むしろ殆ど点で F26 と大して違いませんよ。
(新規層は、最新 F27 ではなく在来 F26 を導入すべき、と言い換えてもいい)
それにリリース直後の現時点はイマイチでも、恐らく逐次改善されるでしょう。
また " Spins " でなく " Workstation (=GNOME) " なら関係ない部分もアリかな。

ただ延期を重ねてのこの体たらくには、チョッと呆れたのが正直な印象でっす。

スポンサーサイト
KRACKs_Wi-Fi.jpg

「 WPA2 に脆弱性」として、数日前からネットを騒がしてる件のメモ。

ちなみにこの件、話題沸騰は Black hat EUROPE 2017 での発表前後からですが
(というより、その前週あたりからネットで煽る層が出始めたように見える)
初期発表された論文など辿ってみたら、昨年夏からの情報だったみたいですね。

-25th USENIX Security Symposium-
Predicting, Decrypting, and Abusing WPA2/802.11 Group Keys

https://www.usenix.org/system/files/conference/usenixsecurity16/sec16_paper_vanhoef.pdf

いやでも「だから安心」だとか「何をいまさら」って意味じゃないですよ。
私も当日初めて知った組でして、その初出と最新の反響に驚いただけです。
ついで言うと、まだ追検証の内容と最新攻撃手法については未発表ですね。


dnfdragora_Fedora27.jpg
Fedora 27 からの新「ソフトウェアの管理」= DNFdragora を試用中でしたよと。

FedoraProject - Get Fedora - Releases/27/ChangeSet
Changes/Replace Yumex-DNF with dnfdragora

https://fedoraproject.org/wiki/Changes/Replace_yumex-dnf_with_dnfdragora

えっと、たぶん Spins 版における Workstation の " gnome-softwere " 相当かな?
 ⇨ Yumex(DNF) を置換= dnfdragoragui
 ⇨同上バックグラウンド= dnfdragora
ってな形のヤツだと思います。

まぁ F27 更新の中で、GUI で目にする・触れる部分としては明らかな部分かなと。
むろん現状 Beta ですが、F26 上で試用〜約一ヶ月経過( Yumex-DNF 併用)です。

Google-Chrome_shortcut-keys.jpg

メインブラウザ Google Chrome 移行にあたっての備忘録、その 2

不慣れ+(在来) Firefox より UI 操作上の機能に劣るなどを補う、ナニかしら。
取り敢えずはごく少数ショートカット・キーのメモやらと、幾つかの愚痴かな。
なお今回も、利用主環境たる Fedora 情報区分でっす。(そろそろ分けるべき?)
Customize_Google-Chrome-Theme.jpg

Chrome に主ブラウザ移行したら、ユーザー別のテーマが欲しくなったんですよね。
でも今やカスタム・テーマなんて流行らないらしく、ウェブストアは掃き溜め状態。

んで、ググったら簡単に自作する手法があったんで、実作例と共に紹介しまっす。
なお Windows / Linux に共通なんですが、利用環境の Fedora 情報区分ですよと。

PC-lectures_neighborhood-activities.jpg

ここ数年、いわゆる町内会やこども会・PTA 行事に従事の機会があったんですわ。
で、バカゆえに「 PC に詳しい」枠に編入され、クロスオーバー参画も増えちまう。

そんなこんな、地域コミュニティにおける、PC オタクの対処メモ。
あ、ちなみにアップ画像はネットで適当に拾ってきただけですよと。

Remix_OS_was_died.jpg
どうやら Remix OS ( Team Jide )は逝ってたらしい。

A message from Jide:
http://www.jide.com/

久々にググったら、具体的な日付すら追えずいつの時点か分らないが、死亡の模様。
いや、上記の公式発表によれば業務向けのみに傾注し、民生用からは撤退とのこと。
Remix IO / IO+ については、Kickstarter を通じて全額払い戻しと表明されている。

今春ジョイントしてた Androidx86 開発者の微妙な発言もあり、薄々は感じてた。
juggly.cn 「Android-x86」がプロジェクト継続の危機に直面
http://juggly.cn/archives/218629.html

ニッチながら訴求力あるプロジェクトだったけど、企業としては体力不足だった?
ただ二世代機が Kickstarter で成功を収めた後の幕引きには、少々疑問符もある。


「ベアボーン」なる表現は大いに疑問だが、 Remix IO 近似構成の製品はコレ。

 | HOME |  »