FC2ブログ
2009
05
28

楽天市場では、個人情報も売っています。

Rakuten_ecosys.jpg

たった今、Gigazineさんの記事で知りました・・・。
驚愕のスクープ(タレこみ)と思います。

掲載の画像は、2009年の投資家向け説明会資料によるものなそうで、楽天が保有する個人情報を使って「楽天経済圏(エコシステム)」というものを作り上げ、さまざまなサービスを提供する図が描かれています。

大雑把な結論でいうと、「楽天」はこれら会員情報を加盟店に「販売」することで運営利益を得る、という商法内容になっています。
要は、最終的に各ショップの責任となる個人情報の扱い(過去に流出事例)を、管理強化ではなく逆手にとって利益を出す仕組みに・・・。

「メールアドレスぐらい、どうってことない」?
いえいえ。図を良く見て下さい。
現状で具体事例がある訳ではありませんが、カード情報・個人ローン・宿泊予約・人材登録・結婚情報に至るまで、集められた会員ID情報全てを「共有」する目論見のご様子。

これらが「管理体制不備の企業」に渡ったら?

ちなみに購入時の「メールアドレス」ごときは、「確認メール」が店舗にも同報送信されており、目視・手作業で取り込むことで、規定されている「情報購入」以前に店舗側へはダダ漏れとのこと。

こういう危険性は、今後どの企業によるID情報管理にも付きまとうかも。
不況により従来方法での利益確保が難しくなれば、同様懸念は増す一方かも知れません。
でも今は正直なところ、"楽天を利用していなくて良かった!"と思った次第です。


Gigazine さんより
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090527_rakuten_csv/
スポンサーサイト

«  | HOME |  »