2009
06
28

初心者向け、ネット動画のダウンロード

Haruhi_VDH.jpg

最近は様々なネット動画やその検索システムがめざましく発展したことから、多くの人の目に触れ、愉しまれる存在になりましたね。
身の回りでも、最近とみにそのダウンロード保存とその再生方法などを頻繁に尋ねられるようになりましたので、なるべく簡潔に紹介してみます。

◇はじめに
これらの情報やその機能を持つソフト・サービスは他にもネット上にたくさんありますが、取り合えず私の知る範囲で最も簡潔、かつネット+PC上で無料にて完了する内容のみを紹介しています。
なお「初心者向け」とは銘打ちましたが「ソフトのダウンロード・インストール」や「ファイル拡張子」「ファイルの保存方法や場所」ぐらいは解らないと、スムーズな実行は困難です。 (それらはイマドキ小学校でも教えるPC扱いの基礎ですから、自力で頑張りましょう!)

◎注意点
これらによって、ネット上に公開されている様々な動画を自分のPCに保存できることになります。
当然そのことは「保存した動画をネット上に再アップロード」等できることにも成り得ますが、他に著作権利の存在する映像等を権利者に無断で公開あるいは譲渡などの行為はご自身の「不法行為」として捉えられますので、その点には十分留意して下さい。


用意(ダウンロード)するソフト

☆ダウンロード用
1.「Firefox」 http://mozilla.jp/firefox/
Internet Explorer(以下IE)同様のブラウザですが、同ブラウザの「拡張機能」を利用するために必須です。 他ブラウザと併用可能ですので、単純に「動画ダウンロード用」と割り切った導入で構いません。 なお当然ですが、「IEでないと開けないサイト」の動画には対応しません。
FF35.jpg




2.「Video DownloadHelper」 https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/3006
動画ダウンロード用のFirefox拡張機能です。 Firefoxにて上記サイトにアクセスし、インストールボタンのクリック(+インストール「許可」のクリック)にて数秒程度で導入できます。 一見英語サイト・ソフトですが、大まかな設定は日本語表示されますし、下記(ファイルの保存先設定)以外は標準設定のままでも特に支障はありません。
※注意:同拡張機能の一部には、「海外アダルト動画サイト」へのリンクも内包されています。所定の操作をしない限り表面的に出てくる内容ではありませんが、同じPCを未成年者が利用する環境では留意が必要かもしれません※
VDH.jpg



☆再生用
「GOM PLAYER」 http://www.gomplayer.jp/howto/howtouse.html
Windows標準の「メディアプレーヤー」に相当する再生ソフトです。 インストール時には、最低限 .flvや.mp4 といった動画ファイルの再生をGOM PLAYERに規定して下さい。 好き好きですが、割と高機能かつ優秀なソフトなのでWMVやWMA等のWindows標準ファイル以外での「規定のプレーヤー」として使っても差し支えないでしょう。
GOM.jpg

なお、標準では広告が常に表示になりますが、例えば以下のスキンを使えば「メディアプレーヤー11」近似外観と広告の非表示が可能です。(アドバイス:導入にはDLしたスキンファイル「11」を「11.gps」にリネーム)
「11 Inspirat2」
http://www.gomplayer.jp/skin/view.html?intSeq=62&page=1
Skin11.jpg



利用してみる

☆事前の準備
※動画ファイルの保存先について、自己設定したい方は読み飛ばして下さい※
「GOM PLAYER」をインストールすると「ドキュメント」ファイルに「GomPlayer」というファイルが作成されます。 ここがデータ保存用ファイル("メディアプレーヤー"での"ミュージック"に相当)ですので、
「Video DownloadHelper」の保存ディレクトリもここにしておくと後々判り易いでしょう。
Firefoxのナビゲーション・ツールバー「ツール(T)」⇒「アドオン(A)」より 「Download Helper 4.4.1(現時点)」 の「設定(O)」をクリック。 「Services」⇒ 「Downloadタブ」 内の 「保存ディレクトリ」 を上記場所 (C:\Users\「ユーザ名」\Documents\GomPlayer) に設定します。
VDH_set.jpg



☆ダウンロード
あとは動画サイトを直接行き、Firefoxツールバー上のDownload Helperアイコン脇のドラッグメニューをクリック、そこに現れる該当ファイル名をクリック・保存するだけです。(赤丸中の下矢印部分)
DH_bar.jpg

また、Youtubeなどの対応サイトでは画面上に同様アイコンが出現しますので、そちらからでも構いません。 
DH.jpg
ちなみにファイル名も、Youtubeなど対応サイトでは所定の日本語表記で収納されます。(もちろん任意変更も可)
追記:記載後にふと気付いたのですが、「とあるYoutubeチャンネル」では表示数秒後にリンクURLが変わって、表示していない動画のDLとなる「設定変更」がなされてますね。・・・えぇと。 多少面倒ですが、狙いすまして瞬時に実行すると希望ファイルを落とせます・・ね。
ちなみに「GreaseMonkey+何か.js」というもう少しスマートな方法もあるのですが・・・個人的にはこの記事を読んで「なるほど!」と思うような初心者に、GreaseMonkeyのインストール自体がお勧めできません。

7/20追記 8/8日 修正追記
ごく個人的にですが「やっぱり出来ない」という急な問合せがあり、再検証。 なるほど上記特定チャンネルでは設定がキツめになってますねぇ・・・まさか私の書き込みが波紋になってるんじゃ??
でも出来ます。基本的には上の追記方法です。
DL_Haruhi.jpg
この通り。YoutubeでいうHD35ファイル・最高画質です。
DL_Youtube.jpg
上限120KB/秒前後の帯域制限でしょうか?たまにこれぐらいに落ちるので、再生時間=DL時間かも。

こんな場末の記事とは関係ないでしょうが、その後瞬時にファイルアドレスをリダイレクトするという「Video DownloadHelper」だけを狙った対策が施されたようですね。
どうでも良かったのですが・・・特定のチャンネルが特定アドオン対策を矢継ぎ早や施すという事象には、ややネットユーザーに対する厭味を感じたので、Internet Explorerを使って誰でも出来る方法を追加紹介しました。

IE8 Youtube動画ダウンロード活用法

本家の利用法なので、モチロンFireFox向けの記事も追加
FireFox Youtube動画ダウンロード活用法

「そんなにローカル保存されるのがイヤなら、自前サイト+会員制にしたら良いじゃん。」⇔「観てるのはむしろ顧客たる消費者。ネットにアップロードしてる人たちは、ほとんどが地デジからのデータなんだし。」という思いと、特定ファイルだけに対策を施すなんて、YouTubeの目指すものは「業務顧客寄り」であって、決して利用者を向いてはいないんだなぁとの嫌悪感から、「ネットなら誰でも出来る当たり前のこと」を記載しちゃいましたとさ。


なおダウンロードに掛かる時間は、ファイルの大きさ・提供側サイト~経由ネットワークの帯域(混雑具合)などに依存しますが、各種「ブロードバンド」利用であれば少なくとも動画の「実表示以内」には終了します。 (通常は数秒~数十分)
ちなみに「ADSL/ケーブルだと遅くてFTTH(光)なら速い」などの誤解も見受けますが、この方法では実効速度で6Mbpsもあれば十分。 いわゆるHD動画であっても、現状のストリーミング表示やダウンロードにそれ以上の高速回線は特に必要ありません。 もし実際に問題が発生しているとしたら、PCや宅内LANの実効性能が起因と思われます。 

☆PC上の再生
上記の通り設定・正しくダウンロードされていれば、「ドキュメント」内の「GomPlayer」ファイルに動画が保管されているはずです。 希望ファイルをダブルクリックするだけで、「GOM PLAYER」によって再生されます。


以上でかんたんにPC上にネット動画が保存できます。 一定期間しか公開されていないが、あとでゆっくり観たいなどの内容には大きな効能があるかもしれませんね。
その他ダウンロードした動画データを携帯やipod用などに変換する・DVDに焼くなどもできますが・・・機会があれば紹介します。



BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB HD-CN1.0TU2
バッファロー (2008-12-13)
売り上げランキング: 2
おすすめ度の平均: 4.0
4 MacOSX 10.5.7で使用
5 特に問題なし
1 使えません
5 箱つぶれ品が安かったので2台購入
5 安定した使用感です。



BUFFALO <リンクステーション>DTCP-IP/DLNA/Webアクセス機能搭載ネットワーク対応HDD LS-XH500L
バッファロー (2008-12-26)
売り上げランキング: 3026
おすすめ度の平均: 4.0
4 DLNAで快適に
5 100MBPSから1000MBPSに変えました。
4 ムーブ&スカパー!HD録画対応を待っています
4 Giga-bit環境下での使用を推奨
スポンサーサイト

«  | HOME |  »