2009
07
09

Google が Microsoft に挑む日?

Chrommium.jpg
Chromeのベースとなるオープンソース・プロジェクト「Chromium」

以前からウワサのあった「Google OS」について、Googleは米国時間7月7日付けの公式ブログ上で
「Google Chrome OS」を発表しました。
主とする要素は「スピードと使いやすさ、安全性」に据えられている模様。

大まかに記載を抜粋すると

1.対応アーキテクチャーはx86とARMベース
2.初期目的は性能面に劣るネットブックへの軽量/高速なOS
3.製品としては2010年の後半に提供
4.ウェブベースのアプリケーションはすべて自動的に機能
5.アプリケーションの開発環境は「標準規格ブラウザ」であり、OSには依存しない
6.ウイルスやスパイウェアのような、有害ソフトに対する対策を必要としない

多少補足すれば
機能や選択肢としては「Android」とも重なるが、全く別の新設計。 ネットにつなぐまで僅か2~3秒という軽量高速なOSを目指している。 PC利用の大部分をブラウジングに過ごすユーザー向けではあるが、フルスペックのデスクトップにも対応する。 来年発表のネットブック搭載へ向け、既に複数のPCベンダーと調整中。
という感じでしょうか。
「Androidとは違う」という内容にはやや驚きましたが・・・まさか「ChromiumとChromeは違う」という論法じゃあないですよね?

この発表に同期させたかどうかは判りませんが、米Googleはつい先日「Google Apps」をβ版から正式版に移行したと発表しています。 このGoogle Appsのビジネス向け提供は2年前から始まっており、既に顧客は175万社以上とか。 少々深読みしすぎだとは思いますが、特に仕様変更がないままの「正式版」発表は「既に(マイクロソフト社の)外堀は埋まった」という意思表示・裏戦略があるかもしれませんね。


なお、実際の「Google Chrome OS」がどんな物か?全く判りませんが、この種のOS・サービスは3年ぐらい前からの一大ムーブメントでして、有償・無償をひっくるめると既に2桁に及ぶ製品が発表されています。
desktoptwo1.jpg
DesktopTwo :スペイン語版サービスでは既に10万人以上の登録ユーザーを持つ。

Cloud_OSX.jpg
Cloudo(旧 Xindesk):画像は「MacOS Xテーマ」適用後の姿で、MacOSではありません。

Startforce.jpg
Startforce:日本を主商圏に据え、一部展開の始まっている商用サービス。


ただ・・・世の中の大多数にとって「パソコン」とは「ExcelなどのMicrosoft社・或いはWindows上で動くソフトが入っている機械」であり、これらオープンソースな流れが理解されるか?個人的には少々疑問です。
(それが可能なら、もうとっくに企業・自治体の端末は多くがLinux化されていて、小学校でのPowerPoint授業なんて、有り得ない気がします。)
業界の巨人、Googleの放つ話題性が全てを飲み込むのか?「EFI」や記憶装置の一部に搭載されるだけの選択式OSに過ぎないのか?実際の製品が公表・出荷されてみないと・・・ちょっと判りませんねぇ。


The Official Google Blog
「Introducing the Google Chrome OS 」
より
http://googleblog.blogspot.com/2009/07/introducing-google-chrome-os.html

同日本語版 Google公式ブログ
「Google Chrome OS のご紹介」
より
http://googlejapan.blogspot.com/2009/07/google-chrome-os.html


追記
なお、マイクロソフトにも同種のプロジェクトが存在するのだそうです。
未だ研究段階とのことですが、Microsoft Research (MSR)における「Gazelle」「MashupOS」などの名で知られる存在だとか。
gazelle.jpg
  画像は下記本家GIZMODEに掲載の「イメージ画」

ただ・・・色々調べても、これらがOSと呼べる存在なのか?単なる高機能ブラウザに過ぎないのか? 現状はちょっと理解に苦しむ感じ。
ちなみに来週はマイクロソフト社より何らかの発表(このことかどうかは不明)があるとかで、今週のChrome OSの発表は、それに合わせた話題提供という意味合いという分析もあるようです。

Microsoft's Gazelle Browser Could Be the Google Chrome OS Competitor? より
http://gizmodo.com/5310337/microsofts-gazelle-browser-could-be-the-google-chrome-os-competitor


Code Reading―オープンソースから学ぶソフトウェア開発技法
トップスタジオ まつもと ゆきひろ 平林 俊一 鵜飼 文敏
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 112494
おすすめ度の平均: 4.0
4 コードリーディングのイロハ&必要な知識・技術の全装備
5 Code completeと併せて読むとよい
4 着眼点は良いと思う
3 意外なほどに教科書的な内容
4 ホップ・ステップ・ジャンプ
スポンサーサイト

«  | HOME |  »