FC2ブログ
2009
07
11

夏休みの工作 電池の要らない鉱石ラジオ

E_kousaku.jpg

もうすぐ夏休みですね。
ご父兄・叔父様がたの権威向上に、エコで理科的な「鉱石(ゲルマニウム)ラジオ」を紹介してみます。
なお、補足では「(皆既)日食」の観測も紹介してみましたので、自由研究の参考にもどうぞ。
昔からある、初歩的な電子工作なので、知っている方が多いかも。
小学校高学年の男児向けを想定し、かつ「安い」「はんだ付けが要らない」材料・方法を検討しました。

ちなみに「電子情報通信学会」で紹介される、原理・工作内容はこうでした。
Kairo.jpg
回路図
G_radio.jpg
構成図


部品手配や事前理解が恐ろしく面倒です・・・よね?



しかぁ~し、そこはネットの力。 チョッとだけズルします。
シャンテック電子さん 「ゲルマラジオ製作の基本部品セット(本体\590也 ネット通販)」
http://www.shamtecdenshi.jp/make_radio/GermaniumRadio.html

germa_fin.jpg
基本完成形
「教育雑誌プレジデントFamily(ファミリー)に掲載された、基本部品4点セット」だそうです。
存じ上げませんが、「教育雑誌」と言われては高感度大! また、揃えるのが面倒+単体部品を通販購入していては、かえって高くつく部品類がセット、もしくは追加購入できます。

germa_kit.jpg
キット内容
構成部品:ポリバリコン・ゲルマニウムダイオード・クリスタルイヤホン・ポリウレタン銅線



完成例:樹脂製のケースを利用した、アンテナ一体型の完成形
G_kit.jpg
アドバイス:付属の銅線長では、巻き数がやや不足します。はじめに完成形を想定して、必要となる部品などを用意すると良いでしょう。

同サイト:部品のコーナー
http://www.shamtecdenshi.jp/catalog/index2.html#P-003
なお、アンテナ部材の「ポリウレタン銅線」ですが、身近にあれば「エナメル線」と呼ばれる物でもO.Kです。

その他に必要なもの

木の台やラップの芯、木ネジか画鋲の類など
殆どのご家庭にある物と思われます。 なおこれらは、部品/配線の固定・アンテナコイルのベース材・として用いる部材。 その他材も可能ですし、必要なら100円ショップやホームセンターなどでも購入できます。

「シャンテック電子」さん より
http://www.shamtecdenshi.jp/index.html
他にもキット・関連部品があります。

詳細な基本原理等は、上記で記載したこちらをどうぞ。
PDFファイル:ペットボトル鉱石ラジオの解体新書
http://www.ieice.org/jpn/kodomo/pdf/radio.pdf
リンク元「電子情報通信学会」http://www.ieice.org/jpn/index.html



補足:自由研究ネタ「日食の観測」
正しい方法(特殊な専用機材を用いない限り、太陽の直接観測は厳禁です)での観測。
国立天文台トップページ > 2009年7月22日皆既日食の情報 より
(画像の「二次利用不可」と掲載されていたので、リンクのみ)
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/image/pinhall21.jpg

上記の方法で投影されたものを撮影すれば、時間帯別の日食経過が残せるでしょう。
投影は距離の1/100大とのことなので、長さ2mぐらいの箱が準備できると良いかも。
ただ、当日の天気次第なんですよね・・・。

参考:東京での日食:始まり9時55分~最大11時13分(約75%)~終わり12時30分



ゲルマラジオ製作徹底ガイド

誠文堂新光社
売り上げランキング: 170754
スポンサーサイト

«  | HOME |  »