2009
08
09

火星には人工物が存在する!?

EdwinAldrin.jpg

「アポロ11号月面着陸40周年」を記念して行われた米ケーブルTV番組席上にて、月面着陸を果たした元宇宙飛行士のエドウィン・オルドリン氏が、火星の衛星「フォボス」上に存在するという謎の人工物?について言及していた模様。

当初、同ニュースは「テクノバーン(Technobahn)」サイトにて知ったのですが(以下)
今世紀最大の科学ミステリー? 火星で見つかった「モノリス」
http://www.technobahn.com/news/200908070845

火星に人類以外による人工物? アポロ11号の宇宙飛行士がTVで暴露
http://www.technobahn.com/news/200908070811


ソースとされるC-SPAN社の早朝番組「ワシントン・ジャーナル(Washington Journal)」での氏の発言は『火星の衛星「フォボス」に見つかった「モノリス」』という内容でした。

C-SPAN - Washington Journal「Buzz Aldrin on the 40th Anniversary of Apollo 11」より

2009年7月19日放送の1時間番組中のごく一部。
概ね、宇宙探査の将来について「人類は火星(の衛星フォボス)を目指すべき。なぜならそこには興味深い"モノリス"が存在する」という趣旨の発言をなさっていたようです。



しかし一方で、紹介されている画像(何故か?テクノバーン上にはソース元が明記されていない)は火星の地表面を写したものらしく、記事全体として「火星に存在」という話になっていますね。

件の画像はアリゾナ大学の資料画像サイト"HiRISE"(提供はNASA)にあります。
HiRISE.jpg
http://hirise.lpl.arizona.edu/PSP_009342_1725

Full image (grayscale, map projected) 676.4 MB にて、実際に確認してみました。
ファイル名:『PSP_009342_1725_RED.JP2(8BPP)』

monolith0.jpg
全体画像中のごく一部、大よそのポイント位置です。

(サイズがバラバラなのは、トリミング以外の原寸を尊重したため)
monolith1.jpg
少し寄ってみます。まだ解らない。
monolith2.jpg

Monolith3.jpg
さらに寄った画像を知っていると、このあたりから全貌が確認できます。

monolith4.jpg
"石碑"状の物体のみに議論が集中していますが、「周囲の岩石とは少し違う物体が、三角形に並んだ」景色を確認できます。
やはり皆気になるのか?同様のトリミングで画像を紹介しているケースを見受けました。 中央付近には、偶然?ミニクレーター状の痕跡。
monolith5.jpg
「三角形」の右下角にあたる部分が件の「モノリス」

気になったので、「三角形」を形成する全ての「物体」を拡大
Monolith_A.jpg
これが「モノリス」(オリジナルのままなので、上下位置が横転しています。)

monolith_Part.jpg
こちらは「三角形」の左角にあたる物体。背は低いものの、やや台形っぽい立方体に見えます。

monolith_Partb.jpg
「三角形」頂点の物体。周囲を囲む自然な形の岩石と比べても、かなり不自然な立方体。


Monolith_UP.jpg
「モノリス」極大アップ画像。さらに「火星っぽい」RGB変調を掛けてみました。

検証では、総サイズ:26917px×49727px(約7.1km×13.1km)上に横6~7px 縦17px程度の大きさで存在するようです。
撮影画像にはやや角度があるので大雑把にですが、地面に突き出た部分だけで
「横1.85m×縦4.48m」の存在と思われます。
感覚的には、一般的なサイズの普通乗用車が地面に直立しているような感じでしょうか。


日本では全く報道されていないように思いましたが、海外では大衆紙などが飛びついていました。
monolith_TheSUN.jpg

monolith_DT.jpg

monolith_Mail.jpg

monolith_Today.jpg


なお「モノリス(monolith)」という英語の一般名詞には、SF映画『2001年宇宙の旅』シリーズに登場するような「石柱状の人工物」という意味合いも含まれますが、単に(自然の造形だが)「印象的な岩塊」を指す言葉でもあるようですね。
非職員ながら、その人気度から「NASAの広告塔」的役割を担う同氏が、昨今の経済問題から停滞どころか頓挫しそうな宇宙開発を憂い、大衆が興味を挽きそうな言葉を選んで発言しているのかも。


火星画像にまつわる一連のWebコンテンツは、同氏発言を絡め取り入れることで「人工物」論への信憑性の箔付け(=出演番組は「政治を専門とするお堅い・権威ある」局での放映)に使っているように感じました。
(或いは同氏自身が、そういった事に強く興味をもっているのかもしれませんが)

その他、同氏の地球外知的生命体への言及動画

aliens exist says buzz aldrin




[ナショナル ジオグラフィックDVD BOX] 宇宙に挑む(DVD3巻セット)
ナショナル ジオグラフィック
日経ナショナルジオグラフィック社
売り上げランキング: 50205
スポンサーサイト

«  | HOME |  »