2009
09
17

実は意味がわからない?ネット用語ランキングから

Netword0.jpg

gooランキング(NTTレゾナント)において、8月20日から8月22日まで「gooリサーチ」登録モニター1077人を対象に実施した「インターネット上で頻繁に見かけるが、意味がわからない用語」に関する調査ランキングを公表していました。
1位は次第にウイルスに感染される様子を表した「かゆ うま(かゆい うま)」とか。
『よく見かけるけど意味がわからないインターネット用語ランキング』

1位「かゆ うま(かゆい うま)」 意味:次第にウィルスに感染される様子を現したもの
2位「最中(モナカ)」 意味:信憑性は高いが本当かどうか分からない話
3位「野生の~」 意味:プロ級の腕を持つ一般人を称して「野生のプロ」など
4位「やる夫」 意味:2ちゃんねる発祥のAA(アスキーアート)キャラクター
5位「JK(ジョウコウ)」 意味:常識的に考えて
6位「情弱(ジョウジャク)」 意味:情報弱者
7位「スイーツ(笑)」 意味:気取っている
8位「リア充(リアジュウ)」 意味:実生活が充実している状態・人
9位「中二病」 意味:価値観とは微妙にずれた自意識過剰
10位「wktk」 意味:ワクワクテカテカ→期待


少しだけ備考
1位の「かゆ うま(かゆい うま)」は、1996年のPS用ソフト「バイオハザード」に登場する「飼育員の日記」の言葉から。架空の(ゾンビ化する)変異ウィルス"T-ウイルス"感染者の経過状況が表現されているそうです。
Netword.jpg

2位の「最中(もなか)」とは、2ちゃんねる「モー板(モーニング娘。情報板)」において、メンバーなどを装って書込む人のことから。 具体的な語源は「吉澤ひとみの実家」という偽情報に惑わされ、とある和菓子屋に「最中」を買いに行った常連ユーザーの存在からだとか。

4位のAA(アスキーアート) 「やる夫」
NetWord2.jpg

5位の「JK」は「常識的に考えて」の略ですが、文脈によっては一般的な「女子高生」の略語を表すことも。

6位の「情弱」とは本来、情報の社会格差を示しますが、ネット用語としては偏った・正確性に欠ける情報をうのみにする人を揶揄または罵倒する言葉として用いられるのが一般的。
⇔対義語「情強(ジョウキョウ)」。ただし、ネット検索などから様々な情報には詳しいが、常識や判断能力が欠ける人の蔑称としても用いられます。

7位の「スイーツ(笑)」は女性ファッション誌などが呼称し始め、近年の流行語となった「スイーツ(甘味食の総称)」から。それらキャッチコピーを自分の言葉として用いるような、流行に踊らされている・常識の欠如した人に対する蔑称として用いられる場合が多い(主に対女性)ようです。

8位の「リア充」はネット上(バーチャル)に対し、現実生活(リアル」)の充実を指す語。当初はネット活動を主体として行っている者たちが、現実生活が充実している人たちと自分らの活動を比して自嘲の意味から使われていたようですが、やがてさしてネットを必要としない人に対する、ひがみ・ねたみとしても使われるようにも。発祥は2ちゃんねる「大学板」とか。
⇔対義語「ネト充」=ネット上での生活が充実している、「オタ充」=オタク生活が充実している、など。なお「リア充」ほどは定着していない模様。

なんとなくしか判らない言葉もあり、調べて思ったのは・・・「ネット用語」というより、コレって全て「2ちゃんねる語」そのものなのでは?


なお、2ちゃんねるでは次のような反応もあるようでした。
Netword1.jpg


その他2ちゃんねる用語の参考サイト:2tenPlus 「2典」
http://www.media-k.co.jp/jiten/


「よく見かけるけど意味がわからないインターネット用語ランキング」
より
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/092/netword_2009/


ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
黒井勇人
新潮社
売り上げランキング: 5257
おすすめ度の平均: 3.0
2 ねばって!!
1 プログラマ主人公のライトノベル
1 どうみてもフィクションです
2 あーあ
2 このくらいありますよね。。。?
スポンサーサイト

«  | HOME |  »