2009
10
11

50年もの歴史「イロコイス」が米軍を引退

retiresUH1.jpg
'50年代末の登場以降から今もなお、日本を含めた世界中の軍・民間で現役運用されている、米ベル・エアクラフト社が開発した歴史的な汎用ヘリコプター

「イロコイス(Iroquois=イロコイ:ネイティブ・アメリカン=インディアン部族の名称)」が50年以上の耐用年数を終え、米軍(陸軍 国家警備隊)から引退することとなったようです。
米軍正式名称「UH-1(Utility Helicopter-1:汎用ヘリの意)」の原型XH-40は、ヘリ揺籃期のベストセラー「ベル47」のエンジン出力を強化(レシプロからタービンエンジンへ)し、汎用性を高めた後継機として1955年に開発開始。'56年の10月22日には初飛行を完了し、'59年の6月から米陸軍に納入が開始されています。

Bell_XH40.jpg
UH-1(MODEL204系)の試作原型 XH-40

同機は以前から存在した「レシプロエンジン搭載型」のヘリとは一線を画し、後の現行ヘリとも共通する「タービンエンジン搭載型」=小型でありながら高出力で機動性に富み、貨物や人員搭載の汎用性にも優れる機体でしたが、当時の軍には未だその用法が完全には見出されておらず、初期183機のオーダーは主にMEDVAC(緊急患者搬送用:現在のドクターヘリに該当)機として'61年には納入が完了していました。

しかし、同時期に拡大しつつあったベトナム戦争において、新しい空挺手法「ヘリボーン」の確立などからこの高い機動性を持った小型汎用ヘリの需要は爆発的に拡大。 これまでに16,000機以上とされる同機の生産数のおよそ8割が、この時期に生産及び実戦投入されることに。


Apocalypse Now - The Ride Of The Valkyries


映画「地獄の黙示録」より 当時フィリピン軍のほぼ全機をレンタルして「ヘリボーン」を再現した歴史的シーン。
ワグナーに興味は無くとも、この曲が「ワルキューレの騎行」と知っている人は多いかも。 そういえば、TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」24話の冒頭に"超監督"ハルヒが口ずさむ鼻歌もこの曲でした。

ベトナム戦争映画には、ほぼイコールで登場する同機は「米軍=ヘリ」というイメージを世界中に定着させたかもしれません。
また、優秀な汎用ヘリとして40年以上もの間に世界中で様々な発展形を持ち、軍や警察のみならず新聞社、民間航空会社にも多用。 写真やテレビにも膨大に登場していますので、恐らく「見たことがない」方はまず居ないでしょうね。

また一方では、弾丸飛び交うベトナムの戦場において、数多の戦傷/病者の救出に急行した同機には並々ならぬ感慨を抱く将兵も多いようです。
引退式典において上級飛行士でもあるアルベルト・ヘメネス将軍(Gen. Alberto Jimenez)は同機を「我々の友人であり、我々の命でもあった」と讃えています。
army_mil.jpg


同機の軽快な運動性を示す動画を紹介。
Huey, Fly the Legend

こんなアクロバティックな観光飛行も乗ってみたいですねぇ。


なお映画「地獄の黙示録」にも見られるように、当時はまだヘリボーン戦術における先行・地上攻撃を「ガンシップ」と呼ぶ武装強化型のUH-1に頼っていました。 同機の発展型の一つには、これに専任すべく派生、ベトナム戦争へ急遽実戦投入された「コブラ」型もあります。
AH1G_AH1Sjp.jpg
画像上:初期のAH-1G「ヒューイコブラ」 '65年9月初飛行、当初に採用されたロッキード社案AH-56の計画遅延から、翌々年の9月には量産・実戦投入された。
画像下:陸上自衛隊で採用のAH-1S

一見全く別の機体に見えますが、コクピットを射撃/操縦手席と直列に配置し、貨物や人員用スペースを全削除しつつ専用の武装懸架を設ける高機動・攻撃特化型のデザイン(エンジンも強化)に変更したもの。 UH-1が汎用ヘリのパイオニアだったのに続き、この「AH-1(Attack Helicopter-1:攻撃ヘリの意)」もその後の「攻撃ヘリ」の原型となります。


ちなみに日本では、富士重工がライセンス生産。
UH-1型と同系の民生用204/205モデルと、発展型の412モデルがあります。
FujiBell205B_412_ALPS.jpg
白い機体=富士重所有機の204/205系と、各自治体防災航空隊で活躍中の412系モデル


現在同機のポジションは、'70年代後半より配備の始まった後継機のUH-60「ブラックホーク」に塗り替えつつありますが、UH-1を知るパイロットたちには「最後のUH-60がスクラップになった後、クルー達はUH-1を引っ張り出して飛ぶだろう」という例え話があるようです。
綿々と改良を続けながら、半世紀以上となる今も現役であり続ける同機への信頼と愛着は、今もって堅いようです。


米陸軍公式ホームページ
Guard retires UH-1 Huey after 50 years of service より
http://www.army.mil/-news/2009/10/09/28585-guard-retires-uh-1-huey-after-50-years-of-service/?ref=news-home-title9



地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]
角川エンタテインメント (2009-07-17)
売り上げランキング: 764
おすすめ度の平均: 4.5
5 謎に満ちた戦争映画
2 特別完全版に意味があったのか
5 観る度に発見がある圧倒的なスケールと緻密な構成
5 キルゴア大佐の場面を削除すれば……
5 完全版によって映画の印象ずいぶん替わります
スポンサーサイト

«  | HOME |  »