2009
10
22

Windows 7 おさらい

linus_7.jpg
秋葉原でのWindows 7 発売に偶然居合わせた、「Linuxの父」リーナス・トーパルズさん

Windows 7がいよいよ一般発売ですね。
パソコン好きの方には既知の情報ですが、身近であったPC初心者との質疑応答をまとめてみました。
なお詳細知識のない初心者向け情報ですので、さらに解説が必要となるような具体内容は端折っています。
Q;「新OS(オーエス)発売」って新聞に載ってたけど、そもそも「オーエス」って何?

A;言葉としては「オペレーティングシステム (Operating System, OS) 」の略称で、コンピューターを人が扱えるような画面表示にする、基本ソフトのことです。
正答ではありませんが、世の中の実勢(全世界でシェア90%以上)からは「ウィンドウズ(Windows)」そのものを意味し、他に一般向けで著名なOSには「Apple社のMacOS X」があります。



Q;で、「Windows 7」ってのは何が変わったの?

A;主に評判の悪かった「Vista」の操作感を、ユーザーがより平易に扱えるように改良したものになっています。
ただし、その機能を深く理解や意識しない範囲には「新しいWindows」でしかなく、大まかな機能上では前バージョンの「Vista」や、その前の「XP」とも大きな違いはありません。 逆に後退点として、国際的な独占販売禁止の問題から、メールを扱う為のソフト(元々OSの機能ではなく、マイクロソフトの自社製ソフトが内包されていた)が標準から除外されています。
Vista_UAC.jpg
Vista上で社外ソフトの取扱に「酷く煩わしい」思いをさせられたセキュリティ機能の「UAC」

7UAC.jpg
7では、その動作を一括で設定変更することが可能になりました




Q;パソコンに詳しい人によれば、「Vista」は最悪で、むしろ旧バージョンの「XP」が良いそうです。その点「7」は?

A;「Vista」と「7」は同系ですが、まつわる「悪評」はこれから市販パソコンを新規購入するユーザーにとって、もはや無縁の都市伝説。 気に病む必要はありません。
確かに「悪評」に相当する理由もあったのですが・・・結局のところ「Vistaのマイナーチェンジ版」にして新バージョンの「7」が登場し、概ね3年で更新されるWindowsと更新著しいPC世界においては、もはや「過去の話」です。
もしOSごと差異を理解し、自分なりの考慮理由があるとすれば、基本同系のVistaがダメなら7も全然ダメな訳で、だとすれば今後もXPを固持するしか方法はありません。

見方を変えると、PCとブロードバンド・ネットの爆発的な拡大・普及期に、異例に長く更新されなかった「XP」があまりにも浸透しすぎた故の事象だったかもしれませんね。

Vista_Experience.jpg
Vista悪評の一端は、発売当時の「完成度の低さ」と、当時のPCには「重すぎる性能要求」




Q;XPの入ったPCを持っているのですが、Vistaがダメと聞き更新を躊躇っていました。7なら良い?

A;多くの操作感において、7はVistaの扱い辛かった点がかなり良くなっているとは思います。
ただし、好評の半分は「PCそのものの性能向上」に起因していますので、Vistaを一切経験していないのであれば、何が「ダメ」か?にもよります。
「2000とXP(NT5系)」と 「Vistaと7(NT6系)」の世代間では、PCに対する性能要求や対応するソフト・ハード面にやや違いがありますので、具体的に利用したい内容によって取捨選択が大きく異なるかもしれません。 幸いXPへのラブコールは根強く、選択肢は狭いものの現在もXP入りパソコンを新規購入出来ますので、不安であればそちらをお薦めします。
ただ強いて挙げればですが、もはや2世代も旧バージョンとなるXPに固執することは、今後の新世代Windows操作に対する「慣れ」や、ソフト・ハード両面での更新対応が面倒なものになるかもしれません。
ちなみに、旧世代・もしくは低性能のPCに「7」を入れても、決して良くはなりません。(不可能かも)




Q;XP or Vistaが入ったPCを利用していますが、7にアップグレードした方が良い?


A;現状のPC利用に不満点があるか?にもよります。特になければ、わざわざWindowsのみを更新する費用対効果は薄いでしょう。
Vista⇒7では、様々な点が「改良」され使い易くなっていますが、OSとしての基本的な部分はほぼ同一なので Vistaに慣れてしまったのなら特に必然性はありません。 アップグレードする際の主な留意点は「メール機能」の継承です。
XP⇒7では、従来通りの「アップグレード」にはならず、完全な書換えとなるので注意が必要。 また、ハードの性能・互換性での要件を満たすか? 標準でなくなったメール機能の継承にも事前の準備検証が必須です。

Win7_Up.jpg

アップグレード 参考リンク
Windows 7 アップグレード徹底ガイド
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade.mspx
Windows 7 アップグレードガイド メール編
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/mail.mspx



Q;Macユーザーから「高くて使い辛いWindowsなんか止めてMacにしたら?」と薦められました。どうなんですか?

A;受け止め方は人それぞれでしょうが、あらゆる意味で「比較して購入する」内容にはあたらず、真っ先に「好みの問題」だと思います。
確かに基本機能としては同種・同等なのですが、今現在は広義において「パソコン」≒「Windows」のことであり、「Mac」は自ら望んで使う方のための、似て非なる全く別の製品です。
何故か?パソコン関連の情報では「Windows VS Mac」なる図式や論争が活発ですが、個人的には「両OS信者による一種の宗教戦争の名残」或いはそれらを「商売に転換しようとする、関連業者の煽り」と感じます。

なお、非常に高い知名度やイメージに反し、MacのPCシェア率は5%前後と驚くほどの少数派です。 身近に親身に教えてくれるユーザーが居ない限り、具体的なMacの操作方法は書籍やWeb情報に頼ることになります。 また、ハード・ソフト両面において、Apple専売品であるMacにWindowsPC業界のような汎用・互換製品はほぼ存在せず、多くの場合大きく廉売されることのない専用品を求めることになることもお忘れなく。

「高くて使い辛い」はWin⇔Mac双方のユーザーにとって、相反しながら共通の認識かもしれませんよ。
Win7_OSX.jpg



ひと目でわかるWindows 7 操作&設定テクニック厳選200! (マイクロソフト公式解説書)
橋本 和則 野間 俊行
日経BPソフトプレス
売り上げランキング: 169
スポンサーサイト

«  | HOME |  »