2010
01
03

「使い心地の良いマウス」を求めて

Mouse_MSLogi3.jpg

新年明けましておめでとうございます。
新年とは関係ありませんが、余暇を利用して「安くて良いマウス」の選定思索をしてみました。
私にとってノート以外のPC=自作機でして、マウス・キーボードは\1,980の安物セット品を皮切りに、ほとんどコダワリのない、とにかく廉価入手可能な品ばかりを使ってきました。大いなる偏見ですが、「マウスごときに五千円~一万円も出すなんてバカバカしい」とすら思っています。
そんな私が自己テストを兼ねて「\1,500前後のメーカーブランド・マウスは、人にオススメできるのか?」を探ってみました。

☆前置き
経験上で比較対象となる、過去購入マウスは大半がPCショップでのバルク品=購入単価は千円未満でした。
・AOpenマウス ・台湾製のノーブランド キャラクターマウス ・ミツミマウス ECM-S5/6000系
・Microsoft Wheel Mouse Optical ・旧IBM オプティカル ホイール マウス 06P4069
・ELECOM 光学式ホイール マウス(M-N型、現行はM-M型) ・旧バッファロー Cue Style
・サンワサプライ グランツHS  など。

秀逸だったのは「ミツミマウス」ですが、惜しむらくは時期的にボール式が主体・あっという間に廃止モデルとなったこと。 次点でサンワのグランツシリーズとIBMマウスかな。
取り敢えず「まぁまぁと思しきマウスの安売りがあれば予備として購入」、場合によっては友人にあげたりしていますが、少なくとも「著しく不評」「一年未満に壊れた」物は皆無だったと思います。


☆今回、比較検証してみたマウス
著名で数年のメーカー保証があり、PCショップ・家電店頭・通販系で通年に同型モデル入手が容易、などの点からMicrosoftとLogicoolの2大ブランド品から選定。
私の感覚的にまぁ許せる金額とAmazonの送料無料キャンペーン(良く調べたら、間もなく終了ですね・・・)を考慮した\1,500~の最新モード製品で、ノート用などを謳った小型のものを除外。かつ機能的にも競合しそうな2点に絞りました。
Mouse_MSLogi.jpg

Microsoft Comfort Optical Mouse 3000(以下 COM3000 と記載)
マイクロソフト コンフォート オプティカル マウス 3000
http://www.microsoft.com/japan/hardware/mouse/com_optical3000.mspx
ホイールチルト機能(水平スクロール)+サイドボタンを搭載した、光学式 4ボタンマウス。メーカー2年保証付。
賛否両論の通称「ヌルヌル ホイール」=無段階(ホイール回転にクリック感なし)ホイール搭載品でもあり、個人的にも一度試してみたい内容でした。
ちなみにVista以降のマウスアイコンに近似のデザインでして、MS社として標準的マウスという位置付けかも?

Logicool LX3 Optical Mouse(以下 LX3 と記載)
http://www.logitech.com/index.cfm/mice_pointers/mice/devices/149&cl=jp,ja
ロジクール LX3 オプティカル マウス
製品コピーは「手と財布に優しい快適な両手用マウス。」とか。
光学式でMS同様チルト付ホイールを持つ3ボタンマウスですが、驚きのロングライフ・メーカー5年保証付。
おそらくメーカー的には Comfort Optical Mouse 3000との対照なら同形状で上級版(レーザー式+チルト&4ボタン)のMX320なのでしょうが、価格帯がワンランク(~\3,000台)異なります。また、店頭では良く見かけましたがメーカー・サイトの製品一覧からは抹消されている(製品単独のリンクは存在)という点もあり、競合価格帯でMX320と同形状のLX3を選定しました。

☆フィット感の対比感想
Mouse_COM3000.jpg

個人的なフィット感はほぼ同等ですが、後端にかけて盛り上り、手のひらが当たる部分(全高・全幅値ではない)が広い形状の LX3 の方が良好。 逆に見た目の幅広⇔細いなどは全く気になりません。

Mouse_MSLogi2.jpg

COM3000の方が、やや前方でのホイール・クリック位置のように見えますが、操作実感にはさして差異なし

Mouse_MSLogi4.jpg

同様に置いても「背」の形状違いから、LX3 は平らにならない (掌フィット感が良好)

なお、マウス保持は大きく「つまみ持ち(Fingertip grip)」「かぶせ持ち(Palm grip)」「つかみ持ち (Claw grip)」の3種に分類(出典=forPCActionGamer Wiki http://wikiwiki.jp/fpag/?%A5%DE%A5%A6%A5%B9%A4%CE%BB%FD%A4%C1%CA%FD)されるようですが、私は「つかみ持ち」寄りの「かぶせ持ち」派のようでした。


☆感知能力・操作感の対比感想

スペック上は共に光学式:解像度 1000dpiを謳っていますが、受光・感知性能については COM3000 が圧倒的に優秀。
LX3の受光感知能力は4年以上使った中古マウスにすら劣り、その点は劣悪としか言い様がありません。 もちろん解像度と感知能力は基本別物ですが、「この数値が高い程、高性能」と誤認する向きもあるので要注意でしょうか。

※その後の利用追記:優秀と評した COM3000 の受光感知能力ですが、場面により得手不得手もあるようでした。
あまりに良いので、以前光学式では反射しすぎてイマイチなパッドに載せてみたところ、イマイチどころか全く動きませんでした。
なお、初期に両者比較したのは以前からマウスパッドがわりに使っている「透明ファイルケースの中に一覧表を入れたもの」上です。 以前から使っているマウスでは時折認識が悪くなりましたが、COM3000では全く問題なく、LX3ではほとんどダメという同一条件での評価には変更ありません。※

クリック音やその品質感については、ごく一部を除き概ね同レベル。
個人的にはCOM3000 の方が好ましい質感かな? 大きく違うのは、やはりホイール回転音。COM3000 の独特なホイール動作感は別として、少なくとも LX3 のホイール回転音に関してだけは「ガリガリ・ガラガラ」といった雑音が混じり、これまた\680で買った・4年以上使った中古マウスと比べても「酷く安っぽい」という印象。

細かな点では、MS社に共通の底面ソールが「小さく・滑りが悪い」点と、 LX3 のケーブルがやや下向きに出ていてマウス滑りを阻害する点。 旧来のマウスでは「白色系で滑りの良いソール」が一般的でしたが、コストダウン?耐摩耗性?近年はどこも「黒色系で滑りの悪いソール」が多いですね。
据え置き用途でのマウス重量を強く意識する人が居ますが・・・気にするべきは単体重量より、マウスの滑り具合なのでは?


☆独特なCOM3000のホイールについて
見過ごせない短所もあり、広く他者に勧められませんが・・・個人的にはこの価格帯で「無音かつスムーズなスクロールが得られる」この「ヌルヌル ホイール」が非常に気に入りました。

欠点その1:回転に対する解像度が高い=人によっては「大きく動きすぎる」と感じる
欠点その2:独特なホイール回転感は内部構造に塗布されたグリスに依存するものなので、初期には程良いが僅か数日の利用で過度に「スルスル」になってしまう。

共に「あるがまま使う一般的ユーザー」にとっては大欠点だと思いますが・・・他の「調整アプリ適用・分解を含めたチューニングをも厭わないユーザー」にとっては、廉価に買える無音スムーズなスクロールホイール製品として一押しの「素晴らしい逸品」になる思います。 同機構は世の中的には酷く嫌われ者のようなので、気になる方は廃版になる(?)前に是非入手を!


☆付属の専用アプリについて

LX3 :「SetPoint」新品購入したのに、同梱バージョンはかなり旧い(オンラインアップデートで問題なし)。導入に再起動が必要、インターフェースが古臭いなど操作感はイマイチですが、機能上は多彩で特に問題も感じません。

COM3000 :要注意!!「IntelliPoint」同梱のVer7.0は最新版で、インターフェースとしての操作感・機能は良好ですが・・・COM3000に対し「一部で縦スクロール出来ない(アクティブにならない)」という恐るべき欠陥があります。
同時に「IntelliPoint」は現行Windows上で「アンインストール出来ない」仕様なのですが、取説などの注意書きには「接続前にインストールせよ」と明記されており、その凶悪度はちょっとしたウィルス級です。


仮対処法としては、IntelliPoint上の接続デバイス名をあえて「Laser Mouse 6000」と選択することで何とか動作しますが・・・そもそも機種性能としての解像度が異なるため、カーソルが大きく・速く動き過ぎるなど良好動作を得られません。 (第4ボタンは「右側のボタン(I)」へ設定)
MS_IP.jpg

なお、たまたま同じPCでの別HDD上のWindows 7 で気付いたのですが、IntelliPoint を導入せず「HID準拠マウス」として認識する方が、むしろ適切な動作を得られる気がしました。
当然第4ボタンの認識動作に問題はありますが、横スクロールも効き、ホイール上下左右に対する行移動列も数値指定できるなどIntelliPoint設定より詳細・柔軟になりますので、純粋なマウスとしての動作感を求める方は「対策されるまでインストールしない」ことを、個人的には強く推奨します。


☆まとめ
ラインナップ上でいう下の上~中の下クラス?買いやすい価格帯とはいえ、最大手2社の現行品としては「これが標準?むしろ及第点以下じゃないかなぁ?」との感慨を抱きました。 正直、過去の経験からするとELECOMやサンワサプライの近似商品の方が、好ましい内容だった気がします。
ごく個人的には COM3000 がかなり気に入りましたが・・・広く人に勧められる製品とは言い難い。一方の LX3 も、人に「コレいいよ」などと紹介できるレベルには至りません。

Web上の評判において、同2社は「信頼のブランド=数年のメーカー保証もある」内容ですが、公平には他ブランドと一線を画すほどの優秀性は皆無と感じました。 数千円~一万円以上もする、気に入った品なら保証期間に交換が効くのは美点ですが、大して使い易くもない廉価帯マウスをわざわざメーカーコンタクトを取ってまで交換したいか?心理的に非常に微妙です。

実用性を重んじる+平凡な光学式の3ボタン・マウスで良いのなら、個人的にはネットオークション・特価販売などを探れば数百円程度から購入でき、見栄えはないものの堅牢で確実な動作性がある「メーカーPCに純正付帯するマウス」あたりをオススメします。
まぁそんなに高いモノばかりでもないので、アクセサリー感覚で変えたいと思う方にとってはお好み次第でしょう。

アレ?オチとしては比較になってないけど・・・そういうことで。



堅牢・確実動作。ややホイールが大きめで、スクロール操作しやすいのも隠れた美点。
Lenovo ThinkPlus USB オプティカル・ホイール・マウス [06P4069]
Lenovo (2003-06-05)
売り上げランキング: 66849
おすすめ度の平均: 4.0
4 操作が軽い
スポンサーサイト

«  | HOME |  »