2010
04
02

「 MS10-018 - 緊急 」 で 「再起動ループ」を体験!

Reboot_Loop.jpg

聞いたことはあったものの、自身では体験がなかった現象

『 Windows Update (要・再起動)失敗に伴う、再起動の無限ループ 』

今回 マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-018 [ Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB980182) ]の手動導入失敗から初体験しました。

いやぁ、未経験から検証しようがなかったのですが、なるほどコレは酷いですねぇ。
私のような PC ヲタならともかく、果たして一般的な PC ユーザーが対処できるものか?大いに疑問でした。
それに「アップデートに失敗」といっても、気を付けていても失敗したらオシマイ(=中途キャンセルなど不可)なので、ある意味実行したが最後です。
また、今回は手動導入に失敗していますが、過去実例では「 Microsoft(Windows) Update 」自動アップデートでも起こり得ることも判っており、「 ほぼ、発現まで防ぎようがない 」というのが現実かもしれませんね。

○ 判ったこと・対処方法
私の環境は Vistaですが、たぶん 7 でも症状・対処的には一緒かな。

修復には「セーフモードから起動~復元ポイントを・・」という説も見掛けましたが、この場合にはガセ情報でした。 セーフモード上のメニューは一切を受け付けず(=選択は出来るが、完了しない)、結論として実機のみでの修復は不可能と判明。
インストールメディアから「コンピュータを修復する⇒復元」を実行するか、WinPE などのレスキューブートに頼るしかなさそうです。 (私はインストールメディアから復元ポイントへ復旧)

なお Windows Vista / 7 に使えるレスキューディスクには、用法としては全く非公式ながら、マイクロソフト社で公開(期間は限定)されているモノがあります。
その実体は Windows Server2008 / R2 の試用版ですが、 同インストール DVD は「コンプリート PC バックアップ」での復旧や「コマンドプロンプト」実行に使えるなど、十分にレスキューメディアたり得ます。
メーカー製の一部など、インストールメディアが初期付属しない PC ユーザーには必携かも。

マイクロソフト社 Windows Server 2008 R2 試用版リンク
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/trial-software.mspx

ざっと試用したところ 2008 / R2 ・ x86 x64 に関係なく使えるようでしたので、単なる復旧だけなら、やや高度な対処となる WinPE よりはラクかも。 ( 「互換性がない」エラーには選択反転させない=「不明なシステム」で対処
ただし! メニュー実行を誤って Server2008を上書きしてしまう方には、絶対に勧められませんけど・・・ネ。

それと、私は初見だったのですが Vista / 7 のセーフモードには「エラー時の再起動を強制的に止める」という項目もありました。
SafeMode_7.jpg
画像は Win 7 のセーフモード

ただし、上記の通りこの症状には「全く無効」。
Web検索したところ、 XP での「再起動の無限ループを回避する設定」情報として
「起動と回復」設定のシステムエラー時「自動的に再起動する(R)」チェックをオフにする
という内容があるようでしたが、恐らく同様に無効な内容と思われます。


Windows 7 なら「バックアップ」には NAS も選択可。 でも単なるバックアップなら、外付けが速くてラク。
BUFFALO ターボUSB機能/省電力モード搭載 外付けハードディスク 1.0TB HD-CL1.0TU2
バッファロー (2009-07-21)
売り上げランキング: 3
おすすめ度の平均: 4.5
5 torneもらくちん!
5 ネットワークHDとして使用しています。
5 問題なし
5 PS3でも使えます
5 外付けハードディスク
スポンサーサイト

«  | HOME |  »