2010
08
02

コツのないダイエット

Diet.jpg
薄着・水着の季節ですね。
数年前に20kg台のダイエット+禁煙に成功して以来、この季節に方法論を聞かれることが多いのですが・・・
正直、コツとか方法論なんてありません。 単に自己決意の問題です。
(だからホントは書くこともないのですが・・・)

太る、或いは太った人なら、恐らくその理由は誰よりもよく判っていますよね。
そこに至る理由は様々でしょうが、単純に「運動不足の食い過ぎ」です。

なら、話は簡単。
適度に運動し、欲望に任せた食事は制限しましょう。
ただそれこそ、時間に縛られ、ストレスの多い社会人には難しいんですけどね。


ところで、普段運動しない人に限って「運動」という単語に過度なモノを求めがちです。
週イチだけの球技などのスポーツなどは、ダイエット的には効果ありません。
可能な限り「毎日続けられる、適度な」ものを行って下さい。

また、「過度の食事制限は健康を害する」と、もっともらしい思考を持つ方が多いのですが・・・
今「太っている」ということは、既に「過度の飲食によって健康を害して」います。
自分に都合の良い屁理屈を思いつく前に、今日飲食したものと、今日消費したカロリーを計算して下さい。

「太る」ってのは単純に

摂取カロリー消費カロリー

の結果に過ぎませんよ。


なお、メディアや書籍が謳う「かんたん」「効率的」「正しい」なんてのは、論理・方法論として大いに参考にすべきですが、モノを買ったり、情報を見知って満足してしまう人には全くムダな知識・経験になります。

サプリや、特別な道具や、方法論などは一切必要ありません。
太ることに起因する病を「生活習慣病」というように、適度な食事と運動を「生活習慣」にするだけで解決します。
既に習慣化したことを変えるのですから、決してラクではありませんが、至極単純なことです。

purotein01_R.jpg

右の体型は10代でクラブ活動などスポーツをやっていれば、こんなもんですよね。
左の体型では妙に大胸筋のみが肥大してる感じ。でも浮き出た血管が細く感じられるので、実はスポーツマンではないかも?
いずれにしろ、30代だろうがアラフォーだろうが、「この程度」にはなれます。

私が行ったのは

☆1日/1時間のウォーキング
特別な時間を設けなくても、単純な移動を極力徒歩で行うことで、簡単に実行可。
ジョギング等の走る行為はダイエット的にはやや過度の運動量ですし、専用の「運動」時間を持たなければなりません。
また、主眼であるはずの「運動時間」より「距離数」に目的意識がすり替えられるので、「走ること」が好きな人以外にはオススメ出来ません。

☆1日/45分の筋トレ
初期には習慣付けるためと、特定の筋肉を効率的に動かすため、ジムに通いました。
ただし、内容的には軽度なもので、自宅に居ても出来る範囲です。
細かな内容は「スロートレーニング」とかで WEB 検索してみて下さい。
「筋トレ=運動」とは単純に「筋肉の伸び縮み」でしかないので、ストレッチだけでも十分な筋トレです。

重要なのは「食事・運動」とも、日々の習慣になる内容にすることです。
初期の数キロは簡単に落ちますが、そのことを身体が「飢餓状況」と勘違いするので、1~2ヶ月後には週に1kg~2kg弱が限界でしょう。
他者から一目で明確な身体変化を感じられるまでには、恐らく数カ月を要します。
ちなみに、一時的に体重を数キロ落とすだけのダイエットは、健康面においては「リバウンド」を秘めたアブナイ方法と思って下さい。


オマケ
痩せる・筋トレとか言うと、誰もが「割れた腹筋」を連想するようですね。

でも現実には、健康な人なら誰もが腹筋は割れています。
そう見えない理由は簡単。
上に脂肪の層があって見えないだけです。体脂肪量を一桁%台に落とせば、腹筋が浮き上がります。

ちなみに、単にウエストを細く見せたいのなら、過度の腹筋運動は逆効果だったりします。
実体験ですが、見た目にスゴイ腹筋は(減量後の)ウエストを5cmほど大きくします。
男性の場合、そうなると大胸筋や広背筋(「厚い胸板」や「逞しい背中」ってヤツですね)が貧相に見えるので、今度はそっちを鍛えるハメになります。
そうなると腹筋ほど簡単な自重運動では鍛えられないので、ちょっと面倒になりますよ。



食事制限の初期には、キツい空腹感を感じるかも。その際は出来るだけ野菜を食べて紛らわしましょう。
真っ赤なトマト=リコピンには無害の強い抗酸化性があり、若返り的な美容効果もあるそうです。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »