2010
09
17

x64 Windows 7 で 「マッハドライブ 1.05 」 を!

IODATA_MDVR.jpg

Vista ⇒ 7 移行でイマイチ不満だったのが、システム動作にやや「もっさり感」があったこと。
確かにシステムドライブは WD5000AAKS から HDS721050CLA362 に変更したけど、スペック同等・実速度に遜色がないことはインストール前テストで確認済み。

そこでふと、 Vista では I・O DATA の「マッハドライブ」を使っていたことを思いだしました。
何のことはない、最新版の Ver,1.05をインストールした結果、以前のキビキビ感を取戻しました。

自分でも意外なほど、同アプリの有用性を再確認した次第でっす!


「マッハドライブ」は 32bit版 XP sp2 以降と、Vista / 7 の x86 / x64 バージョンに全対応。
専門的な設定知識を全く必要としない、かんたんインストール&動作が特徴でしょうか。

MDRV105_file.jpg
ダウンロードした実行ファイル(画像左)をダブルクリックすると、デスクトップにフォルダ(画像中)が展開されます。
そのフォルダー内(画像右)の「 Setup.exe 」ダブルクリックで問題ない ( 32 / 64 bit の選択肢あり?)
とは思いますが、「 x86( 32bit ) 」「 x64 ( 64bit ) 」(画像右)フォルダ内にもそれぞれ 「 Setup.exe 」 が存在。
私は x64 フォルダの方を使ってインストールしました。


Easy_Set.jpg
インストール実行後は、ユーザーが特に設定すべき内容はありません。
ただし環境に応じて、初期『メモリーバッファー量』や『最適化パラメーター(実行間隔の時間)値』を設定画面から任意にスライダー調整することも可能です。

なお、「オート」「詳細」という設定画面の選択はありますが、開くのは全く同一の画面でした。


Mach_Moni.jpg
常駐する「マッハドライブ モニター」のリソース使用値はこんな感じ

「統計情報」と呼ぶ 「こんなに頑張ってますョ!」 な報告画面はデフォルトでログオン時に表示
MDVR105_x64_7.jpg
もちろんチェックを外せば、任意表示にも変更可。
表示データ値によれば、書き込み回数は 少なくとも「 半減 」 される様子ですね。


私も以前は、やや誤解してたクチなので大きな声では言えませんが・・・
「マッハドライブ」をシステムがやたら高速になる魔法のアプリと捉えると、かなりガッカリします。
(一部動作においては、むしろドライブ本来の速さから減衰する)
「明快な宣伝文句」としては仕方ないのかも知れませんが・・・発売元の広告自体が「やや誇大」にして「誤解を生む主因」となっている気がしてなりません。

参考:当ブログでの「マッハドライブ」過去エントリー
I-O DATA「マッハドライブ」 レビュー
「マッハドライブ 1.02」 64bit版 レビュー

ただし、「フォルダを開く」「ファイルを選択して右クリック」といった一般的な Windows 操作において、そこそこ明確な応答向上感が得られます。
例えて言うなら、 Windows XP と Windows Vista の操作感の差、といった感じでしょうか。
たぶん無意識かつストレスフリーな操作感を望むユーザーほど、満足感が高いと思われますよ。


また、一旦メモリーにバッファーした情報をドライブに書き込むという仕様から、意外な HDD の低騒音化と低発熱化が図れますし、 SSD や HDD の書き込み負荷低減にも寄与する可能性もありますね。
信頼性・安定性については、過去数ヶ月の使用で全く問題を感じません。



マッハドライブに「あらぬ期待」として望まれている?大サイズのファイルコピー・転送などの高速化には、むしろ専用特化された以下フリーソフト(個人使用に限る)で得られるのではないでしょうか?
もちろんマッハドライブとの併用も可能ですので、相互の機能補完アプリとしても有用です。

TeraCopy (CORD SECTOR Inc 開発=英語)
http://www.codesector.com/
「窓の杜」による紹介ページ
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/file/fileuty/teracopy.html

Fire File Copy
( A-1 DRIVE 開発=日本語)
http://www.k3.dion.ne.jp/~kitt/pc/sw/ffc/

FastCopy (白水 啓章さん開発)
http://ipmsg.org/tools/fastcopy.html

ほぼ同等能力にて各自のお好み次第ですが、短期の比較試用からは

エクスプローラーとの置き換えで簡便に使える「 TeraCopy 」
詳細な設定がある割に分かり易い動作感の「 Fire File Copy 」
特徴的な高速削除機能がある「 FastCopy 」

といったそれぞれの美点を感じました。



I-O DATA ディスクアクセス高速化ソフトウェア
マッハドライブ

http://www.iodata.jp/product/hdd/soft/mach_drive/

30 日試用版 「 マッハドライブ LE 」(製品版と同一仕様)はこちら
http://www.iodata.jp/lib/product/etc/3346.htm


同 SSD 購入者には「 製品版マッハドライブ 」のダウンロード権が付与されます。別途購入の必要なし!
I-O DATA Serial ATA対応内蔵2.5インチSSD SSDN-ST64B
アイ・オー・データ (2009-10-30)
売り上げランキング: 11451
おすすめ度の平均: 4.5
4 カンタン爆速あいてむ
5 MacBookに入れてみました
4 東芝純正SDDに拍手
5 日本メーカーのSSD、ベンチしてみました
スポンサーサイト

«  | HOME |  »