2011
02
15

PC 自作 初心者へ、夢のないアドバイス

2008jisaku.jpg
ネットで拾った画像:2008年頃かな?

先日、 PC 自作に興味津々な大学二回生(情報工学系)と雑談する機会がありました。
ネット巡礼の恩恵?未経験者とは思えぬほどの用語知識に驚きつつ関心したり、話し込めばややチグハグな認識に安堵?したりと、なかなか楽しいひと時でした。

一部男子にとって、デジタル・ネットの最先端? PC を自作することは、趣味性と実益を満たす良いオモチャですもんね。
ただ・・・ PC 自作って「永遠に完成しないオタク趣味」(冷静に考えると、ただの浪費)です。
でもまぁ、それらへの自嘲もありつつ、昂ぶる気持ちは大いに判ります。

大した経験も反省もありませんが、自作歴 10年の PC オタクが、初心者向けにアドバイスを書いてみます。
それはもちろん、個人の主観ですけどね。
PC 自作は安い!?

いいえ。

コストパフォーマンスなら「ショップオリジナル PC 」や「メーカー直販」といった完成品 PC の方が全然上です。
完成品 PC は大雑把に「企業が大規模ロット発注した自作機」といった内容なので、一個人が小売商品で組み上げる自作 PC に到底勝ち目はありません。

多少利点があるとすれば、「コスト度外視のパーツ」組み合わせやら「非常にデリケートな向上法」をもって市販品にはない先鋭的(一時的)な高性能を自分で追及出来る点と、その自己満足でしょうか?
まぁ時間と金の浪費経験から、「パソコンに詳しい人(パソコン オタク)」という称号は得られます。

サルトル
はこれを「自己欺瞞」:意味や論理的な統一性を与えることで、行いやあり方を合理化しようとする思考、と解説するようです。



○×△はコスパが良い!?

「自己欺瞞」、もしくは単なる信仰です。

自作パーツにおけるこの「キーワード」は単なる流行り言葉、もしくは信仰の一種なので、そこに論理的な意味合いはありません。
ただし、これを端的に「正しい」「間違っている」という解釈するのは趣味人において無粋であり、「ベンチマーク」などの宗教戒律によって、無限に語り尽くさねばなりません。
なぁに大丈夫。一年も経ったら、全てが「笑えるほど旧式」です。




Windows は XP が軽くて最高!?


いいえ。

今、「 Windows Me こそ、超軽量・高速で最高の Windows 」と力説する人を見たら、貴方はその人をどう感じますか?
論点はいっしょ、チョッと世代が違うだけ。 この世界では全てが「最新こそ正義」なのです。

なお、自作世界には「特殊かつ、些細な理由」から、今も XP を愛用する方々が多数居らっしゃいます。
ただし、一部の「時間が止まった」経験者の情報に流されると・・・うっかり「極貧」もしくは「情弱」という、オタクカースト最下級の称号を(自認なく)得る羽目になりますよ。



電源は○○○ W (ワット)あれば十分!?

知りません。

そもそも各製品の謳う「 500 W 」等の数値は「自社値」であって、アテにも参考にもなりません。
真面目に言うと、経験の浅いうちほど「電源に起因する不具合症状」の判定は難しいので、「システムドライブより重要なパーツ」と認識すること。
なお性能要求値は PC 構成次第なので、電源電卓等で予測計算を。

電源電卓
http://www.cost-simulator.com/eco/eco3.html

あぁそれと、同じことはマザーボードにも言えますが「コンデンサが・・・」という「あたかも正しい品質評価」のような論議は、多くが「オタクの戯言」と認識しておいて下さい。
そりゃあコンデンサも大事ですが、実際の回路品質は「それだけ」じゃ判りません。



安く上げるなら、中古もアリ!?

初心者には、どうかなぁ?

中古構成という内容はアリですが、相場も含めて多少は見極められる知識が必要ですよ。

ちなみに最近は通販やショップ扱いの中古も非常に安く、ネットオークションとかもうかなり微妙かも。
オークションで「イイ!」と思ったら、せめてそのパーツ名で検索してから考えましょう。
あと、ネット評などを参考にするのは良いとして、オタクはついつい「特定のパーツやメーカー(ベンダー)名」に酔いがちです。そこにも惑わされないようにしましょうね。



不良診断には Memtest などのハード診断ツールが必須!?

単なるデジタル宗教書です。

自作道とは、多くの(ダメ)製品に浪費し、膨大な(ムダ)時間を経験値として積み上げ、「これは○×△がダメそう」と直観的に判定できるようになること。
各種診断ツールとは、そこに至る「福音書」に過ぎません。

えっ?そこそこ権威あるサイトや雑誌や販売店も使ってる?
だぁかぁーらぁ、 PC 自作なんてそういうチマチマした「永遠に未完成の世界観」を「無意味に緻密な論理」で楽しむ趣味なんだってば!



ゲーマーじゃないし、グラボなんて要らない!?

初自作にのみ、許されます。

「完成品」と同じことをしないのが自作 PC なのですから、グラボを付けない自作機など、もはや負け組です。
真に「要らないと判断出来る人」は、最初から自作する方向でなど考えません。 考えてしまうのは、自作 PC の経験があるせいです。
それにグラボが付いてれば「 GPGPU の処理能力」とか、オサレな論議にも参加出来ますよ。

ただ、幸いにして従来から「鯖だから」「省電力を追及した」という退路はあります。
なお、「ハードエンコ専用機」などという一見申し分のない言い訳には「 2 Pass は?」「画質はどうだった?」など、メンドくさい禅問答が待っているので気を付けましょう。



じゃあ PC 自作に意味はない?!

いいえ。

個々人の感性によりますが、多少の実益もあるし、気を付ければお金も掛からない楽しい趣味ですよ。

注意点は、情報を収集すればするほどスペックオタクに成り果てやすいこと。
そこに付け加えて「たかがパソコン」なんだから、やたらお金を掛けないこと。

思い立ったが吉日。 面白そうと思うなら、スグ始めましょう!



安くあげたいなら、この辺で良いんじゃないかな?

無事動いたら、情報を集め 3GHz ぐらいへのオーバークロックに挑戦しましょう!
今やオーバークロックしないのは、自作世界では単なる「負け組」。
そこに怖気ずくと、それこそ「コスパ」において自作 PC のメリットは激減です。
もし失敗が怖いなら、「絶対に」完成品を買いましょう。

Celeron Dual-Core E3400 2.60GHz \3,944
intel Boxed Celeron E3400 2.60GHz  BX80571E3400
インテル (2010-02-18)
売り上げランキング: 2032


ASRock G41C-GS LGA775 Intel G41/ICH7 M-ATX DDR2/DDR3 ¥ 4,880
スポンサーサイト

«  | HOME |  »