2009
03
15

誰でもできる!? 街角アート

5-08 Tokyo


子供の悪戯のようなこと 一種のゲリラアート?を展開する人達の紹介です。
やや悪ふざけの感もありますが・・・発想は楽しいものかと。

サイトによれば、主催はニューヨークのマーク・ジェンキンスという方。
彼らが「テープ・スカルプチャー」と呼ぶ手法で、立体物をラップでぐるぐるに巻いて風船人形のようなものを造形。(後で中身は取り出す)恐らく、誰にでも出来るアート手法として紹介してるんでしょうね。
それをそのまま、時には服などを着せて、世界の街中の印象的な場所に置いて撮影するという、おもしろい 悪戯 アート作品群です。 2-06 WashingtonDC

2-07 WashingtonDC

2-06 Baltimore

4-06 WshingtonDC

11-05 Assateague Island

5-05 WashingtonDC2

12-08 Bordeaux
「服を着せただけ」で、中身は同様のオブジェクトです。
9-08 Amsterdam2

9-08 Amsterdam
こういう高い場所には・・・どうやって?
10-05 Philadelphia

10-08 Italy

9-06 Netherlamds

7-06 WashingtonDC

12-03 Rio de Janeiro

9-08 CandyIsland

6-06 WashingtonDC

4-08 Sweeden
"服を着たヒト型"であって、中身はありませんからね!
5-05 WashingtonDC3

5-05 WashingtonDC

意外にステキと思いましたが・・・いかがでしょう?

xmarkjenkinsx.com さんより
Youtubeチャンネル

tapesculpture.org (オブジェクト作成方法の解説)

スポンサーサイト

«  | HOME |  »