2013
03
14

パソコンで動かす、仮想 Android 4.1.1(Jelly Bean)

Android_on_PC.jpg

ふと PC 上で Android を検証したくなったのですが、今や複数の著名プロジェクトが選べますね。

開発環境やエミュレータとして著名な
「 Android SDK 」
http://developer.android.com/sdk/index.html

android VM の代表格
「 Android-x86 - Porting Android to x86 」
http://www.android-x86.org/

そして、完成度や更新度の高い VM の一端には
「 AndroVM 」
http://androvm.org/blog/
androVM_blog.jpg
もあったりします。

コレがまた、なかなかにお手頃で扱いやすいと感じました。
といったわけで、同 VM の VirtualBox 初歩設定など書いてみます。
(同対応には VMplayer 用ファイルもありますよ)

AndrooVM ダウンロードリンク
http://androvm.org/blog/download/

AndroVM_DL_list.jpg
ざっとファイル種別は「 tp 」=電話機能付きタブレット、「 p 」=スマホ版、「 t 」=タブレット版があり
続く記載には Google Play からのアプリインストールには電話機能アリ版が必須と書かれています。

でも使ってみたら t =タブレット版でも Google Play 活用そのものは可能でしたし、逆に flash は公式 apk ?が同梱されているものの、これまた公式見解通り Jelly Bean 系での動作はしないようでした。
まぁ、軽量な VM ですから、それぞれを存分に試してもらっても良いかと。

○ VM インストールは超簡単
VM_install.jpg
VM インストールは超簡単で、VirtualBox マネージャーを起動して
「ファイル(F)」>「仮想アプライアンスのインポート(I)」から DL した VM ファイルを開くだけ。

○起動初期設定
Welcome_eng.jpg
あとは Android の初期設定そのものですが、初見ユーザー向けに要点を書けば

Welcome_jpn.jpg
言語:日本語環境はずっと下の方にあります(タップ=クリックにて展開)

基本設定には、もちろん Google アカウントが必須といったところ
androVM_googleaccount.jpg

androVM_start1.jpg
タップ等はマウスの左クリックやクリック&ドラッグで殆どカバーします。
なお、基本となる画面操作の「一つ戻る・取り消し」系は「 Esc 」、「設定」は「 F1 」キーが割り当て。


○日本語キーボードを設定する
これは不具合ではなく Android の初期規定なんですが、外部接続キーボード=英字 101 key として認識という欠点があり、日本語 K/B 利用では別途の設定が要ります
VM は root 化が容易ですから、真っ当な手法としては /system/udr/keylayout/の .kl ファイルを直接編集するのですが・・・
まぁ面倒なので、 Google Play ( VM 上)から以下 apk をインストで良いかと。

日本語106/109キーボードレイアウト( ta9mar )
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.init0.android.keyboard109

androVM_input_setting.jpg
これで日本語キーボードが認識でき、例えば所定キーで「@」やアンダーバーといった記号類が入力出来ないといったトラブルが解消出来るでしょう。
ちなみに、詳細忘れちゃいましたが android キーボードをデフォルト / 英語設定するとエラーが起こりやすい場面があり、「言語設定なし」にしてあります。

なお日本語 IME は Linux ユーザーにはお馴染みの「うんぬ( Wnn )」がプリインストール。
VM_Input_method.jpg
同 ON/OFF 切り替えは「 Shift 」+「 Space 」ですね。
それと PC ユーザーの感覚としては(他の仮想 OS と比較しても)、かなりゆっくりキー入力(変換)しないと高確率でエラーになるクセがあると感じました。


これで Google Play アプリの試用チェックやら
GooglePlay_onVM.jpg

root 化での設定ファイルの編集/ 動作チェック etc...
root_system.jpg
(画像は「 ES ファイルエクスプローラー」によるシステムフォルダ表示)

非常にお手軽かつ、存分に使えます。
実機では確認しづらい内容もガンガン試せますので、これからという Android 初心者ユーザーはもちろん、ヘビーユーザーにも、オススメ出来る内容かと。

ところで、 AndroVM では最新 4.2.2 はまだですが、 x86 プロジェクトには存在する同版はかなり不安定とのことでしたから、現時点はもうちょっと「待ち」が良いかと思います。

Android アプリ サンプルプログラム大全
スプーキーズ
ソシム
売り上げランキング: 143,961
スポンサーサイト

«  | HOME |  »