2013
05
18

ubuntu 13.04 メモ

Raring_ubuntu.jpg

13.04 へのアップグレードから一ヶ月弱。
特に汎用性のない、いわゆるチラ裏的な ubuntu 運用メモです。

○内部エラー、内部エラー、そしてアプリエラー
実働に差し支えはないが、とにかく「内部エラー」の頻発を目にする。
頻度そのものは「不具合が多い」と評された 12.10 以上。
奇妙なのは、一切操作していないアプリが突然エラー終了する場合もあること。


○ Flash エラー

Chrome 系ブラウザの Flash 表示エラー(クラッシュ)を初確認。
Crash_Chrome.jpg
Sol データの削除 or 拡大が必要?と思ったが、ブラウザ再起動で直ってしまった。


○ Flash の記憶領域について
ubuntu には限らないが、この「 Flash 記憶領域」は Adobe サイトへのアクセス表示から自身の環境を直接制御することが出来る。
どうも「 ubuntu Flash 記憶領域( Sol データ)」でググると、初級者にはやや難しい?と思われる「 s2x.py 」利用の CUI による方法がトップに出るようなので、もっと単純な方法を記載。

グローバル記憶領域設定パネル(全体領域)
Flashplayer_help_global.jpg
http://www.macromedia.com/support/documentation/jp/flashplayer/help/settings_manager03.html#117498


Web サイトの記憶領域設定パネル(サイト別設定)
Flashplayer_help_website.jpg
http://www.macromedia.com/support/documentation/jp/flashplayer/help/settings_manager07.html#117717


ちなみに、 Wine 上動作で良ければ
ubuntu_wine_soleditor.jpg
.sol Editor (Flash Shared Object)
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_soleditor/
によって、簡易ながら GUI 上で操作可能。
Flash 設定(隠し)フォルダは Home ディレクトリ上で「 .macromedia 」と入力で出現する。

soleditor_setting.jpg
ここがグローバル記憶域の設定
※ klimit = kb 単位の数値( Value )で、無制限なら「 -2.0 」と入力。
画像では 1MB = 1012kb 値

なお同データ( Sol 或いは Flash クッキー)は、 Firefox ならアドオン
Firefox アドオン - Better Privacy -
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/betterprivacy/

Chrome なら設定から終了時にデータクリアが可能。
Chrome 閲覧データ削除( Chromium 系で共通、また Flash ファイルは Firefox と共用)
https://support.google.com/chrome/answer/95582?hl=ja



○仮想 PC 環境
不自由なく Windows 代替出来ると判った時点で自分用には不要。
友人への操作アドバイス用に Windows 8 へ入れ替えることにする。
Win8_Vbox.jpg
VirtualBox ユーザだったが

以前のチェックで、 Linux 上では VmwarePlayer の方が、やや動作感良と思った
Win8_vmware.jpg

という訳で移行と思ったが、肝心の Vmware Tools がインストールエラーでコケる。
vmware502_error.jpg

複数回実行するが、どうにも直らないので諦める。( Vmware Player Ver5.02 )


○クラウド・ストレージ
Linux での有数ガッカリ点は「仮想化によるシステムのフルバックアップ」が無いこと。
これはアプリ追加で可能となるが、実行にはキツイ容量制限がある。
そこで暫定対策に、非同期型のクラウド・ストレージを考慮してみる。

その 1 : Bitcasa

何故か公式の Linux クライアントは、本体が削除されたまま放置プレー中。
一方でネットには β 版?が存在し、 Arch ユーザのデータベースにもリンクされてる。
Pakketdetails: bitcasa 0.9.6.99-3
https://aur.archlinux.org/packages/bitcasa/?setlang=nl

概ね問題なく動作をするが、たまにコケる。
Bitcasa_cache.jpg
何より、過去問題になっていた「キャッシュがシステムを圧迫」=実際には画像ほどではないが、僅か 800MB のアップロードに対し 2GB のキャッシュ(隠しファイル)を確認。
確かに本末転倒な欠陥クライアント(公式削除だしね)と確認して、即削除へ。


その 2 : Chrome 拡張 SkyDrive (私の環境では SRWare Iron ブラウザへ)
もちろん他 OS でも同一サービスだけど、アプリ環境の貧弱な Linux ではより活きる。
内容は第三者による拡張ではなく、 MS 公式の互換クライアント?っぽい。

https://chrome.google.com/webstore/detail/skydrive/nffchahhjecejoiigmnhhicpoabngedkSkyDrive_chrome.jpg
一見しただけでは、「普通にブラウザアクセスするのと何の違いが?」とツッコみたくなるが
実動作としては「ワンクリックでクライアント化」するので、何気に利便性が高い。

それと Windows.live 時代から、複数アカウント間をシームレスに移動利用=事実上、複数アカウント分の容量が統合利用出来る。
私の場合、トータル 75GB の無料クラウドになった。
もちろん Outlook.com 機能にフルアクセスなので、単純にメーラー等々としても使える。


○とにかく、いつまでも Unity の不具合
一度はなんとか安定設定になったと思った描画系の機能だが、不具合が再発。
やれやれと、再び LXDE をサブ環境に入れる。

まぁ、 LTS 以外は正式リリースといえど次の LTS に向けたテストバージョンとは理解するが、途切れない不具合っぷりには、なんかのギャグ?とも思えてくる。
というか、現行 12.04 LTS も基本同系のトラブルを抱えるよね?


○ ubuntu / Linux 信奉者じゃないので
6 〜 7 年ぶりに触れた Linux デスクトップだが、進歩したのは「上辺の見た目」だけで、中身は無駄にカオスだし、対 Win では逆に「十年は遅れてる」が正直な印象。
アプリもいっぱい在るように見えるが、 Win ユーザー目線で実用に耐えるのはクロスプラットフォームで聞いたことのある存在とか、ごく一部に限定される。

自分用にはそれら欠けた部分も面白おかしく使うが、人には「決して」勧められないなぁ。

単純なコスト・ワットパフォーマンス込で、人にはこの手の購入をアドバイスしますね。
レノボ・ジャパン Lenovo G580 (グロッシーブラウン) 268976J
Lenovo (2013-03-15)
売り上げランキング: 151
スポンサーサイト

«  | HOME |  »