2013
09
09

apt-get 出来ないトラブル

ubuntu_apt_get.jpg
画像はトラブルとは無関係のイメージ

★内容:以下エラー提示となり、端末での apt-get コマンドが一切通りません。

パッケージリストを読み込んでいます... エラー!
E:パッケージリストまたはステータスファイルを解釈またはオープンすることができません。


また同時に、 apt フロントエンド、或いは動作依存となる標準アプリも起動しません。

システム設定>ソフトウェアとアップデート
同>言語サポート など

これは因果関係が判れば当然なんですが、不詳なユーザにとっては複数の標準機能やアプリが
「起動しない(壊れた?)」という印象になるでしょう。
この際 ubuntu では、「エラーがあっても一切表示されない」という状況もあります。

似たようなトラブル例は時折 web 上で見掛ける内容でしたが、自分の環境で起こって
「あぁ、なるほど。 こりゃ(最初は)解んねぇよな」と思ったので紹介。

★解決方法
まぁ実は、上記のエラー表記には原因となっている具体内容
E: パッケージファイル /var/lib/apt/lists/ 〜を解釈することができません
も含まれていまして、それを削除(再実行で正しく再生成される)しました。

エラー発生状況= apt リスト(バイナリ)が読み込めない(状況の再現例)
error_lists.jpg
私の例では、本来テキストファイルに見えるデータが、圧縮ファイル状になってました。

エラーのない、正しいリストの見え方
normal_lists.jpg

全て同じ原因・状況とは限りませんが、取り敢えず /var/lib/apt/lists/ 下の
「テキストに見えるファイル」をチェック、もしくは全削除しちゃって下さい。
適切な接続環境があれば、同内容は apt-get update で正しく再生成されます。

ですが初心者は「表示エラーの意味が判らないまま端末を消してしまう」等あるでしょう。
また、後述の原因例から、この状況は GUI 実行下でも起こり得るはずです。

★原因
実は正確な原因は不明なんですが、発生時に私が行なっていたのは以下。

最近 apt-get update に引っ掛かりが感じられたので、複数のサーバをチェック。
同リストに「 update 」直後(普通は数時間前とか数日前)のサーバがあったので、そこに設定して apt-get したら、同トラブル発生。

同事例は CUI なら、 /etc/apt/sources.list の記述変更と apt 実行内容でしょう。
しかしまた、「ソフトウェアとアップデート」でダウンロード元を変更し、「アップデートマネージャー」をチェック実行しても、全く同じ状況となるはずです。


よく初心者は「何も(特別なことは)してないのに壊れた」と言うとか揶揄されますが
ubuntu では「正しい操作をしても、勝手にぶっ壊れる」現象もありそう。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »