2014
03
03

Fedora 20 Xfce x86_64 の構築例

Fedora20Xfce_desktop2.jpg

Fedora 20 xfce インストール設定を、自分用にまとめ。
似たような前記事あるけど、今回はもう少し突っ込んだ内容にて。

まぁぶっちゃけ、私的 ubuntu ⇒ Fedora 完全移行への思索メモです。
冗談みたいに ubuntu-Unity 風のデスクトップは、慣れた同 GUI の再現。
でも発端が ubuntu 構成の忌避なので、逆に Xubuntu は非選択だったり。

なお基本「自分用」メモなので、参照の際は変更内容に注意。
また説明もだいぶ端折ってますので、もろもろ悪しからず。

※ 3/7 実行順に無理があったので一部改定

後継 Fedora 21 Xfce 向け記事もあります。

Fedora 21 Xfce x86_64 の初期設定
http://laniusbucephalus.blog49.fc2.com/blog-entry-509.h

Fedora 21 に、Cinnamon 入れてみた
http://laniusbucephalus.blog49.fc2.com/blog-entry-510.html

よろしければ、合わせてどうぞ。


○インストールの構成設定
手動にて非 UEFI 、非 LVM の標準パーティションを設定

※メモ
☆ UFEI 非選択
M/B の UEFI 機能ではなく、ブートディスクのデータを選択
UEFI 対応とは、ある意味 Win との互換でしかない(起動が遅い)

☆ LVM 非選択とパーティション
非選択でも LVM パーティション構造になるので、自動設定は回避
関連サービス停止により、内部エラーが少々出る(動作問題なし)

☆ Fedora 20 の grub2 について
単一環境なら問題ないが、(現時点は)他ローダーと互換に難アリ
Windows や ubuntu 等とのデュアルブートでは、相互更新に留意


☆インスト直後・初期更新前に
導入初期は更新などに時間を食うので、序盤の下ごしらえ等

○不要(あるいは代替を入れる)アプリの削除
 code:
sudo yum -y remove claws-mail gpicview liferea midori orage parole pidgin pragha remmmina* ristretto transmission* xarchiver xfburn xfce4-battery-plugin xfce4-mixer xfce4-notes-plugin xfce4-scrreshooter xfce4-taskmanager xfce4-verve-plugin xpad

※メモ
xfce 独自系は、 yumex で「 xfce4 」検索
ちなみに xfce4-plugin は、一部必須だけど大半は役立たず
それと意外に重いので、むしろランチャーなどでの代替が吉

xfce4-plugin 本家情報
http://goodies.xfce.org/projects/panel-plugins/start


○初期に欲しいアプリ等を入れる
 code:
sudo yum -y install yum-fastestmirror wget ibus-mozc firefox gedit

※メモ
実行してみたら、序盤に欲しかったので改定追記
なお ibus-mozc 設定は以下から
 code:
sudo ibus-setup


○ネットワーク設定
メニュー>設定>ネットワーク接続
「 em1 」選択>「編集(E)」>「 IPv6 のセッティング」
「無視する」保存


○フォルダ名を英語表記へ
 code:
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update


○ SELinux 無効化
 code:
sudo gedit /etc/sysconfig/selinux
SE Linux 無効へ(既定 ” enforcing ” 項目)
SELINUX=disabled


○ Firewall ( firewalld )の停止
 code:
sudo systemctl disable firewalled.service

※メモ
iptables ip6tables は、 fc 20 上では稼働してない
使い勝手の良い新 FW だが、私見では PC クライアントには無用

なお稼働サービスの確認は、以下コマンドにて
 code:
systemctl -a --full --no-pager


○変更の有効化・更新の時短目的で、一度再起動
 code:
sudo reboot

☆初期の更新ほか

○初期更新
 code:
sudo yum -y update


○ RPM Fusion リポジトリの追加
 code:
sudo yum -y install http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-20.noarch.rpm http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-20.noarch.rpm


○ nvidia ドライバの導入
 code:
sudo yum check-update
sudo yum -y install kmod-nvidia-331.49*

※メモ
今の yum では、システム / アプリ更新に稼働への整合性がある
逆に言うと、トータルで動作対応するまで、全更新はされない


※訂正追記
うっかり長期放置でスミマセン、公式手順+ α にて改訂します。
ざっとコマンドにて
 code:
sudo yum install akmod-nvidia "kernel-devel-uname-r == $(uname -r)"
sudo yum install -y vdpauinfo libva-vdpau-driver libva-utils
sudo yum update -y

sudo yum remove xorg-x11-drv-nouveau
sudo reboot


参照: RPM Fusion nVIDIA ドライバ他、導入手順
http://rpmfusion.org/Howto/nVidia
※訂正追記ここまで


○動画プラグイン・ライブラリの導入
 code:
sudo yum -y install gstreamer-plugins-bad gstreamer-plugins-ugly libva-vdpau-driver libva-utils vdpauinfo

※メモ
システム / プレーヤー repo 違いで、プラグイン重複が生じる場面アリ
動作の実効を考えると、プレーヤー側の自動導入に任せた方が無難かも


○常用アプリ等の導入
 code:
sudo yum -y install baobab beesu bleachbit cairo-dock dconf-editor eog eog-plugins evince exfat-utils fuse-exfat ffmpegthumbnailer file-roller gnome-disk-utility gnome-font-viewer gnome-screenshot gnome-system-monitor gparted osmo paco pinta shutter smplayer thunderbird vlc wine*

※メモ
表計算アプリが要る場合は、以下を追加
gnumeric

MS office 近似系なら、以下
libreoffice-calc
libreoffice-langpack-ja


★セッション保存⇔ cairo-dock 起動登録の注意
初期規定は「ログオフ=セッション保存」動作
なので cairo-dock の自動起動の登録はさせない

なお当然に再起動・終了時も保存なので、アプリの稼働状況に留意
ただ、同保存は安定稼働にも直結っぽいので、常時有効が無難


○ ia32-libs 及び、描画エンジン対策
 code:
sudo yum -y install xulrunner.i686

sudo yum install --skip-broken arts.i686 audiofile.i686 bzip2-libs.i686 esound-libs.i686 fltk.i686 freeglut.i686 imlib.i686 lcms-libs.i686 lesstif.i686 libacl.i686 libao.i686 libgnomecanvas.i686 libieee1284.i686 libsigc++20.i686 libusb.i686 libwmf.i686 libwmf-lite.i686 libXaw.i686 libXdmcp.i686 libxkbfile.i686 libXmu.i686 libXp.i686 libXScrnSaver.i686 libxslt.i686 lzo.i686 nas-libs.i686 cdk.i686 popt.i686 sane-backends-libs.i686 SDL.i686 svgalib.i686 unixODBC.i686 compat-expat1.i686 compat-libstdc++-33.i686 redhat-lsb.i686 alsa-plugins-pulseaudio.i686 alsa-plugins-oss.i686 nspluginwrapper.i686 libXScrnSaver.i686 qt.i686 qt-x11.i686 pulseaudio-libs-glib2.i686 alsa-plugins-pulseaudio.i686 dbus-glib.i686 gtk2-engines.i686 libcanberra.i686 libcanberra-devel.i686 libcanberra-gtk2.i686 libcanberra-gtk3.i686 gtk-murrine-engine.i686 PackageKit-gtk3-module.i686 qtwebkit.i686


○ Flash Player Plugin の追加

http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

ダウンロード「 YUM 」選択⇒ yumex 適用(リポジトリ追加)
プラグインそのものの導入は、以下コマンドにて
 code:
sudo yum check-update
sudo yum -y install flash-plugin nspluginwrapper alsa-plugins-pulseaudio libcurl

以下にアクセスし、ローカルデータ容量を任意拡大する
http://www.macromedia.com/support/documentation/jp/flashplayer/help/settings_manager03.html

※メモ
Linux で flash コンテンツが重いのは、コレが主要因
「制限なし」まで拡大し、詳細は Firefox 拡張で管理

☆ swf ローカルプレーヤー
flash ゲームなど、 swf ファイルのデスクトップ再生用

Adobe Flash Player Support Center
http://www.adobe.com/support/flashplayer/downloads.html
より(以下は、現時点の直 DL リンク)
Download the Linux Flash Player 11.2 Projector

※メモ
インストール不要、適当なディレクトリに展開する
swf を「別のアプリで開く」⇒展開した flashplayer を指定
動作通知アイコンは ~/.local/share/applications にある
userapp-flashplayer-xxxxx.desktop に「 Icon= 」記述


○ファイラに nemo を使う(規定にする)

☆導入
 code:
sudo yum -y install nemo nemo-fileroller

☆動作対策: nemo アイコン表示・デスクトップ動作を止める
 code:
gsettings set org.nemo.desktop show-desktop-icons false

※メモ
上記は標準= xfce デスクトップ動作をさせるため
逆に Cinnamon 系の動作させたいなら
 code:
gsettings set org.nemo.desktop show-desktop-icons true

☆動作対策:「端末を開く」で xfce4-terminal 起動
 code:
gsettings set org.cinnamon.desktop.default-applications.terminal exec xfce4-terminal

※ 「 Root として開く」時の動作対策
同起動時だけは、セッション・ユーザ違いなので上記対策が効かない
気になる場合は、別途 root でログインして同様の設定をすべし

☆規定ファイラにする
「設定マネージャー」>「お気に入りのアプリケーション」
に設定項目がある

※メモ: Dropbox について
Dropbox 導入で nautilus-doropbox = nautilus が入る

なお実動作的に不要と思ったが、 nemo-doropbox は以下に
https://github.com/linuxmint/nemo-extensions
(インストールは展開フォルダ内 README と INSTALL 参照)

※メモ 2 :動画サムネイルについて
Nautilus で一度描画すると nemo でも表示可能になる


○旧世代カーネルと、不要ファイルの削除
 code:
sudo package-cleanup --oldkernels --count=1
sudo yum autoremove

☆ grub2 を任意に更新したい場合
 code:
sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg


○ NTP の導入と設定
単一の PC クライアントでは、基本不要の設定
ただデュアルブート等での、時刻ズレ対策にもなる
 code:
sudo yum -y install ntp

NTP 設定を編集する
 code:
sudo gedit /etc/ntp.conf

17 行目を例に、同期許可の範囲アドレスを指定(追記する)
restrict 127.0.0.1 mask 255.255.255.0 nomodify notrap

初期設定= 21 〜 24 行目を ”# ”コメントアウト(無効化)
#server 0.fedora.pool.ntp.org iburst
#server 1.fedora.pool.ntp.org iburst
#server 2.fedora.pool.ntp.org iburst
#server 3.fedora.pool.ntp.org iburst

次いで同期する NTP サーバを記述
pool ntp.nict.jp

NTP サービスの稼働設定
 code:
sudo systemctl start ntpd.service
sudo systemctl enable ntpd.service

動作の確認
 code:
ntpq -p

PC 起動時に同期を高速化させる
 code:
sudo gedit /etc/ntp/step-tickers

3 行目をコメントアウト
#0.fedora.pool.ntp.org
NICT を指定
pool ntp.nict.jp


○フォントの追加
MMcedar
http://www.geocities.jp/ep3797/modified_fonts_01.html

Migu
http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/migu/

google-doroid (最近人気・細かい表示でもキレイ)
yumex にて「 font 」検索から、以下導入
google-doroid-sans-font
google-doroid-sans-mono-font
google-doroid-serif-fonts


○テーマ等の変更
☆ウィンドウ装飾と GTK テーマ設定は、メニュー項目が別個

ウィンドウ装飾( xfwm4 = Metacity に相当)
「ウィンドウマネージャー」>「スタイル(S)」

適用テーマ(例): LiNsta-Black-Plastic
http://xfce-look.org/content/show.php/LiNsta+Black+Plastic?content=43023
(/usr/share/themes へ入れる)

※メモ:フォント設定
タイトルのフォント(T) : Migu 1C Bold 11

GTK テーマ
「外観」>「スタイル(Y)」

適用テーマ(例): MediterraneanNightDarkest
http://gnome-look.org/content/show.php/?content=156782
(入ってなければ gtk-murrine-engine も追加導入)

※補足:フォント設定
フォント(F) : MMCegar P 11
アンチエイリアス(A) :チェック
ヒンティング(H) :部分的
サブピクセルオーダ(P) : RGB

※メモ
従来 ubuntu と同アイコンなら、以下を導入
humanity-icon-theme

色違い mod モノ( humanity-colors-icon )はコッチ
http://www.ravefinity.com/p/download-humanity-colors-icon-theme.html

似たような Xfce キレイ系( Xubuntu に入ってるやつ)
elementary-xfce-icon-theme

☆ログオン画面の意匠変更
/etc/lightdm/lightdm-gtk-greeter.conf
の [greeter] 以下を記述編集する
 code:
sudo gedit /etc/lightdm/lightdm-gtk-greeter.conf

前半に記述例があり、テーマ・アイコン・フォント等を指定可

記述例: Xubuntu 系の設定(要、テーマ他の追加)
[greeter]
background=/usr/share/backgrounds/xubuntu-saucy.png
theme-name=Ambiance
icon-theme-name=LoginIcons
font-name=MMCegar P 11
xft-antialias=true
xft-dpi=96
xft-hintstyle=slight
xft-rgba=rgb
show-indicators=~language;~session;~power

参考: Xubuntu 13.10 の標準壁紙
http://www.nunna.se/Public/wallpapers/xubuntu-saucy.png


○ Xfce 4.11 について
一応、公式には fc21 (今夏以降)に採用予定らしい
で、現時点は 3rd パーティ(の開発テスト)版のみっぽい

fedora copr nonamedotc / xfce411
http://copr.fedoraproject.org/coprs/nonamedotc/xfce411/

Index of /results/nonamedotc/xfce411/
http://copr-be.cloud.fedoraproject.org/results/nonamedotc/xfce411/

※追伸
完全移行に伴い、 SSD に入れてみたら 5 秒ほどで起動しますね。
おおよそ比較で ubuntu 13.04 の 3 倍、 ubuntu 14.04 β 1 の 2.5 倍速いかな。


Celeron N2820 な Intel NUC は安っいけど、性能も相応。
PC として使うなら、一昨年モデルDC3217IYEぐらいの基礎体力は欲しい。
性能と I/O がまぁまぁの Haswell 世代モデルを探すと、コレかな?
GIGABYTE BRIX Celeron搭載 2.5'SATA HDD対応モデル GB-BXCEH-2955
日本ギガバイト (2014-01-31)
売り上げランキング: 20,476
スポンサーサイト

«  | HOME |  »