2014
06
04

Linux Mint 17 へ nVIDIA 331.79 / 337.25 を適用する

nVIDIA_X_Settings_LinuxMint17.jpg

Linux Mint 17 への、non-free 系 nVIDIA 最新ドライバ適用法を紹介。

んまぁ、従来からの Ubuntu ユーザには、お馴染みの PPA 活用手法ですね。
でも新規 Linux Mint ユーザにとっては、PPA からして不詳かもしれない。
という訳で、入門向け「 PPA による最新 nVIDIA ドライバの導入法」です。

なお今例は GPU ドライバですが、同様に他パッケージへの応用も効きますよ。

※追記と改定
表題と以下で nVIDIA 337.25 の導入を紹介してますが、同 Ver は一部状況で描画バグあり。
よって、導入は nVIDIA 331.79 ( Ubuntu ドライバ名 nvidia-331 )の方を推奨します。
特に削除してませんので、以下記載も読み替えて下さい。


○ PPA リポジトリを端末操作から取得する
標準機能でのアプリ等入手には「ソフトウェアの管理」を用います。
これは、標準 Ubuntu と Mint のリポジトリを利用してる訳です。
で、ここに任意の PPA リポジトリを追加します。

Ctrl + Alt + T キーにて端末( Terminal )を起動。
以下コマンドを打ち(コピペし)ます。
 code:
sudo add-apt-repository ppa:xorg-edgers/ppa
sudo apt-get update


上内容の具体的な参照ページとしては、以下が該当。
UbuntuUpdates.org> PPAs > xorg-edgers
http://www.ubuntuupdates.org/ppa/xorg-edgers

リンク先にあるように、導入すべきパッケージが解っていれば、上記に続け
sudo apt-get install 「パッケージ名称」
という三行のコマンド操作だけで、導入までの全てが完了します。

例: nVIDIA 331.79 及び VDPAU (動画再生支援ライブラリ)の導入
 code
sudo apt-get install nvidia-331 nvidia-331-uvm


※コマンド⇔ GUI 操作における補足説明
ここでちょっと、上記を標準 GUI 機能で説明してみると
「ソフトウェアソース」>「新しい PPA を追加...」へ
PPA_software_source_LM17.jpg

deb http://ppa.launchpad.net/xorg-edgers/ppa/ubuntu trusty main
deb-src http://ppa.launchpad.net/xorg-edgers/ppa/ubuntu trusty main
を入力(二段目はソース=配布元)

また同時に、「認証鍵」>「鍵をダウンロード...」も設定しています。
GPG_Key_software_source_LM17.jpg
GPG Key 8 桁の英数字:8844C542
コマンド操作なら
 code:
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 4F191A5A8844C542

入門したてだと「コマンドで書かれても意味が判らない」と感じるかも?
でも、GUI 操作での説明では、こんな感じで逆に複雑になっちゃう訳です。
ただまぁ、操作や名称など細々不詳なうちは、確認を兼ね併用で良いかと。


○ドライバを「ドライバマネージャ」操作から、選択・導入する
上記コマンド操作を十分理解できる方は、導入まで操作完結でしょう。
ただ、コマンド操作の短所として
「正確な記述でないと、弾かれる・関連導入されない」可能性があります。
なので、一括に補完導入してくれる GUI の方が簡単・確実と言えるかも。

という訳で「ドライバマネージャ」からの導入では
LinuxMint17_Driver_manager_nVIDIA.jpg
記述からも判るように、青枠が PPA : xorg-edgers のドライバ群。
今回は最新(短期更新系)な nvidia-337 を選択してみます。
希望ドライバをチェック、「変更の適用(A)」をクリック導入するだけ。

なお、同内容の詳細は以下を参照。
Package "nvidia-graphics-drivers-337"
http://www.ubuntuupdates.org/package/xorg-edgers/trusty/main/base/nvidia-graphics-drivers-337

同じく最新系で長期サポート版の nvidia-331 もアリ。
なお同名称でも、標準版は少々バージョンが旧い= 331.38 ことに注意。

ちなみに nvidia-304 は旧世代 GPU 向けで nouveau はオープンソース系。
スゲー雑に言うと、これら標準系のドライバは低パフォーマンスです。
(いやまぁ xorg-edgers も OSS ですが、原典 Non-Free ってことで)

一見、「標準( OSS )ドライバ」でも滑らか動作で無問題に見えますね。
でも仮に Windows 比較だと、同 PC なのに低性能が Linux の現実。
最新プロプライエタリ系を用いて、やっと近似のレベルになります。

なお、この「低性能」とは=「非効率」で「高電消費で高発熱」にも直結。
決して PC オタクだけが気にするような、細かい話じゃありませんよ。
他方で OSS 擁護者には Non-Free 系を嫌う傾向があるんで、留意かもね。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »