2014
06
28

Zorin OS 9 Core RC を試した

ZorinOS9_RC_Desktop.jpg

先日 RC 版が公開となった、Zorin OS の 9 Core を試してみました。

Ubuntu 派生系で Linux Mint に次ぎ、elementary OS と並ぶ人気環境かな。
で、今回の「 9 」は Mint 17 に続き、最新 14.04 LTS ベースへの更新に。
この点は、類似ポジションの elementary OS に、半歩先んじる形かと。

なお、この Ubuntu 派生系な二種ですが、持ち味として

elementary = Mac OS 風の UI でナチュラルなデザイン
Zorin = Windows 7 風の UI でアーバンなデザイン

ってあたりが、外観的な特徴になるでしょうかね。
共に、外観に拘るユーザー向きなのが Mint との差異かも。
また Zorin 9 は、Windows 等との併用も意識した造りと感じました。

あと、ついでなんで、偽 Zorin 9 Lite( LXDE 環境化)も実行です。

ところで...この RC 版とやら、動作の完成度は少々低め。
小規模開発の派生系ではありがちだけど、他なら α レベルかも。

※少々加筆修正

○導入情報と実行環境
detail_ZorinOS9.jpg
リリース情報は以下参照
Zorin Blog - Introducing Zorin OS 9 -
http://zoringroup.com/blog/2014/06/23/introducing-zorin-os-9/

同 DL ページ
Zorin OS 9 Core Release Candidate
http://zorin-os.com/releasecandidate.html

sysinfo_ZorinOS9.jpg
動作 PC
M/B :Intel DH61BE
CPU :Core i5-2500T(ES)
GPU :nVIDIA GT520
RAM / HDD :8GB / WD1602ABYS(160GB)

なお基礎システム= ubuntu 14.04 にて、日本語 IM 構築は同手法を活用。
また、ia32-libs 導入手法も同様です。


○インストール時の雑感
前 Ubuntu 系インストーラってクソ遅いんですが、14.04 からは高速化。
なんですが... RC は旧インストーラのまま? Zorin 9 クソ遅いッス。
それと grub とかの背景も弄ってあるけど、正直ウザい気が...


○デスクトップ構成の特徴
外観・操作上の主特徴は、独自カスタマイズから成る AWN パネル。
about_AWN.jpg
Avant Window Navigator -Wikipedia (英語)
http://en.wikipedia.org/wiki/Avant_Window_Navigator

でもコレ、本来はパネル代替ではなく、補完 Dock 的なモノ。
ここに GNOME パネル的な動作を期待すると、裏切られる可能性大。
他方で「 Win7 タスクバー」的な外観・動作が好みなら、良質のカスタムかも。

同時に Unity パネルは廃しながら、Compiz を活かしたエフェクトも特徴。
UI デザイン上の色調といい、かなり KDE に似た感じになってます。


○その他構成の特徴
ざっと列記で
・ブラウザには Google Chrome を主採用
はともかく、一部 MIME タイプも同関連付けになってるので注意。
どちらかと言えば、 Google アプリ・ユーザ向き。

なお、他ブラウザを一発導入する機能があるんですが...
Zorin_Browser_manager.jpg
少なくとも Opera に関しては廃止リポジトリで無効です。

・ Ubuntu restricted extras コーデック類が導入済
特に追加設定なく DVD 視聴可。

・ wine / PlayOnLinux も導入済み
確か PlayOnLinux からだと MS Office 2007 導入がラクだったかと。

・Samba / winbind 稼働
本家で標準の Nautilus-share 用ではなく、主本体が稼働済。
Windows ネットワークとの連携に便利でしょうか。

ところで、Chrome + wine って構成は、オフィス / 画像系処理での
Docs / Drive / Picasa / MS office 連携への下地と感じたのですが...
Libre Office / GIMP も普通に入ってますね。


○バグ?仕様? 取り敢えずダメなトコ

稼働初期に一回だけですが
error_ZorinOS_9_RC.jpg
例のエラー・ダイアログが出て、一時的にデスクトップがクラッシュ

それと Compiz エフェクトの影響?実行遷移の画面が、乱れるクセあり。
動作環境依存?原因不詳だけど、不快な描画バグ(ウィンドウ移動で直る)

訂正:特定 nVIDIA ドライバ起因の問題で、Zorin OS のバグではありません。

Nautilus は「管理者として開く」が無いんで ’ gksu nautilus ’したら...
error_gksu_nautilus.jpg
いゃ重大じゃない(初回だけ)んだけど、初見のダイアログで、思わず保存。
※追記:Ubuntu 上で実行して気付きました。 コレ普通に仕様ですね。

ここで Zorin メニュー上に、同拡張があるのを見つけて実行したら...
Open_as_Root_Menu.jpg

error_open_as_root_menu.jpg
なんじゃそら? まぁ冷静にバグですね。

あと同メニューの「場所( places )」は、ボリュームのマウント・開示不可。
また同時に、システムトレイ部の操作反応も、酷く鈍い。



○最大の特徴は UI のカスタマイズ性
で、他にない Zorin らしさってぇと、UI カスタマイズの融和性かな?
Zorin では、プリセット型ながら「 Awn の設定」に加え

Zorin_Look_Changer.jpg
パネルを弄る「 Look Changer 」と

Zorin_Theme_Changer.jpg
テーマを弄る「 Theme Changer 」があり

併用+応用で大胆な UI カスタムが、比較的容易に出来ます。

初期例として、まずは標準形 Zorin Drak のデスクトップ
ZorinOS9_Dark_Desktop.jpg


これに GTK+ 等のテーマ変更+他少々のカスタマイズ
ZorinOS9_theme_custom.jpg
標準で統一される AWN / GTK+ / Metacity テーマ等を、別途に変更
※注: Cairo-Dock 機能は、Ubuntu 標準= Zorin の終了機能を乗っ取ります

なお、このテーマ個別変更は、Ubuntu Tweak 追加から可能。
http://ubuntu-tweak.com/
theme_tweak_ZorinOS9.jpg
画像は初期標準テーマ「 Light 」の例

ただ、何故か? Zorin メニューには Ubuntu Tweak 登録されませんね。
(たぶん GNOME-flashback が GNOME3.10 ∋ Ubuntu 14.04 非互換だから)
この点は端末 code: ubuntu-tweak で起動し
UbuntuTweak_OpenTerminal.jpg

dockbar_entry_app.jpg
その稼働中に、ドックバー追加すれば良いかと(画像では別のアプリ)


○ GNOME2 / MATE 風デスクトップの構成

次いで Look Changer >「 GNOME2 」選択+カスタマイズすると
ZorinOS9_GNOME_panel_Desktop.jpg
旧 GNOME2 風にして、現行 MATE 風のデスクトップになります。

なお、メニュー上「 GNOME2 」ですが、実際には 3 の flashback-panel です。
※同パネル設定変更のメニュー表示は
「 Win ( Super )+ Alt 」キー+右クリックから、行います。


ちなみに「 Windows XP 」ルックは、変更点そのものが実用的じゃない感じ。

○追記:ムダに弄り倒してみた
GNOME-flashback-panel + AWN にて Unity 風ルック
ZorinOS9_Unity_look.jpg
まぁ、コレはありがちなパターン?

で、「あれ? flashback があるなら、GNOME-shell では?」って思った
ZorinOS9_GNOME_shell.jpg

もう一体何環境なんだか、よく判らない感じに
ZorinOS9_GNOME_Activities.jpg

この GNOME-shell 上で、ふと気付いたのがコレ
detail_ZorinOS9_B.jpg
Zorin OS って、なんか不思議な造りだなぁ


○偽 Zorin OS 9 Lite = LXDE ( Openbox ) 環境の構成
sysinfo_ZorinOS9_LXDE.jpg

最後に、軽量・シンプル版の Zorin Lite を擬似構成。
端末にて
 code:
sudo apt-get install lxde

あとは、ログアウト→ LXDE セッションでログインするだけ。
ZorinOS9_LXDE_Desktop.jpg

なお初回起動時は、AWN ないし GNOME-panel も同時起動してると思います
ここは:メニュー>設定>デスクトップセッションの設定
にて、autostart 内容を変更(任意に停止設定)すればオッケーです。

それと、テーマ等 LXDE 環境上の外観設定は、以下から。
「ルックアンドフィールを設定します」と
「 Openbox 設定マネージャ( Openbox Configuration Manager )」

描画負荷の低減等、が主目的だと思いますが
sysmon_ZorinOS9_LXDE_idle.jpg
RAM 消費量も、ガッチリ低減っす。(=簡易構成なので、Lubuntu より軽い)

ちなみに、同環境では Cairo-Dock 等が背景透過しませんが...
以下導入で(描画は軽いまま)透過させることも可能です。
 code:
sudo apt-get install compton

ZorinOS9_LXDE_Dock_composite.jpg

以前は Xcompmgr でしたが、最近はフォーク版のコッチが流行りみたい。
ただ compton だと、起動時に「黒帯が出る」短所はあるかも。


ともあれ Zorin OS core 9 の美点は
「アレコレ弄れて、初期機能も充実(=追加導入の手間が少ない)」

逆に注意点は
「現行標準的な機能満載=旧式 or 低スペック PC では、実用稼働不可」
でしょうかね。

なお、この動作要件を Linux 界隈では「重い」と表現しがちですが...
本来はコレが「普通」であって、決して「重い」訳じゃありませんよ。

Ubuntu-Unity や Zorin OS 9 が重い
それって、もうタブレットに劣る性能領域。 実用 PC としてギリっしょ?


ボーナス商戦かな? RAM 価格も結構下がってますよ。
GIGABYTE マザーボード Intel H81 LGA1150 Micro ATX  GA-H81M-DS2V
日本ギガバイト (2013-12-06)
売り上げランキング: 3,850
スポンサーサイト

«  | HOME |  »