2014
09
25

Opera beta 25 for Ubuntu ( .deb ) が出てた

Opera_beta_25_release.jpg

先週から Opera beta 25 が出てたので、試用してみました。

3 ヶ月前の Developer 版の試用では、その内容に失望してましたが...

ただコレには、誤認を招きやすい Opera 開発版の独特な呼称もありまして
『 Developer → NEXT → Beta 』 全てが開発版だったんですよね。
(一般的には「 α → β1 → β2 」とか「 alternate 」に相当するかと)

↑※追記修正: ver 25 が正式版になるとは限らず、次は 26 Developer みたい↓
という訳で今回の「 Beta 」が、正式リリースの直近候補版になるようです。

で、先に結論言っちゃうと、現時点でもほぼ問題なく使える感じ。

Developer でダメだった周辺枠の感知領域も改善、基本動作も問題なし。
まぁ基礎は Chrome と共通なので、動作感も近似、拡張の互換もありです。

○ Opera Beta 25 の入手

Opera beta
http://www.opera.com/ja/computer/beta

※注:同バイナリパッケージは『 .deb 形式』= Ubuntu など向け。
一応原則としては、動作対象『 Ubuntu 64bit Unity デスクトップのみ』かと。

※備考: Opera 12.16 for Linux (旧版 Chromium ベース)は以下
http://www.opera.com/download/guide/?os=linux


○動作の確認環境

動作 PC
M/B :Intel DH61BE
CPU :Core i5-2500T(ES)
GPU :nVIDIA GT520
RAM :8GB / HDD :WD1602ABYS(160GB)

稼働環境
Ubuntu 12.04.5 及び Ubuntu 14.04.1 の Unity デスクトップ


○ ubuntu 12.04 系と 14.04 系での外観差異とか
もちろん基本の動作は同一ですが、外観には少し差異があります。

Ubuntu 12.04 系での表示
Opera_beta25_Precise.jpg
従来 UI = Metacity 部あり、またタブ位置の左端にメニュー・ボタン(赤枠)


Ubuntu 14.04 系での表示
Opera_beta25_Trusty.jpg
同 Unity の UI = GTK+ テーマのみ、Metacity によるトップバー等は廃止
ここでもし Unity 「グローバル・メニュー」無効だと、メニューは水色枠位置へ

この点はカーソルのポイントで表示ですが、タイトル位置と見事にダブります
file_Opera_beta25_Trusty.jpg


なお 12.04 系でのメニュー表示は、全項目がプルダウンなのでこんな感じ
file_Opera_beta25_Precise.jpg


ところで、同系(?) Google Chrome の UI は、よりスマートなデザイン解決

Ubuntu 14.04 系での Google Chrome
Appearance_Chrome_Trusty.jpg
操作ボタン類は、全て Chrome の UI 内= Unity の UI 則には影響されない

比較:同環境上の Opera beta 25
Appearance_Opera_beta25_Trusty.jpg


そして Ubuntu 12.04 系での Google Chrome
Appearance_Chrome_Precise.jpg
こちらも Chrome の UI デザインにて完結= Metasity 装飾とか関係なし
う〜ん、Opera も同系 UI にすりゃ、ずっとスマートだったのにぃ


ついでに言うと、Opera ではテーマ変更⇒起動時サイズに影響アリを確認。
⇒終了時ユーザ規定のサイズで起動できず、こっちもスマートじゃない。

※↑追記修正:標準テーマでも、ユーザ設定サイズでは起動不可


○最新系 Opera は、旧世代・低スペック PC では使えないかも
動作の確認中
「コレ、ほぼ Chrome じゃね?」⇒「ってことは、結構重い(リスース消費大)よね?」
( Chrome =単タブ描画は軽快だが、稼働消費は Firefox より遥かに重い)
と思って Firefox , Chrome と比較したら・・・ちょっとビックリ。

ま、まぁ開発版だし、あんまりだったので、あえて検証画像等は伏せます。
大雑把に書けば、つべの動画再生にて RAM 消費量
Firefox < Chrome ( Firefox の 1.5 〜 2倍)≦ Opera beta 25

ちなみに CPU 利用率も、Firefox の 2 倍強(これは Chrome も同じ)です。
あぁそれと、比較の Firefox は私の常用環境なので、拡張 16 個入り。
より公正な比較をしちゃうと、もっと大きな差がつくかも。

本来の動作速度を期待するなら「空き RAM 500MB 以上」が「必須」。
複数タブでバリバリ使う気なら「空き RAM 1GB 以上」も大袈裟じゃない。
CPU 性能(世代)的にも、Core i の 2GHz 超相当が推奨でしょう。


でもまぁ、動作対象は 64bit 版 Unity なので、イマドキ相応のスペックかな?
検証 PC でも「重い」とか一切感じませんが、CPU ファンは唸ってました。

おおよそ Opera ≒ Chrome っぽいので、この点は安定版 Opera でも....
えぇっと、あとは察してくれ。


○ Linux 版 Opera の意義
じゃあ Opera には存在意義が薄いかってぇと、そうでもない。
Google Chrome 同等・拡張互換ってことは、逆に同代替として価値大。
私なら、そう考えますかね。

そもそも Linux 版 Chrome には
機能競合があり 『マウスゼスチャー不可(拡張で回避は可)』 という問題アリ。
また、更新などで頻繁に動作問題が発生という、地味にメンドイ傾向も。

今は「 Opera For Linux 」ではなく「 Ubuntu 特化の UI 違い Chrome 」
と捉えれば、 Chrome での動作問題を全解決する、同系のブラウザかと。

まぁ要求スペックなんて、時間(標準 PC 性能)が解決するでしょう。
あるいは Opera mini のような軽量版が派生かも?
正式版では、さらなる独自機能も拡充と期待しますし、他ディストロにも対応とか?



今年は海自が 50 周年。
でも思い出したら、空自と陸自のカレーしか食ったことがない・・・次は海自のを。

海自レシピ お艦(かん)の味 元気が出る! 安くて美味しい力めし
小学館出版局 海上自衛隊 防衛省海上幕僚監部=
小学館
売り上げランキング: 207,870
スポンサーサイト

«  | HOME |  »