2015
01
22

Fedora 21 Workstation - Cinnamon の巻


Fedora21_Workstation_Cinnamon.jpg

GNOME 環境な f21 Workstation を、Cinnamon 既定にします。

えぇっと、過去記事ともダブりますが、まぁ本来 Cinnamon は GNOME 系。
また前記事、私怨アリアリ な GNOME 批判からも、お察し下さい
と言う訳で、Cinnamon 置換+ GNOME 完全削除までヤッちまいました。

標準だと思って、うっかり Workstation 入れちまったが、使い辛い。
Spin の MATE や Xfce も好きじゃないが、とにかく GNOME はイヤ。

そんな貴方にイチバンのお勧め、トゥルー・ライト・・・(アレ、胡散臭い


○ Fedora パッケージ Cinnamon の概要
パッケージ= Fedora Project、リポジトリ= Fedora Update 提供です。
参考: Fedora packages Cinnamon
https://apps.fedoraproject.org/packages/cinnamon


○ Cinnamon 環境を導入
サクッとコマンドにて。
 code:
sudo yum -y install cinnamon

sysinfo_fedora21_workstation_Cinnamon.jpg
※備考
追加 Cinnamon は GNOME 機能と置換なので、特に追加設定の必要無し。
ただし Nemo 拡張が必要なら、別途に追加のこと。


○ ibus-anthy の導入と設定
取り敢えず、既定の「かな漢字( kkc )」より、Anthy が無難かなと。
 code:
sudo yum -y install ibus-anthy

 ▽ IBus の設定
GNOME 環境では「 IBus の設定」が非表示なんで、以下から
 code:
ibus-setup

ただ anthy は既定に「半角/全角」キーも含まれるんで、設定要らずかも?

 ▽ ibus-anthy アイコンの改訂
過去記事で mozc アイコンの流用例を書きましたが、今回はバージョンアップ!
Cinnamon は通知領域アイコンが小さいので、枠の全域表示用に描きました。
ibus_anthy.png

超テキトーに描いたモノですが、気に入れば、利用は自由です。
なんか svg → png 化→アップ用に縮小したら、丸角が荒れましたが・・・
どうせ 23px とかの表示なんで、見えないかと。

コレを shutter
 code:
sudo yum -y install shutter
で「編集」>「ファイル(F)」>「SVG としてエクスポート(E)」
png_svg_change_shutter.jpg

すれば、自動で(外周とか修正されつつ) svg アイコンになります。

ファイル名: ibus-anthy とリネームし、以下と置換で表示可。
/usr/share/icons/hicolor/scalable/apps/ibus-anthy.svg

なお標準アイコンのバックアップ等は、自己判断にて。


○ GNOME 環境の削除
概要
GNOME = gdm 削除なので、代替 systemd 対応ディスプレー・マネージャ必須。
と言う訳で、まず lightdm 導入と置換を行い、次いで gdm を削除します。

注意事項
まず Cinnamon 稼働に際し、そもそも GNOME 削除は必須ではありません。
以下は任意の実行内容、また「転んでも泣かない子」向けになります。

あとぶっちゃけ、以下手順で初回成功→確認に再試行したら、結果が違うとかアリ。
そんなこんな「ざっくり言うと、こんな感じ」ということで。

 ▽lightdm と DM 置換パッケージの導入
 code:
sudo yum -y install lightdm
sudo yum -y install system-switch-displaymanager


 ▽ gdm サービス無効化と lightdm の有効化
 code:
sudo systemctl disable gdm.service
sudo systemctl enable lightdm.service
sudo systemctl start lightdm


※注:ここで数秒、画面が落ちます⇔再表示しなければ Ctrl+Alt+Del キーを
⇨画面が再表示されない= start lightdm に失敗しています。

 ▽補足:サービス稼働状況の確認
 code:
sudo systemctl status lightdm.service

systemctl_status_lightdm.jpg
たぶん、こうなってる・・・ハズ
いや、fault でも良いさ、もう気にするな。


 ▽ディスプレー・マネージャを lightdm に切り替え、gdm 停止
 code:
sudo system-switch-displaymanager lightdm
sudo systemctl stop gdm


※注: gdm = GNOME デスクトップなんで、画面が落ち、自動で再起動。
⇨次起動で lightdm どころか「 cui ログイン画面」が出た場合
 code:
sudo lightdm(自ユーザで cui ログイン後)

※備考
荒技で良いなら
lightdm 導入+サービス有効化→再起動+ cui ログインで、上記って手も。

 ▽ GNOME 環境の全削除
上記手順により、lightdm ログイン済みの前提で、以下実行。
 code:
sudo yum erase gdm

※備考
上記で依存 gnome-shell や nautilus 等、GNOME 環境が全削除に。
訂正: nautilus と gnome-desktop は、要別途に削除でした。
非依存の「ソフトウェア( gnome-software )」とかは、別途に削除。
最後に sudo yum autoremove とか。


 ▽ lightdm-gtk3-greeter =ログオン画面の意匠を編集 (任意、参考)
 code:
sudo gedit /etc/lightdm/lightdm-gtk-greeter.conf

[greeter] 以下、文頭のコメントアウト(#)は取って、記述編集・保存します。
 設定例(例では壁紙、フォントを事前導入)
login_lightdm_workstation.jpg

[greeter]
background=/usr/share/backgrounds/Snowflakes.jpg
theme-name=Greybird
font-name=MMCegar P 11
xft-antialias=true
xft-dpi=96
xft-hintstyle=slight
xft-rgba=rgb
show-indicators=~session;~power
show-clock=true
clock-format=%B%e日 (%a) %R


※参考:上記で /usr/share/backgrounds/ に追加した壁紙
7-themes.com 様より "Snowflakes Falling Wallpaper"
http://7-themes.com/data_images/out/12/6810120-snowflakes-falling-wallpaper.jpg


○その他、補足
やっぱソフトウェア導入・削除の管理は Yum Extender が明解
 code:
sudo yum -y install yumex

逆に動作イマイチ、yumex ともシステム競合?する「ソフトウェア」は削除推奨。
 code:
sudo yum -y erase gnome-software


やっぱり同系ベースだから? Xfce ベースへの追加より、明瞭で完調かも。
これで貴方も快適な " Twenty One " ライフへ!


Linux 機 DVD ドライブのトレー開が不調、だが今更 DVD-multiは・・・
スポンサーサイト

«  | HOME |  »