2015
02
10

Fedora 20 nVIDIA 環境: kernel 3.18.5 更新から、X 起動出来ない件

Fedora20_kmod_nvidia_booting.png

Fedora 20 nVIDIA 環境で、先日の更新から X 起動出来ない場合の対応です。

私が確認したのは 9 日(月)朝でしたが、もしかすると前日の日曜からかな?
全てで発生か?存じませんが、Fedora 20 64bit の kmod-nvidia 環境にて
yum update = kernel 3.18.5 その他の更新以降、X 起動しませんね。

コレ、前 kernel 3.17.8 起動からなら yumex で修正可ですが・・・
旧カーネル削除済みだと、エラいことに?と思い、対処書いてみます。

あぁ、御託は良いから結論はよ、ですか。
☆先ずは、cui ログイン
カーソル点滅画面:「 Ctrl + Alt + F4 」キー⇒ユーザ名・パス入力にて

☆次いで、長いケド以下を・・・手入力
 code:
sudo yum update (一応、念の為)
sudo yum erase xorg-x11-drv-nvidia-340xx-libs-340.65-4.fc20.x86_64
sudo yum install kmod-nvidia-3.18.5-101.fc20.x86_64−331.113−1.fc20
sudo reboot


で、X 起動しましたよね?
私は 3.17.8 上から yumex で修正したので・・・
いや、合ってるハズ、たぶん。

なお 340xx-340.65 の drv-libs 削除なんで、以後同系は要任意設定かも。
ただ、現時点の Testing は kmod-nvidia-340xx-340.76-1.fc20.4
同対応カーネルは 3.18.6 に移ってます。

え? yumex だと、どうやるのかって?
え〜と、見れば判ります。「 kmod-nvidia 」検索、結構下の方です。
実はキャプチャーしてたんですが・・・編集で間違って削除しちゃって。


※ 2/13 日付け追記:コマンド typo 修正と、次更新エラーへの対策
※お知らせ:本環境 Fedora 21 移行につき、今後 f20 対象記事は書けません。


※追記ここから
上記対応後、以下の次更新エラーが出ました。
yumex の場合
kmod_nvidia_3_18_6.jpg

端末の場合
update_error_kernel3_18_6.jpg
でもコレ、更新問題が出た日付のだし、(その時点では) Testing 内容。
2/8 日付け
kmod-nvidia-331.113-1.fc20.4
kmod-nvidia-3.18.6-100.fc20.x86_64-331.113-1.fc20.4

そもそも初期問題を含め、この辺が更新に出現すること自体がヘン。
ところで f20 の余命はあと半年、稼働なら無視で可とも感じますが・・・
まっ、スッキリしないのも確か。
取り敢えず、以下の順 rpm ローカル・インストールにて解消させました。

kernel-headers-3.18.6-100.fc20.x86_64
kernel-3.18.6-100.fc20.x86_64
kernel-tools-libs-3.18.6-100.fc20.x86_64
kmod-nvidia-3.18.6-100.fc20.x86_64-331.113-1.fc20.4.x86_64

⇒依存関係で以下も導入されます
kmod-nvidia-331.113-1.fc20.4.x86_64

sysinfo_kernel3_18_6_fc20.jpg
※追記ここまで

※追々記
2/18 深夜、3.17.8 での同様ケースを確認。
上記同様に、以下から拾って下さい(コマンドだと、どの順か?良く知らないんで)
koji : kernel-3.18.7-100.fc20
http://koji.fedoraproject.org/koji/buildinfo?buildID=610521
ちなみに同 kmod-nvidia は、現時点まだ Testing です。
えぇっと、次は書きませんね。
※追々記ここまで

○起因とか、対策内容とか
直接起因は、単純に RPM-Fusion 側での配信ミスじゃないかな。
発生の晩に確認した時は、もう 340.65-4 自体が消えてたし。
ただ、ごく一時的なもの?現在は修正済? その辺は不詳でっす。

要因: FedUp 対策で kernel 3.17.8 から?
 x11-drv-libs が、nvidia-331 / 340xx-340.6x 互換だったらしい。
kmod_nvidia_3_18_5_yumex.jpg

kernel 3.17.8 の GUI 稼働でも、まんま nvidia-331 じゃない。
たまたま残してた kernel 3.17.7 (緑文字)では、従来通りの適用。

動作意図は 331 系と互換しつつ、新 340xx 系へ更新対応、のハズだった。
でも kernel 3.18.5 更新では、f21 と同じ 340.7x 系 libs へ変更された?
⇒結果的に x11-drv-nvidia-libs が競合=「 X 起動せず」っぽい。

要するに 340.6x 互換 x11-drv-nvidia だと、従来 331.113 起動不可。
なんで、一旦 xorg 〜 331.113 もろとも削除、331 系を再導入してます。
え 340.7x 系は動くのかって? んにゃ存じません、是非ご自身でどうぞ。

ところで、(昨晩の)海外の掲示板でも、ほんの「数時間前」記載で
「 Fedup したら起動しねぇよ ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン 」なってました。

私もね、確か yumex 更新直後 xorg-x11 〜に再更新⇒エラーで未完。
多少不審に思い、ググって rpm 導入を試みたけど、やはりエラー。
「よし、ここは(メンドイし) akmod を信じよう!」⇒再起動で轟沈。

今週の教訓
旧系カーネルも、次更新までは残しておこう



ちなみに現時点の kmod-nvidia-340xx-340.76 系対応をググると
kmod_nvidia340xx_f20Testing_f21update.jpg
「 f20:340.76= Testing 」⇔「 f21:340.76 = Update 」

なお同 Testing updates は、既に 3.18.6 移行してますが・・・
kmod_nvidia3_18_5_340_76_Testing.jpg

ってな感じなんで、数日か?数週間か?は判りませんが、じき対応でしょう。
それまでは、従来通りな kmod-nvidia-331.113 稼働で良いかと。
ってか、最新系が使いたい= Testing か、f21 利用を。

そうそう、同「 340xx 」記載は、「 304 (旧レガシー系)」と錯誤なきよう。
同じくレガシー互換系にして、似たような字面だし。
ってか再確認したら、公式には 340xx 系って配布無いじゃん!

※ 2/17 部分追記修正



最新エントリー向け省電力、FAN レス、 HDMI 対応だと、クロシコじゃなくコッチ。
MSI N720-1GD3H/LP グラフィックスボード VD5461 N720-1GD3H/LP
MSI COMPUTER (2014-08-22)
売り上げランキング: 15,755
スポンサーサイト

«  | HOME |  »