FC2ブログ
2015
02
14

Ubuntu nVIDIA 環境での kernel 3.19.x 適用

sysinfo_kernel319_ubuntu.jpg

ubuntu 14.04 系+ nVIDIA 環境での、kernel 3.19.x 適用手法です。
kernel 3.19.x 初見対応の方の為に再掲ですが、内容は前記事と同様

ざっくり言うと
現行世代は「仕様」で GPU ドライバ・モジュールのリビルドが不能。
よって、kernel 更新に際し同ドライバを一旦削除、再追加します。

なお、ubuntu 系= Linux Mint でも同様手順ですが・・・
同ドライバ削除手順が込み入ってるので、個人的には、非推奨かな。

※追記: kernel ver は 3.19.x 系を止め、次系「 4 」となりました。
今後の参照には、以下読み替えて下さい。

4/30 追記改定
何時の時点( kernel 3.19.x )か判りませんが、同問題は修正済です。
無論、kernel 4.x 系でも、適用問題なし。

○対象の動作環境
Ubuntu 14.04 系ディストロ + nvidia-3xx ドライバでの稼働
同上環境に対する、ubuntu mainline kernel 3.19.x の適用時


○ kernel 3.19.0 での問題点
起動時に「 ACPI PCC Probe Failed 」エラーを確認。

主な影響点は、キーボード=ホットキーのドライバ等。
参考: LWN.net ACPI Platform Communication Channel driver
http://lwn.net/Articles/602473/

基本的な PC 構成・動作では、通常深刻な影響なし。
ただノート PC 等で同機能が必須なら、現時点は避けた方が無難。
恐らくは、今後にパッチ or 修正があるかと。


○コマンド(端末)での適用法
以下 64bit 対象にて、32bit では「 amd64 」記述を「 i386 」へ。

なお、3.19.x 最新・別種 kernel については、以下を参照のこと。
Ubuntu kernel Mainline
http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/

 code:
wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.19-vivid/linux-headers-3.19.0-031900-generic_3.19.0-031900.201502091451_amd64.deb

wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.19-vivid/linux-headers-3.19.0-031900_3.19.0-031900.201502091451_all.deb

wget http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v3.19-vivid/linux-image-3.19.0-031900-generic_3.19.0-031900.201502091451_amd64.deb


sudo apt-get purge nvidia* 
#端末表示に応じ、適時 sudo apt-get autoremove

sudo dpkg -i linux-*.deb 
sudo reboot


sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade


sudo apt-get install nvidia-346 
sudo reboot


★ kernel 3.19.0 適用後のトラブル等で、削除したい場合
 code:
sudo apt-get remove linux-headers-3.19.0-031900-generic linux-image-3.19.0-031900-generic


備考:デュアル・ブート等から、別途 GRUB 更新が必須の場合
 code:
# Ubuntu 系や Arch 系のブートローダー更新
sudo update-grub

# Redhat 系でのブートローダー更新
sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg


お疲れ様でした。
nVIDIA_Settings_kernel319_ubuntu.jpg

なお前述のように、Linux Mint だと「同様手順だけ」では問題発生の場合アリ。
sysinfo_kernel319_ubuntu_Cinnamon.jpg
最新カーネル稼働を欲するなら、ubuntu + Cinnamon や、MATE-Remix を。
sysdetail_kernel319_ubuntu_Cinnamon.jpg



用途を判断でき、使いこなせれば「最強モバイル」とも高評価の製品。
コレの後継 R80TA-7340S が、約半額の市価 2.5 万円前後と発表になっています。
今後「新しいモデルがあります」等で探してみると良いかも?
スポンサーサイト

«  | HOME |  »