2015
06
08

Cyberfox for Linux 64bit を使ってみた

Cyberfox38-0-5_for_Linuxx86_64.jpg

Mozilla-Firefox 派生ビルドのブラウザ、Cyberfox を試用してみました。

きっかけは偶然に更新ニュースを見ただけで、実は良く存じません。
Windows 版だと Intel / AMD 最適化の 64bit ビルド=高速動作がウリみたい。
以前は Pale Moon , Waterfox 等と競合 ⇨ 今や一歩抜きん出た存在らしい。

で、先に結論。 コレ、結構良いんじゃないでしょうか。

Linux 版も本家より「軽快動作」、add-on 互換・概ね同様に使えます。
 ⇨同環境上に Firefox Cyberfox 共存可、プロファイル併用可
独自版としての造りは凝ってるし、使い易さも良好。
 ⇨本家版+独自の機能 add-on アリ、「概ね」動作問題ナシ

チョッと微妙な点:常に要・手動更新です。

完全移行も十分に可能だけど、もし不安なら、併用もアリかと。
なお、試用の環境は Fedora 22 Xfce x86_64 (画像)上です。

○ Cyberfox for Linux x86_64 の入手
本家には Windows 版リンクしか存在しないので、以下から。
SorceForge : Cyberfox
http://sourceforge.net/projects/cyberfox/files/

Linux 版ブラウザで閲覧なら、トップに最新版表示みたい。
download_Cyberfox_for_Linux.jpg

※参考:開発元・本家サイト・トップ
https://8pecxstudios.com/


○導入手順
取りあえず、ダウンロードした tar.bz2 ファイルを展開。
「 Cyberfox-XX.Y.Z.en-US.linux-x86_64 」が、出現のハズ。

 ☆ Cyberfox パッケージの配置
同上フォルダ内(「 Cyberfox 」「 README 」が存在)で端末を開き
 code:
sudo mv Cyberfox /opt

※備考:Cyberfox 更新時
 code:
sudo rm -r /opt/Cyberfox
してから上記+日本語ランゲージ・パック再導入。
Cyberfox でこの記事を見ながら実行、最後に再起動で問題ナシ。

 ☆ Cyberfox をシステムへ登録
 code:
sudo ln -sf /opt/Cyberfox/Cyberfox /usr/bin/

 ☆ Cyberfox.desktop ( APP アイコン)の編集
次いで、デスクトップ・アイコンを作成
~/.local/share/applications にテキスト新規作成し、以下記述して保存。

#!/usr/bin/env xdg-open
[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Cyberfox
GenericName=Web Browser
GenericName[ja]=ウェブ・ブラウザ
Comment=Browse the Web
Comment[ja]=ウェブを閲覧します
Exec=Cyberfox %u
Icon=/opt/Cyberfox/browser/icons/mozicon128.png
Terminal=false
Type=Application
MimeType=text/html;text/xml;application/xhtml+xml;application/vnd.mozilla.xul+xml;text/mml;x-scheme-handler/http;x-scheme-handler/https;
StartupNotify=true
Categories=Network;WebBrowser;
Keywords=web;browser;internet;
X-Desktop-File-Install-Version=0.22


最後にファイル名を「 Cyberfox.desktop 」へ変更。

 ☆ 起動テスト&メニュー登録
 code:
Cyberfox

起動初期はインポート・ウィザードなので、必要に応じ選択。
Cyberfox_Import-Wizard.jpg

標準 UI はスクエア・タブなど、少し以前の形式ですね。
Cyberfox64_forLinux_StartPage.jpg

 ☆日本語化
「英語版のみ」なんで、まず以下リンクから言語パックを導入。
SorceForge : Cyberfox > Language Packs
http://sourceforge.net/projects/cyberfox/files/Language%20Packs/

sourceforge_ja-xpi.jpg
jp.xpi (日本語・言語パック)を導入、設定します。

この際のリード・タイムは十秒近く、その他ほぼ全面広告なので、冷静に。
install_ja-xpi.jpg

あとはブラウザ再起動で基本は日本語化なんだけど、以下補足。

ツールバー・カスタマイズの要領で右クリック ⇨ About:Config
Cyberfox_About-Config.jpg

general.useragent.locale 」と検索
general-useragent-locale_ja-JP.jpg
Value 項をダブルクリック ⇨ 「 en-US 」を「 ja-JP 」へ

次いで「 intl.accept_languages 」と検索
set_intl-accept_language.jpg
同上「 en-us, en 」を「 ja, en-us 」へ

※備考
ja, en-us, en 」が定石(本家設定も)なんだけど、少し割愛。
intl-accept_languages_ja_en-us.jpg
web 表示言語優先度:日本語 100 , 合衆国英語 50 の意

コレ、単に「 ja 」でも可、無ければサイト規定の言語で表示されるだけ。
intl-accept_languages_only-ja.jpg
もし問題が発生するとしたら、オカシイのはサーバ側の設定。


何れにしろ、日本語の有効化には Cyberfox を再起動。
restart-Cyberfox.jpg
 Cyberfox では独自 add-on が規定済み、メニューにあります。


○機能・動作関係について
Cyberfox では、本家との相違を補う・独自設定として、複数機能を内包。
customize-Cyberfox38-0-5.jpg
画像は「 Customize Cyberfox 」

全検証には程遠いけど、ざっと本家 add-on 追加=導入・動作に問題ナシ。
add-on_manager_Cyberfox38-0-5.jpg

「 Flash-plugin ( linux-11.2 系)」=任意設定なしで稼働。
plug-in_manager_Cyberfox38-0-5.jpg
※備考:pepper flash 利用などの際は以下で反映
 code
ln -s /lib64/mozilla/plugins /home/ユーザ名/.mozilla/

ユーザ・プロファイルは ~/.8pecxstudios 下にあります。
user-profile_Cyberfox.jpg


○確認した動作の美点と問題
ほんの数日試用なんで、細かい点は判りませんが、以下を確認。
なお基本は、Firefox と同様(↔ Chrome の方が高速だが、負荷的には重い)

 ☆美点
Firefox だと極端に重くなる= Flash , Javascript の多重読み込み
 著名例 amazon.co.jp ⇨ 多少「引っ掛かり」はあるが、大幅に改善
コレ、導入 add-on ( javascript 系)も関係しますが、同稼働でも良好。

上(改訂)記述の通り本家版と大差なく、同改訂します。

 ☆問題点
ブラウザ・クラッシュ後、自動で再起動(問題点の表示)しない。
Firefox でクラッシュを確認した動画再生ページで確認。
クラッシュしっぱなしで、例の「申し訳ありません~」表示せず。


○更新について
Notes_Cyberfox-update.jpg
早速の更新で気付きました・・・コレ任意の手動更新のみ、ですねぇ。
『更新版+ jp.xpi を都度 DL 適用』し、ブラウザ再起動になります。

または /opt を管理者権限で開き、展開の新版をフォルダごと D&D する。
或いは一旦削除し、新版を改めて mv する。(個人設定には影響しない)

と言う訳で、削除法も追記しときます。
「削除」
 code:
sudo rm -r /opt/Cyberfox

う~ん、素早い対応は良いけど、正直メンドイかなぁ・・・。


○まとめ
んまぁ少し問題もあるけど、特性を Mod-Firefox と理解なら、十分有用。
同理解なら Firefox 併用より、移行(プロファイルで戻せる)対象かな。
Firefox だと問題がある= Chrome で代替+ Cyberfox 併用が、明解かと。

※ 6/10 :更新法の追記、初期動作問題の解消に伴い、一部改訂
※ 6/11 :本家版との動作比較継続から、評価を全面改訂
※ 7/4 :更新方法について、簡略化改訂


050 plus とかに比べるとかなり用途限定だけど、解って使うなら、この手もアリ。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »