2015
11
05

Fedora 23 Xfce の初期設定メモ

Fedora23-Xfce_desktop.jpg

昨日リリース(されたらしい) Fedora 23 Spins Xfce の設定とか。
なお個人的な移行検証・新規構築のメモ書き程度にて、ざっとだけ。
ってか、殆どは F22 でやってた事が通用するかと。

なお、リリース後しばらく公式から落とせない状況が続きましたが・・・
このファイル名ってさ、先月末の(俗に)Beta10 と呼ばれたヤツじゃ?
で、私がテストしたのもソレなんで、そのまま暫定で書いときます。

と言う訳で、今後注釈なく漸次改訂しますよ。

ちなみに、通例だと二週間前後は初期バグで安定動作しません。
実用性を求めるなら、更新や新規インストールは年末あたりからを推奨。
現時点の安定版は F22 ( F24 登場期までサポート)認識で良いかと。

 ○初期雑感
sysinfo_Fedora23Xfce.jpg

取りあえず F22 より初期バグ多数でうんざり。
あと GNOME 3.18 から「また」 GTK 形式他が変更っぽい。
(避けられないケド)「諸悪の根源は GNOME 」とか八つ当たりしとく。
DNF で Fedup サポートになったから、次は普通にアップグレードかな。
Spin Cinnamon は朗報、「 Mint で良くね?」とは言わないでおこう。


 ○日本語入力システムの設定
嗜好や必須機能もあるだろうから、各自で選んで下さいな。
mozc が普通に使えりゃ十分なんだけど、linux 界にそうした回答は無い。
なお openSUSE 版の fcitx-mozc 利用法は、次記事に記載

ibus-mozc =相変わらず「 A あ」入力切り替えに難点アリ。
ibus-anthy =アイコン挙動変更にて、今回は fcitx-anthy にした。

 code:
sudo dnf install -y fcitx fcitx-anthy fcitx-configtool

あとは標準「入力メソッドのセレクター」で変えるだけ。
IM-selector_F23.jpg

なお、以下サイトに有志作成の辞書パッチ(要コンパイル)が存在。
一応最新版で紹介しますが、少し過去版の方が辞書としては良好かも?

私が作った/改造した、ジャンクな物( G-HAL さま)
http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/soft/nosettle/#anthy_patch13-release

なお TokyoCabinet 導入可ですが、コンパイル上は非対応でした。
良く解らんけど同梱ドキュメント通りに、以下オプションで無効化。
 code:
./configure -disable-tokyocabinet


 ○ HOME フォルダ名の英語化
必須じゃないが、端末多用ならメンドイことになる。
あと改名=中身も消失だから、やるなら最初期に、かつ root でも。
 code:
LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
⇨「尋ねない(下部・英語記載)」チェック+「更新」クリック


 ○ RPM Fusion リポジトリの導入

Fedora では必須かと。
 code:
sudo dnf -y install http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-23.noarch.rpm http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-23.noarch.rpm

 ※備考
nvidia 系ドライバ= RPM Fusion 版は、現時点非対応です。
追記:11月末頃から対応したようです。
なお negativo17 (fedora-nvidia) 版の導入法は別記事に。
Fedora 23 : 最新系 nVIDIA ドライバを適用する
http://laniusbucephalus.blog49.fc2.com/blog-entry-560.html


 ○ Handbrake 導入と、DVD 読み込み対策
この辺は個々人での PC 用途によるでしょう。
 code:
sudo dnf config-manager --add-repo=http://negativo17.org/repos/fedora-handbrake.repo
sudo dnf -y install HandBrake-gui libdvdcss
sudo dnf -y update


参照: negativo17.org Handbrake
http://negativo17.org/handbrake/


 ○ 汎用アプリ等の導入
誰かに向けた内容ではないので、文字列見て内容判断して下さい。
 code:
sudo dnf upgrade
sudo dnf -y install alacarte beesu bleachbit cairo-dock dconf-editor eog exfat-utils ffmpegthumbnailer fuse-dislocker fuse-exfat gedit gnome-screenshot gnome-system-monitor libva-vdpau-driver mesa-vdpau-drivers p7zip pinta shutter simple-mtpfs smplayer thunderbird vlc wine xulrunner


マルチメディア系(オマジナイ程度、無くても支障ないかな?)
sudo dnf -y install gstreamer-plugins-bad gstreamer-plugins-bad-nonfree gstreamer-plugins-ugly gstreamer1-plugins-ugly gstreamer-plugins-bad-nonfree gstreamer1-plugins-bad-freeworld


 ○ 32bit アプリ動作対策( deb 系での旧「 ia32-libs 」相当)
詳細割愛、見ての通りのコピペ用。
汎用な構成
 code:
sudo dnf install -y alsa-plugins-pulseaudio.i686 dbus-libs.i686 gtk2-engines.i686 gtk-murrine-engine.i686 libcanberra.i686 libcanberra-gtk2.i686 libxslt.i686 libXv.i686 nspluginwrapper.i686 pango.i686 redhat-lsb.i686 xulrunner.i686

開発向き構成
 code:
sudo dnf install -y compat-expat1.i686 compat-libstdc++-33.i686 fltk.i686 freeglut.i686
imlib2.i686 lesstif.i686 libacl.i686 libao.i686 libcanberra-devel.i686 libgnomecanvas.i686 libsigc++20.i686 libusb.i686 libwmf.i686 libwmf-lite.i686 libXaw.i686 libXdmcp.i686 libxkbfile.i686 libXp.i686 libXScrnSaver.i686 lzo.i686 nas-libs.i686 PackageKit-gtk3-module.i686 pkgconfig.i686 popt.i686 pulseaudio-libs-glib2.i686 SDL.i686 libdbusmenu.i686


ソースビルド用のライブラリ群
gcc
 code:
sudo dnf -y install compat-libstdc++-33 gcc gcc-c++ gcc-objc gcc-objc++ gcc-python-plugin-c-api gtkmm30-devel lapack libgcc libgcc.i686 libgomp libquadmath libstdc++ libstdc++.i686 mcpp

PYTHON3
 code:
sudo dnf -y install python3-distutils-extra intltool python3-psutil
 ※ 備考
開発ライブラリ群は、以下で一括導入も可。
 code:
sudo dnf -y groupinstall "Development Tools"
ただ、私には不要が多過ぎ(上記でも十分デカい)で、使わない派。


 ○ Nemo 導入
Thunar 拡張設定メンドイ・挙動イマイチなんで、Nemo 追加して併用。
 code:
sudo dnf -y install nemo nemo-fileroller nemo-dropbox

 △動作対策 (デスクトップ挙動・アイコン描画がダブる)
Nemo = Cinnamon 系アイコン動作を止める
 code:
gsettings set org.nemo.desktop show-desktop-icons false

戻す= Cinnamon 系アイコン動作をさせる場合
 code:
gsettings set org.nemo.desktop show-desktop-icons true

 △動作対策: 「端末を開く」で xfce4-terminal 起動
 code:
gsettings set org.cinnamon.desktop.default-applications.terminal exec xfce4-terminal

 △動作対策: Cairo-dock 等からデフォルト・アプリとして起動
default-app_Nemo.jpg
~/.local/share/applications/mimeapps.list に以下記載・保存する。
[Default Applications]
inode/directory=nemo.desktop


※備考 1
ここも root で同設定しないと、昇格動作時に挙動が異なる。
※備考 2
動画サムネイル=「設定」>「プレビュー」>「最大サイズ」依存。
要 ffmpegthumbnailer で、nemo 表示すれば Thunar でも出る。


 ○本家 Firefox の導入
更新が鈍い等から、私は Fedora 版を使わない派。
Mozilla Firefox (環境別の各国言語版)
https://www.mozilla.org/ja/firefox/all/

上記公式から落として展開、opt ディレクトリへ。
 code:
sudo mv firefox /opt

システムへ登録
 code:
sudo ln -sf /opt/firefox/firefox /usr/bin/

Firefox.desktop ( APP アイコン)の編集
~/.local/share/applications(無いので作成)にテキスト作成
create_app-dir.jpg

ファイル名「 Firefox.desktop 」にて、以下記述して保存。

#!/usr/bin/env xdg-open
[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Firefox
GenericName=Web Browser
GenericName[ja]=ウェブ・ブラウザ
Comment=Browse the Web
Comment[ja]=ウェブを閲覧します
Exec=firefox %u
Icon=/opt/firefox/browser/icons/mozicon128.png
Terminal=false
Type=Application
MimeType=text/html;text/xml;application/xhtml+xml;application/vnd.mozilla.xul+xml;text/mml;x-scheme-handler/http;x-scheme-handler/https;
StartupNotify=true
Categories=Network;WebBrowser;
Keywords=web;browser;internet;
X-Desktop-File-Install-Version=0.22


設定完了したら、メニュー項目から一度起動しときます。
( .mozilla フォルダの作成を兼ねるため)

 ※メディア再生系プラグインの追加
☆ Flash ( PPAPI 系)
細かい点は過去記事参照
Fedora 22/23 : Firefox で最新 Flash( PPAPI ) を動かす
http://laniusbucephalus.blog49.fc2.com/blog-entry-550.html

で、やっぱメンドイので repo 追加+ dnf インストールします。
Fedora Koji (麹)より、RussianFedora を利用。
なお一部 RPM Fusion 系を上書き更新しますんで、承知置きのこと。
 code:
sudo dnf -y install http://mirror.yandex.ru/fedora/russianfedora/russianfedora/free/fedora/russianfedora-free-release-stable.noarch.rpm http://mirror.yandex.ru/fedora/russianfedora/russianfedora/nonfree/fedora/russianfedora-nonfree-release-stable.noarch.rpm

sudo dnf -y upgrade

sudo dnf -y install chromium-pepper-flash chromium-widevinecdm-plugin freshplayerplugin


パッケージ詳細は以下等を参照。
Koji infomation for freshplayerplugin
http://koji.russianfedora.pro/koji/packageinfo?packageID=134

Koji Information for package chromium-pepper-flash
http://koji.russianfedora.pro/koji/packageinfo?packageID=110

Firefox も NPAPI 廃止だが、Flash サポートだけは暫定で残すとか。
(確か上記手法は PPAPI 互換の NPAPI 動作だよね?)
と言う訳で、尚しばらくはコレ系で良いハズ。
なお実動作への反映(本家版 Firefox のみ)は、下記「備考 1 」にて。

 ☆ Windows Media plugin 他の、互換動作プラグイン
 code:
sudo dnf -y install gecko-mediaplayer

※備考 1
本家版 Firefox ( 64bit )でのプラグイン動作反映
 code
sudo ln -s /lib64/mozilla/plugins /home/ユーザ名/.mozilla/

※備考 2
Flash ローカルデータ( Flash クッキー)について
以下アクセスし、容量を拡大する
Flash Player ヘルプ グローバル記憶領域設定パネル
http://www.macromedia.com/support/documentation/jp/flashplayer/help/settings_manager03.html
⇨ Linux で flash コンテンツが重いのは、コレが主因。
「制限なし」等へ拡大し、中身は Firefox 拡張で管理のこと。

※備考 3
gecko-mediaplayer プラグインのうち、Real Player9 は常時無効を推奨
→ rpm をメディアファイルとして扱う場合がある(誤動作)を確認


 ○ Google Chrome の導入
普通に公式から rpm 落として入れるだけ。
もし更新で「公開鍵がねぇ」って言われたら以下。
 code:
sudo rpm --import https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

なお、プロファイルの引っ越しは以下へ
google-chrome_Profile.jpg
~/.config/google-chrome/default
公式によれば非推奨らしいけど、毎回やってる。

※備考
私には主用に値しないが、客観的に「単なる閲覧」用途なら良好とは思う。
Flash 利用= Chrome 、Firefox = Flash 不要の使い分けもアリ。
なお Chromium と同派生版は、もはや Chrome の代替足り得ないかと。


 ○外観・フォントなどの設定
この手は完全に各人の好み、変更・導入の必然ナッシング。
☆フォント
Google-roboto-fonts
 code:
sudo dnf -y install google-roboto-fonts

個人的に Fedora では、コレ使うのがデフォになってる。
何故か後継の Google-Noto / Adobe-source-sans より良好に感じる。
なお以前 OSS 版 Roboto も試したが、不思議とイマイチな気がした。

☆パネルアイテム「時計」の設定
タイムゾーン:Asia/Tokyo
外観:デジタル
ツールチップ:カスタム
%x %R %A

時計のオプション:カスタム
%b%e日(%a) %R


☆テーマ・カラーとパネルアイコン
標準、或いは明色系テーマに合うパネルアイコンにしてみた。

panel-icon.jpg
fcitx 標準は両対応しそうけど...ショボいので、変更した。

fcitx_IMicon.jpg

/usr/share/fcitx/skin(青枠)内の inactive 画像を任意変更する。
fcitx-skin-panelicon.jpg
なお標準 skin には三種あるので、常用のそれを変更のこと。

また同 imicon (上の赤枠)内のアイコン置換にて、入力切り替え時も変更。
fcitx-anthy_IMEicon.jpg


Lenovo の廉価 PC 、良く知らんが G40/50 系と基本構成は一緒みたい。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »