2016
02
08

Fedora 23 : Intel HD Graphics で Full RGB 表示させる

Black-Chart_RGB.jpg

HDMI 接続での Intel iGPU 描画を、PC モニター用に修正します。
雑に言うと「白っぽく」「深みがない」感じの描画になるバグですね。

例えば上画像の両脇縦バー( 3 本)が識別できないとか
或いは「 Intel の描画は薄っぺらい」えぇ、それ勘違いです。
コイツを適正描画となるよう、設定変更する方法を紹介します。

たぶん Linux 共通問題でしょうが、ユーザなんで Fedora 限定です。
ってか他ディストロだと、kernel とか導入から説明なんでメンドイ。
んまぁ至る状況・概要が解れば、他ディストロでも通用するでしょう。

えぇ、例によって環境移行での小ネタ第三弾でっす。
※ 2/13 追記改定:Xfce (lightdm) 向け設定を追記

○起因とか
F23 ではインストール時に何もせず Intel 公式ドライバが入ります。
 01.org NEWS&BLOG FEDORA*23USERS
https://01.org/linuxgraphics/blogs/thac0/2015/fedora-23-users-no-need-graphics-installer-1.2.1

ただし HDMI 接続の場合、TV 用の制限 RGB 階調になる問題アリ。

厳密にはコレ、HDMI「仕様」問題で「バグ」ではないんですけどね。
= HDMI 規定がそもそも TV 向け⇔ドライバ設定は同規定を順守

でも数年前から問題視されてるのに修正ナシ+ nVIDIA では起きない。
これらから「 Intel ドライバに固有のバグ」認識もあるみたいです。
ってか冒頭に挙げた勘違い等もあるだろうし、割と大きな問題かなと。


○対処
私もググっただけなんで、ざっくり結論からね。
基本 xrandr で設定変更しつつ、xprofile も新規作成するようです。
よく解ってないけど、どうも xprofile が無いと次起動で戻るっぽい。
(もしかすると、xprofile 作成+再ログインだけで良いかも?)

まずは、コマンド操作で自環境の HDMI ポート番号、他を確認。
 code:
xrandr --props
Terminal - fedora-23-003
(長いので、画像は中略しています)

ここで「 connected 」の HDMI 番号を覚えといて下さい。
ついで「 Broadcast RGB Automatic 」であることも確認。
(画像では設定変更済: もう「 Full 」になってます)

※備考
なお上記 HDMI 規定により「 Automatic 」=「 Limited 」です。
つまり設定上は正しいが、PC モニターでは描画に問題アリってこと。

あとはコマンド実行するだけなんで、先に ~/.xprofile を新規作成。
xprofile_RGB-Full_F23.jpg

ファイル名「 .xprofile 」に以下記述して保存。
xrandr --output HDMIx --set "Broadcast RGB" "Full"

※注:赤文字は上で確認した、自環境での HDMI 番号です!

最終的に、同上コマンドを実行して変更します。
なお画面が数秒ブラックアウトしますんで、慌てずに。
 code:
xrandr --output HDMIx --set "Broadcast RGB" "Full"

※注:赤文字は同上!


○ Xfce 環境向け+デスクトップ起動前に設定適用する
上記は基本を以下参照、GNOME 系環境では期待通りに動くようです。
ArchLinux wiki : xprofile
https://wiki.archlinux.org/index.php/Xprofile

ただし Xfce 環境では、反映されない(.xprofile 参照せず?)模様。
そこで.xprofile 設定は止め、lightdm.conf への編集設定を用います。
動作仕様上、ログオン画面から設定適用となるメリットもありますね。

具体的には、以下「xrandrによる設定を恒久化する」項を参照しました。
ubuntu Japanese Team Wiki:HowToChangeMonitorResolution
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Hardware/HowToChangeMonitorResolution#head-0d4e859dd6efff7dcd4616e1b86ac3a9a38c577a

要するに
/etc/lightdm 下に同上 xrandr 内容でのシェル作成
Broadcast-RGB_setup-sh_F23-Xfce.jpg
記述例)
#!/bin/sh
xrandr --output HDMI2 --set "Broadcast RGB" "Full"


なお、同シェルスクリプトへ実行権の付与も忘れずに!
chmod744_rgbsetup-sh_F23Xfce.jpg
GUI 操作上は、管理者権限で「プロパティ」>「パーミッション(タブ)」
「プログラムとして実行可能(E)」にチェックです。

lightdm.conf の [SeatDefault] 項に同シェル実行を記述します。
lightdm-conf_edit_F23Xfce.jpg

何通りかある+不詳なら端末実行すべきででない=コマンドは書きませんよ。
まぁ上リンク情報と画像見れば、ほぼ解る話だし。


お疲れーしたっ。
私は nVIDIA からの移行だったから、スグ気付いたけど・・・
コレ、知らないで使ってる人も多いんじゃないかなぁ?
01.org 版にも「コントロール・パネル」あったら明快なのにねぇ。

最近の Intel iGPU は恐ろしく進化してるんで、上手く使って下さい。


Win8.1/10 なら良いが、Linux には CPU 性能が低すぎると思う...
VP8 HW デコードなんで、Youtube はスペック以上に軽いハズ。
ちなみに Linux 対応は kernel 4.1 以降ね。
BIOSTAR Celeron N3150 CPUオンボード Mini ITX マザーボード N3150NH
BIOSTAR (2015-07-31)
売り上げランキング: 100,900
スポンサーサイト

«  | HOME |  »