2016
11
14

au GRATINA 4G (ガラホ)へ MNP した話

GRATINA4G.jpg
初代 MNP 利用層にとって、今は二年縛り明け(解除料なし)MNP の時期ですね。
かくいう私も料金割引が頭打ち、かつ 3G 端末だったので両刷新に移行しました。
「ガラケー更新期」もしくは「ガラホが気になる」方の参考になれば幸いです。

○「ガラホ」とは?
まず従来型「ガラケー」は随分前から開発終焉・随時改定のみ、というのが現実。
LTE 非対応など、数年後には 3G 通信と共に廃止が予見される内容となってます。

で、後継に Android 機材を「ガラケー仕様」へとカスタマイズした端末がコレ系。
ただ「ガラホ」は KDDI 商標に過ぎず、他社では新旧問わず「ケータイ」表記です。
(昨年から?各キャリアで「従来型」と「 Android カスタム版」ケータイを併売)

△メリット
 ガラケーの外観や操作仕様を踏襲しつつ、Android アプリも専用カスタマイズ。
  LTE/VoLTE はもちろん、Bluetooth ・ワンセグ・おサイフケータイなども対応。
 まぁ GRATINA 4G に限れば、在来ガラケーや近似性能スマホより安いのも魅力。

▼デメリット
 端末動作には必ずデータ通信が伴うため、考慮プランないし防止設定が必須。
 この点は Wi-Fi 回避を美点と捉えるか、不自由と感じるかにもよるでしょう。
 タッチ操作を旨とする Android ベースの為、ブラウザの一部操作は使い難い。
 また正式には Android 端末ではないので、Google Play 等も原則非対応です。

※備考
今、敢えてケータイ(ガラホ)利用するウラの意義
△ 大して親しくもない人からの「 Line いいですか?」など断りやすい

スマホやアプリ依存が強く、友人でもないのにやたら誘ってくる人っていません?
やがてこのやっかいも落ち着くとは思いますが、今効果的なのは「見せガラケー」。
なおガラホは「 Line 利用可」もウリですが「通話契約のみ」と言えば良いでしょう。


○移行での注意・留意点
上記デメリット記載に重複だけど「ダブル定額」データプランに要注意。
 ⇨ごく平凡な低頻度の利用でも、恐らくは上限額に達します

回避策は 4G データ通信の全停止&通信は自前の Wi-Fi のみで行う。
 ⇨「スーパーカケホ(ケータイ)」など新プランでは、コレ一択

もしくは、LTE NET を含むデータ通信契約そのものをしない。
 ⇨従来からの「 VK 」系プランであれば、通話のみ契約も可能

たぶん MNP 組には無関係だけど、au の一部在来サービスは利用できない。
 ⇨ 4GLTE 通信のみ=在来携帯向けサイト( EZWeb )閲覧不可

以下は、個人的な経験: Softbank から MNP 転出時のお話です。
▼ My Softbank には MNP 予約番号取得の方法が無い
要するにネット手続き不可で、電話もしくはショップに出向くしかないってこと。
なお以下事由もあり、直接ショップに出向いての予約番号取得が最善・最短かも。

▼電話で MNP 予約を入れると、Y!mobile への優遇移転をお勧めされる
周辺の経験談によると有名らしいのですが「他社希望」の際は必ず断って下さい。

うっかり「検討を了承」すると「希望本人が知らない予約番号」が発行されます。
 ⇨ SMS クーポン通知= Y!mobile 移行で au , docomo と同じ MNP 割引適用
本来 SB → Y!mobile 移行には MNP 割引がないので、その場合にはメリット。
 ⇨既に MNP 予約番号発行済みの為、他社移行時には同廃棄と再取得を要する
改めてこれを電話手続きした場合、延べ 20 分以上の時間を浪費します。


○ GRATINA 4G ( KYF31 )の料金プランについて
何故か? au には契約時と同初月における全内容の明快な確認方法がありません。
 ⇨プランなど概要は判るが、割引・オプション込みの詳細を一括確認できない
なので料金体系や適用可否の予習をしつつ、店頭で確認・把握に努めるべきかも。

で、MNP でのお得プランは「約 1,200 円/月」運用でしょうかね。
 ▷ダブル定額 Z 併用の新・専用プラン(データ通信は不使用を前提とします)
4G LTEケータイ向けauケータイの料金プラン「スーパーカケホ」
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/pr/4glte-featurephone/newplan/
ここの額面通りでは¥1,500/月ですが

下取りプログラム(乗りかえ)
http://www.au.kddi.com/mobile/trade-in/mnp-trade-in/
MNP なら適用すべき:たぶん最低でも -¥360 x 24ヶ月
査定額は旧機種・ガラケー相当、新しめスマホならヤフオク流しの方が得かも?
これを逆に言うと、ヤフオク等で数百円で売ってる端末を買っても元は取れる?

通話のみ「 700〜 1,300円/月」運用
(「下取り」適用済み)
 ▷通話と SMS のみ、データ通信もキャリア・メールも使わない
4G LTE(au VoLTE対応)ケータイ(ガラホ) 料金・割引プラン
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/4glte-featurephone-vk/
11/9 以降に au ショップ確認= VK 系プランのみ単独適用可とのこと。
なお「誰でも割( or ライト)」については同プランに対し適用です。

※注:端末価格とその毎月割の扱いについて
「実質 0 円(割賦相殺)」販売の場合、この契約では「毎月割」非適用かも?
とすれば毎月料金には端末価格が転嫁となり「実質 0 円」ではなくなります。

ちなみに、私は先月 au ショップで「一括 0 円」+ CB 契約しております。
正直 CB は予想外でしたが、仮に「実質 0 円」ならショップ購入しません。


 ▷二年縛り契約とその割引額について
現行の「 2 年縛り」⇔「料金割引」制度には二種が存在します。
通常「誰でも割」設定なので「ライト」希望の際は同指定のこと。

誰でも割
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/basic-charge-discount/daredemo-wari/
従来形: 2 年単位(中途解約で解除料発生)の継続利用で基本使用料を割引。

誰でも割ライト
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/basic-charge-discount/daredemo-wari-light
新方式:最初の 2 年のみ継続縛り、以降の割引額はそのままで契約解除料なし。
「誰でも割」⇨「同ライト」中途切り替え可だが、継続縛りは同日より 2 年間。


ところで、本商談前の相談でこんなのくれました。
GRATINA4G-book_for_Contractant.jpg

「ご契約者さま限定 保存版」となってますが、公式サイトに同内容があります。
GRATINA 4G 使い方ガイド(PDF)
http://media.kddi.com/app/publish/torisetsu/pdf/gratina4g_setupguide.pdf

長くなったので GRATINA 4G の設定編は次回へ。


しばらく使うと画面にキー接触痕が残るので買いました。
先に非光沢を購入でしたが、蛍光灯は逆に乱反射する・画面も暗くなるので光沢推奨。
アスデックは背面保護シートなど付属良好、ラスタバナナは最低限ながら廉価が魅力。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »