2018
05
31

PC ユーザーの為の、iPad / iOS 初歩覚え書き 1

New_iPad2018.jpg
iPad 9.7"(所謂「無印」2018 Wi-Fi モデル) 買ったんですわ。
いゃまぁ、コスパ(価格)に惹かれただけのニワカなんですけどね。

んで「実際 iPad どう?」な方々向けには、いわゆる自腹レビュー。
あとコレ、iOS 未経験とか従来系 PC 脳には、操作とかに違和感あるかも?
という訳で Windows/Android 等のユーザー向けに、初歩設定とかもメモ。


○なんで iPad 買ったの?
私の場合は、広がってしまった雑務での利用範疇をノート PC と分けるため。
外郭団体の嘱託になるのかな?会議や関連資料のペーパーレス・データ化等。
そして機材要項は「携帯運用に優れ、かつモニタ解像度も我慢しない」こと。

この手は Web 情報よりも、PC レス企業や学生の実運用を参考にしました。
iPad はこの種「コスパ」に於いて、最良どころか唯一無二な製品でしたよ。
 ⇨同価格帯 Windows ノート PC はローエンド性能だし重い
 ⇨部分的には優れる Chromebook も、コスパは同上レベル


価格競合上はコレだけど、むしろ上位版の C302CA を望みたくなる。
それにさ、OS 違いなだけで Win ノート比で安いとも言えないんだよね。


この辺って PC ユーザー目線だと、つい比較から iPad を除外してない?
でも同価格帯のモバイル端末では、iPad の可用性を超える方が難しいよ。
あと所詮サブ用途だし 1〜2 年で売却の可能性あるけど、その点でも最善。
 ⇨泥タブにも同等価格製品はあるが、中古評価額は全く別モノ


○ iPad はノート PC の代わりになる?
この辺は iPad Pro 登場時に(同宣伝を兼ね?)割と見掛けた論点かもね。
無印 iPad ユーザーとしての回答は「半分イエス、半分ノー」に思います。
 ⇨操作概念が PC 系に固着、MS Office 絶対論者はノー
 ⇨スマホ使いこなし層( OS 種を問わない)ならイエス
(ただし「 iPhone + Mac ないし PC で事足りる」等はあるでしょう)

たぶん OS 基本操作や UI の変化を嫌うような PC ユーザーには不向き。
スマホ層には、廉価なのに大画面での長時間運用をアピールしときます。
あと単純に Web サービス消費だけのライト・ユーザーにも非常に好適!

ただ Amazon サービス絡みだけなら、間違いなく Fire HD で事足ります。
Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB
Amazon (2017-10-11)
売り上げランキング: 9


 ☆タイピング(キーボードは必要?)
当初試用もしてみましたが、私は要らないと感じました。
 ⇨画面大で辞書も優秀と、タッチタイプでもさほど劣後ない
 ⇨携帯性を阻害してまでキーボード運用する意義を感じない

マヂのガチでタイピングって方は、ハナから PC 系を選択すべきじゃね?
iPad は B5 サイズ・カバー込 600g って携帯性が、最強の武器なんだよ。

※備考
当初 Apple cmd 対応ということで中古の iMac 用ワイヤレスも探索。
でもやはり Apple 製品、かなり古く故障率も上がってるのに相場は高め。
ほぼ同等な新品が中古相場の半値で買えますよと。(他社にも複数アリ)


 ☆手書き( Apple Pencil は要る?)
今年モデルの目玉な訳だし、本来は Pencil 買うべきなんでしょうねぇ...
ただ私には「高すぎっ!」でして、百円の静電タッチペンで満足しました。
iPad2018_MEMO_handwriting.jpg
モノはキャンドゥの「ディスクタイプタッチペン(税込み¥108)」
無論 Pencil には多くの点で劣りますが、たかだか手書きメモには十分。
文字の「かえり」「ハネ」を見れば判るように、反応も手書き同様です。

なおこの点で iPad Pro と比較するぐらいなら、最初から Pro 買うべき。
そして iPad Pro の性能を活かすなら、Pencil とセットが本筋でしょう。
(これで常に最新・最高を求める、Apple 愛好者の仲間入りですよ!)


○使い辛い点
私は一昔前に Macbook なら持ってたけど、iOS デバイスは初所有。
んで、当初はその独特な操作概念やら標準機能に戸惑いました。
 ⇨操作やデータを保存・消去する概念はなく、基本は中断と継続
 ⇨一方で同期の問題?設定の標準機能が直ぐは連携してくれない
 ⇨「ファイル」は他 OS での「ファイルマネージャー」ではない


いや、慣れると「なるほど、コレで良い」ってな話もあるんですけどね。
ただタッチするだけ等の直感的な機能以外では、意外や習熟が必須です。
あと用途マッチなアプリも、Win / Android とは別モノの気がしました。

「買ってみたけど、殆ど使ってない」「結局 PC やスマホで済ませてる」
積極運用する気がないと、こうした感想になっちゃうのも、割と頷けます。
Android は PC ユーザーの想定内だけど、iOS はやっぱ Apple 製品かな。


○使い易い点
初期要望通り、携帯性と画面のサイズ・解像度、或いは動作面でも◎
あと基本同一の iPhone よりデカイ分、バッテリー持ちが素晴らしい。
同時にスリープも優秀で、シャットダウンする必然はまず無い。


数百円なオートスリープ対応カバー装着だけで、瞬時スリープ・数秒起動。


まぁ用途によるけど、充電は週に二回前後って可能性も
iPad2018_Sleepbattery.jpg
授業や会議、或いはその後のデータ整理・転送に使う程度なら数日もつ。
ネット動画や撮り貯めた TV 番組を観るとしても、人の体力以上かなと。


書き始めたら長くなったので、次記事へ続きますよと。


「 Wi-Fi モデル」を選んだ理由は購入価格と維持費の点から。
「スペースグレー」を選んだのは、やや広い画面枠が目立たないから。
クラウドを使い熟せれば、主記憶容量は「32GB 」で全くもって充足。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »