FC2ブログ
2019
01
05

Windows10 Pro ver,1809 クリーンインストール時の設定メモ

Win10-1809_2019-1.png

MS アカウント紐付けで新規・再インストールした際のアレコレ備忘録。
なお Win10 はローリング・リリース形式だから、基本 ver,1809 限定ね。

あぁ一応、誰かの為でない自作 PC でのオレオレ設定だってことで。
市販 PC の場合、時期や仕様によってはやっちゃダメな設定があるかも。
あと今回、以下はテキストのみ・画像は無いよと。

○インストール初期の One Drive 同期
「デスクトップ」「ドキュメント」「ピクチャ」限定で One Drive 同期。
この点は、例えば「 Documents 」「 Pictures 」とは明確に区別だよと。
なお分かり辛いけど、PC 上にはローカルユーザ階層も別個に存在します。

私は SkyDrive 世代ユーザ=無料 40GB 取得済なんで、地味に有益でした。
バックアップに頼らずとも、同階層はオンタイムでクラウド同期されます。
ただ別視点だと、近年の無料 5GB ユーザーには全く足りないでしょうね。

MS 様の甘言に絆され 50GB =¥ 249/月プランとするか、同期を解除。
まぁ PC = MS Office と思ってる方なら、黙って Office 356 がお得。
 ⇒ ¥12,744/年(通常)で各種 Office に加え、OneDrive 1TB
悪く言えばあざとい、良く言えば魅力的な囲い込みプランだと思います。


○フォントが汚い
この点だけは、他 OS 併用ユーザにとって耐え難いほど酷いね。
メイリオの方がマシ、新採用の游フォントは改悪以外の何者でもない。
いや MS フォント系も大概ゴミだけど、もはや消せない負の遺産かな?

ごちゃごちゃ書くより、諸先輩方の知恵の引用が明快でしょう。

※全般論に加え、変更例の画像が参照できる
@IT 様
Tech TIPS:Windows 10のシステムフォントを変更する
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/01/news038.html

※レジストリを書き換える方式
Qiita@ikikuchi 様
【Windows10】システムフォント(游ゴシック)を別フォントに変更する
https://qiita.com/ikikuchi/items/7a941ac45b6e97a14058

※専用アプリにて GUI 上から一発改変
Tatsu's life on the Web 様
「Meiryo UIも大っきらい!!」
http://tatsu.life.coocan.jp/MySoft/WinCust/

ちなみに私は「Meiryo UIも大っきらい!!」のみにて改変。
これは CLI で設定すると、後で改変点を忘れちゃう経験則から。

上記はシステム側のみ、長寿アプリ内表示やら Web サイトの指定には無効。
辛うじて、ブラウザ表示については CSS を書き換える方式で対応可能です。

※ブラウザ表示に於ける MS 系フォントの抹殺
Qiita@samemania 様
MS Pゴシックを撲滅する!
https://qiita.com/samemania/items/8209bef53b145e4fde7e

「 Stylish 」は既に公式抹消済、同内容を「 Stylus 」で指定のこと。
更新のフォントについては、同紹介の Google Noto など各自の好みで。

※参考
Google フォント(日本語対応)
https://fonts.google.com/?subset=japanese
個人的には M Plus 系もオススメ。


○ウザい標準アプリと、"Microsoft Consumer Experiences" を抹消
※ユーザ用途を一切考慮せず、ただ無駄に湧いたアプリ群は削除
Windows FAQ 様
Windows10標準アプリを削除、再インストールする方法
https://windowsfaq.net/settings/delete-application/

管理者権限で Windows PowerShell 起動
例) Grooveミュージックの場合
get-appxpackage *Microsoft.ZuneMusic* | remove-appxpackage

※機能の有効・無効化項目には、IE 11 の削除も含まれます
PC設定のカルマ 様
Windows10 - Windows の機能の有効化または無効化
https://pc-karuma.net/windows-10-turn-windows-features-on-or-off/

※ ver,1809 での新問題 "Microsoft Consumer Experience" について
@IT 様
Windows 10にLINEアプリが勝手にインストールされる怪
「Microsoft Consumer Experience」とは
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1812/04/news023.html

ITブログ時々なんでもブログ 様
Microsoft Consumer Experiences を無効化する方法
https://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-381.html

レジストリエディタ>以下のキーを開く。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\CloudContent
(※" CloudContentキー "が無ければ作成)
新規 DWORD (32Bit) DisableWindowsConsumerFeatures を作成。
値に 0x00000001(1) を設定。

※補足: Cortana 停止
Winキー+R (ファイル名を指定して実行)に gpedit.msc 入力
「コンピューターの構成」 > 「管理用テンプレート」
>「 Windowsコンポーネント」 > 「検索」へ移動
「Cortanaを許可する」ダブルクリック、「無効」を選択して「OK」



○稼働中、ずっと CPU 使用率が高いまま
たぶん新規なら無用、また知らずに使ってれば自然解消でしょうけどね。
引っ越しデータ込等の場合、常時・延々と 10% 前後の CPU 稼働を浪費。
そもそも Windows の検索機能やら同 Index なんて無駄・無意味の極致。

「岩崎仁の俺は語りたい!」様
Windows Search Indexerプロセスを 支障なく負荷軽減させる
https://mushikabu.net/2017/windows10-search/

※ Thunderbird 運用の場合、以下設定は必須かと。
Thunderbird が重い( CPU 利用率がずっと高い)
「グローバル検索」機能を停止:「環境設定」>「詳細」→「一般」タブ
「グローバル検索と索引データベースを有効にする」のチェックを外す



○プライバシー設定について
多数の批判を受け、表面上は設定項目が増えましたが、根本的には非修正。
既知の問題点として、項目上の拒否設定をしても実際は同設定されません。
 ⇒「拒否設定している」と MS に通知されるのみ?

「歌うキツネ」 様
Windows 10のトラッキング/テレメトリを無効化する各種ツール
http://utaukitune.ldblog.jp/archives/65874584.html

※やたら拘ると後々面倒な仕様・内容もあるんで、私は以下で設定
O&O ShutUp10
https://www.oo-software.com/en/shutup10
同 "Apply only recommended settings" のみ実行しています。


○ Windows 10 ショートカットキー
覚えとく方が良さげなショートカットやコマンド群。

Windows のキーボード ショートカット
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12445/windows-keyboard-shortcuts

※取り敢えず、以下ぐらいは覚えとくと吉かな?
Win + E =「エクスプローラー」
Win + G =「ゲームバー」
Win + H =「ディクテーション」(※音声によるテキスト入力)
Win + I =「 Windows の設定」
Win + L =「ロック画面」
Win + R =「ファイル名を指定して実行」
Win + V =「クリップボードを開く」
Win + X =「パワーユーザーメニュー」

※「ファイル名を指定して実行」での呼び出しコマンド
まぁ覚えられない複雑な様式は、定型文登録なりシェルでも書いて。
【 Registry editor 】regedit
【コマンドプロンプト】 cmd
【タスクマネージャ】 taskmgr
【管理コンソール・ルート】 mmc
【 nslookup 】 nslookup
【マイドキュメント】 shell:personal
【ネットワーク接続】 shell:::{992CFFA0-F557-101A-88EC-00DD010CCC48}
【管理ツール】 shell:::{D20EA4E1-3957-11d2-A40B-0C5020524153}
【ユーザ / フォルダ】 shell:Profile
【ユーザ / スタートアップ】 shell:Startup
【ユーザ / 「送る」メニュー】 shell:SendTo
【ユーザ / スタートメニュープログラム】 shell:Programs
【ユーザ / AppData Roming 】 shell:AppData


○その他の補助アプリ
 ☆クリップボード管理アプリ
Vector : Clibor
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se472890.html
Linux と併用してると、コレ系にマトモなのが無いのにまずビックリ。
いゃ複数存在だけど、やたら(無用)に高機能過ぎて逆に使いづらい。
ややシンプルで、かつ表示した際に見易かったのが唯一コレ。

 ☆ Intel / Win10 対応のドライバ管理
コレも ver,1809 以降のトピックで「モダンドライバ」の問題ね。
公式にもしつこいぐらい注記あるが、内容的には以下参照のこと。
ITmedia PC USER_ 様
Intel Graphicsが初対応 Windows 10のモダンドライバ「UWD」とは何か
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1812/02/news011.html

んで、私は上記紹介にもある以下にまかせてる。
Intel Driver and Support Assistant(IDSA)
https://www.intel.com/content/www/us/en/support/intel-driver-support-assistant.html

ただ、まだ今のところは M/B ベンダ配布の内容のみが適用されています。
逆に UWD たる内容は IDSA に「 OEM 独自構成」として拒否されるよと。


○アップデートでしくじらない?
全くの自動で設定してないけど、ウチでは更新起因の深刻問題は皆無です。
これは自作機の Pro 版だけじゃなく、メーカー PC の Home 版も同様ね。

半期更新はメーカー PC は事前にパッチ対応、自作機は不許可でしたよと。
何れにしろ以前はともかく今は一切未対策、そうした必要性も感じません。


○雑感
つい先日 Linux から(再)移行して気付かされたけど、微妙に使い辛いね。
今や Linux の方が汎用としては使い易いし構築等も早い。(しかもタダ)
ついで言うなら、iOS / Android の方がイイって感じる部分もあったりする。
あ、でもしばらくは Windows 主用して周辺動向や利便性を再確認するよと。

やや細かいこと言えば、Linux なら商業的にはグレーな利用も簡単に出来る。
一方 Windows は多数の商業アプリやサイトがサポートだし、おあいこかな。



2019 H1 期 Intel 最新系( Iris Plus / Thunderbolt 3 搭載)NUC ね。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »