FC2ブログ
2019
01
24

Windows10 アップグレードを Ivy Bridge-PC で試してみた

Sysinfo_Windows10HOME_Ivybridge.jpg
Windows7 サポート満了年にあたり、ジャンクパーツで試行してみたよと。
いや、ジャンクパーツっても経年・放置品の比喩で、ギリ実働品ですから。

不用部品を整理したら、PC 構成が可能で Windows 7 のCOA も余ってた。
んで、何となく可否とか知りたい方も居るのかな?と思い記事化でっす。

あとさ、ネット上ではもっと旧い世代が Win10 PC として売ってますよね。
その価値性はさておき、Windows 10 がサポートするのは IvyBridge まで。
その辺についても触れてみます。

○まだ出来る(出来た) Windows10 へのアップグレード
具体手法は多くのブログ・SNS 等々で紹介の通りなんで、解説しませんよ。
ってか自力でそれらの情報検索が出来ないって方は、実行すべきじゃない。

Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

構築は Win7 / 8.1 実働環境のアプグレより、新規+認証の方が早いかな。
あと旧世代 PC とかで軽快に使いたいなら、ローカルアカウントをお勧め。
紐付け自体は否定しないけど、OneDrive 同期だと起動他がかなり鈍くなる。

それと何より、円滑にアプグレ完了できても、その実動作とは無関係です。
下記の通りですが、原則 Win10 以前の PC は動作サポート外と認識のこと。


○ Windows10 対応の PC 世代とは?
同内容は MS 社の言及より Intel アナウンスの方が判り易いと思います。
インテル® プロセッサーの Microsoft Windows® 10 の対応状況について
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/articles/000006105/processors.html

2019 H1 時点で IvyBridge ( 3rd Gen Core )世代までが対象みたい。

ただコレさ、所有 PC ( M/B ) のソフトウェア・サポートも確認してみてよ。
「 Win10 対応ドライバ」の現提供って、概ね 2016 年以降の機種だよね?
 ⇒民生 PC の主サポート期間は 3 年前後(旧 Windows 刷新サイクル)
 ⇒ Windows10 では、原則的には「 PC 」構成上の専用ドライバが必要

 
要するにベンダ側での「 Win10 アプグレ対応」なんてのは既に満了って事。
言い方を変えれば、旧世代機の Windows10 サポートなんてのは存在しない。
考えてみりゃ登場からは既に丸三年以上だしね、推して知るべし。


あぁ AMD 構成でも基本は同案件だから、同世代ないし現行機種の判断で。

※備考
適用ドライバについて、もしかすると手慣れたユーザほど錯誤あるかも?
チップベンダ公式の最新ドライバが、個々の PC に全適合とは限りません。


○ Win10 ver,1809 新規導入+認証してみた
Intel6-Ivybridge_Win10HOME.jpg
実行例 IvyBridge 機もアプグレ自体は問題なく完了、ただ一部で機能不全。

Marvell-91xx-driver_Win10.jpg
ちな Sandy 共通の 6 系チップ構成だけど、事務・廉価系 PC にはあるある。
 ⇒ドライバ不備・提供終了にて実働不能な機能アリ
 ⇒都合 Win8.1 ドライバ等を適用も、実働は不安定

コレねぇ過去ドライバ、或いは最新ドライバ適用で解決って話でもないのよ。
また症状も結構微妙で、ドライバ起因か?物理故障か?その判別も悩ましい。

何となくだけど、度々騒がれる更新=問題の多数はアプグレ組なんじゃね?
Win10 の刷新や UWD 移行が進むと、旧機種組は年々悪化の可能性もアリ?


○結局「 Win10 アプグレした旧世代 PC 」は使えるの?
んまぁ上記は自作er 視点で「機能不全がある、なんだろ?」ってやった話。
普通の人が超廉価な Win10 PC 目当てで購入なら、とりま気付かないかも?
多少の不具合あっても「安いからしゃーない」とか納得しちゃう気もする。

Jan-2019_Free-Upgrade_Windows10.jpg
それぐらいの感覚で良ければ、そこそこフツーに使えます。

※蛇足
ヤフオク眺めて驚いたけど、ゴミ世代ほど値が付いててコスパは最悪ね。
いやまぁ真逆手順での売却が目的でしたら、全くもって良策と存じます。

 ☆ LTSB (LTSC) 版について
えぇっと、2016 LTSB も試したけど・・・個人的にはどうでもいいかな。
確かにその仕様は Windows の煩わしい部分が丸々削り落とされ、いい感じ。
ただそんなのカスタムすりゃ良いし、そもそも Windows に拘る必然がない。


○ All You Need Is Kill
新たな一日「アップグレード」を始めれば、真後ろでサポートの扉が閉まる。
手中とした「ライセンス認証」能力を使い、無限ループで生き残るまで戦え。
戦死ループを勝ち抜く選択は唯一つ、目覚めたらネットで PC をポチること。
大丈夫、貴方は兵士じゃない " 兵器 " だ。

あぁうん、深夜にプライムビデオの影響だぁね。

PC 、いや Windows から逃れられない皆さん、リセット後は次のステージへ。
奴らの本体は PC にも Windows にもない、その名を Microsoft 365 という。



ウチではこの手も PCケース代わりに使ってる。
何でも入る、配線通る、静音性高い、ホコリも付かないが、クソ重い。
ハヤミ工産【TIMEZ】NXシリーズ タテ型オーディオラック NX-B301
ハヤミ (2010-08-01)
売り上げランキング: 59,879
スポンサーサイト

«  | HOME |  »