2009
05
04

大人気の腕時計

写真は、オバマ大統領の就任後初の職務となる、署名の様子を撮影したもの。
Obama_first_act.jpg

親しみやすい庶民派を感じさせる大統領らしく、その腕にはスポーティな腕時計が・・・ Jorg Gray 6500 Chrono
この腕時計、民主党の大統領候補としての予備選が行われていた2007年8月にシークレット・サービス(USSS)から贈られたもので"Jorg Gray 6500 Chronograph"というクロノグラフのUSSS専用モデルだとか。
専用モデルといっても、市販モデルとの違いは文字盤の12時方向に「保安官」を示す星形のUSGSのエンブレムが入っているだけ。
なおこの時計、米国内でのお値段なんと 325ドル(約3万3千円)也!

しかしいくら庶民派志向といっても、その経歴はハーバード大法学部を卒業し、シカゴで第一線の弁護士として活躍。その後は上院議員に転身したという、典型的エスタブリッシュメント。
大統領となった今、3万円前後の腕時計をはめているるのには、やや違和感も。
そのためか、USSSが大統領(当時は候補)にこの腕時計を贈ったのは訳があり、非常時に所在地を確認するための発信器やUSSSを呼ぶためのボタンが組み込まれているのではないか?など、いろいろな噂が流れているそうです。

それはともかく、この時計、値段が安いこともあり今は大変な人気商品となっているとか。通販を利用すれば、日本からも手軽に買えるようですね。

ちなみにオバマ氏は、この腕時計をプレゼントされるまで「タグ・ホイヤー 1500」(TAG-Heuer 1500)を着けていたのだとか。
TAG-Heuer1500.jpg
(イメージ画像:オバマ氏の所有品が、このモデルかは判りません)
ブランド名もあり"Jorg Gray 6500"よりはお高いですが、失礼ながら氏の品格に見合う一流ドレスウォッチとは言い難い品。庶民志向への気配りが、よほど徹底されているのでしょうか?


贈答されているのか?これも謎なんですが、歴代大統領は「レビュー トーメン」愛用者が多いそう。
特徴的なアラームを仕込む「クリケット」モデル。市販限定モデルの裏蓋には、ホワイトハウスの刻印が施されています。
Cricket.jpg
Revue Thommen Cricket


WhiteHouse.jpg
執務室で電話を取る、オバマ大統領の手元を撮影した公式写真


商品情報
http://www.jorggray.com/jg6500-promo






スポンサーサイト

«  | HOME |  »