上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dismantle_Logitech_M545.jpg

何となく購入の「 Logicool M545 」操作感があまりにも酷く、調整したメモ。
第一に、スクロール・ホイールの回転抵抗感を多少重くする
第二に、硬くストロークの大きい左右クリック感を調整してみました

Logicool M545 って
「サイド(5)ボタン+チルトあり、2.4GHz 無線接続」選択肢だと最廉価の範疇かな。
故に「うっかり値段に釣られたけど、失敗した」感の方には一応の参考になるかも。

ちなみに一部カラー以外で同型に見える M546 も、恐らく全くの同一品です。
ファンの分析によれば、円安に伴う価格改定を異なる品番で行ったモノとか。
現状は M545=セール等の廉売用、M546=希望価格による販売用でしょうか。

ところで、Logicool ( Logitech )製品って Web 上では妙に高評価ですねぇ。
最初はブランド信奉と思ったけど、もはやマーケティング工作を疑うレベルかも?
でもって台無しなコメントを先に入れちゃうと、コイツはゴミ(個人の感想)です。
実を言うと「使う」為でなく、廃棄も視野に「ネタ」「知見として」分解したッス。

NSB-3NR3T1MLV-mod_500GB.jpg

WD Red 1TB を買うと NAS 箱が付いてくる?
PC Watch >本日みつけたお買い得品(2017年11月8日)
NTT-X、WD Red 1TB搭載NASを値下げで筐体価格が実質500円程度に

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/todays_sales/1090435.html

パワーユーザーなら、ハックも楽しめそう?
7,980円のエレコム製Linux搭載NASがNTT-X Storeに再入荷(2017年11月15日)
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/todays_sales/1091769.html

一方でネット民の反応は・・・
「いらないけど欲しい ふしぎ」
「買っても使い道がないから放置は間違いないけど欲しい」


私も同感、迷ったんですが・・うっかり NSB-3NR1T1MLV 買ってみました。
いやまぁブログネタにはなるし、最低限 WD Red 1TB 入手なのは確かだしね 。

あと NTT-X Store さんの「早く買ってください!」言霊にもヤラれたかな。


Spector__Meltdown.jpg

なんかスゴイ騒ぎになっちゃてるので、スルーするつもりがふれてみる話。
コレって
「すわ、RYZEN にSEGV問題」「いやいや、Skylakeシリーズにもエラッタ」
とかと具体事例は違っても、根っこは一緒の話だったと思いましたよと。

私が同問題を最初に見知ったのは「 Haswell のTSX命令にエラッタ⇨無効化」の頃。
当時のブックマークによれば、とっかかりの技術論でわかり易かった記事がこちら。

Haswellで導入された新機能「TSX」とは? IDF 2012より
http://ascii.jp/elem/000/000/726/726151/

コレ系を雑に言うと、CPU のマルチコア/スレッド処理ってヤツは高速化メリットよりずっと多くの問題を抱えており、当時既に専門技術者からはデータ破損や脆弱性の問題が大いに懸念視されていた筈です。
この点は素人が夢想するようなマルチコア / スレッド化による処理高速化とは相反していて、かれこれ二十年ぐらい前から製品刷新の度に突き当たる問題だった模様。
でも市場は「年々倍々ゲーム」の処理高速化を期待し続けており、技術的に完全な解消は不能と知りながら( TSX 命令のような涙ぐましい努力を続けつつ)CPU を開発・販売し続けていたのが現実だったらしい。

故に直近では「RYZEN で SEGV」って言われても「いや、それ Intel でもあるだろ?」とか思った矢先、今度は「Skylake シリーズにエラッタ」の話題。
今件でも「 Intel CPU に深刻なバグ」報道が先行(市場シェアから言うと止むを得ないかも)すると、同社から猛然と正式な反論(まぁ、ごもっとも)アリ。
一方で AMD の「当社の製品には(一部の)深刻な問題はない」明言には苦笑い。

ふと思ったんだけど、この種の情報提供者は市場操作とか投機ゴロも絡むのかな?
たぶん専門家以外でも、この手がヤバいってのは結構みんな「知ってた」ハズだし・・・

でね、ニワカがらしい話をすれば「全てのマルチコア / スレッド CPU 」は同種問題を潜在的に抱えてるハズです。
というかコレ系問題なしに他社と同等以上の高速並列処理を実現してたなら、とっくに唯一無二の独占企業かと。

ただコレ系が深刻なのは、普通に考えて公的機関やら通信・金融など大会社等々が先かと。
そっちがダメとなれば、個々人が心配するより遥かに深刻な事態が待っているでしょう。
一方で一般ユーザーが気にして解消する話でもなく、まぁ OS 側の更新で同処理を廃すれば、暫定解決かなと。

攻撃手法の確立・周知前に公表(せざるを得ない状況)されたし「ふーん、そう」「えぇ? PC 遅くなるの」ぐらいのユルい認識で取り敢えずイイっしょ。
それに平凡な PC 処理ならどっちか言うと IPC 依存だから、さほど性能劣化しないかもよ?

自分のデータがアブナイとか思った貴方、IT 機器を全放棄するが吉と出ました。
(ただし、貴方以外の世界はそれを放棄しませんが)
いやでも、流行りのスマート機器の類なんかは、今後は実際ヤバいかもね。


こんなニュースにオロオロしてたら、PC オタクなんてやってられませぬ。
今もって Intel B360 / H370 が出ない以上、コスパ追求では Kaby Lake 一択かと。
Critical-bug_Ubuntu17-10kernel_.jpg

Ubuntu 17.10 (系の kernel )に一部 PCの BIOS / UEFI を破壊するバグが存在。
状況によっては復旧不能のケースもあり得ますので、新規導入は一時取り止めを。

Ubuntu 17.10 corrupting BIOS - many LENOVO laptops models
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/1734147

どうも一ヶ月前頃から報告され始め、現時点で「極めて深刻」と確認された模様。
幾つかの具体機種名が挙がってますが、恐らく「同系の全機種に影響」でしょう。

起因は不完全な Intel SPI ドライバが Canonical ビルド kernel に組み込まれたため。
当然にこのバグは " Ubuntu " だけに限らず、17.10 系の全フレーバーに存在します。
係る問題や影響懸念される PC については、ざっと以下記事が参考になるでしょう。

一部PCのBIOSを破壊するバグでUbuntu 17.10が一時取り下げ
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1098412.html

Canonical は配信停止(差し替え)を表明ですが、現時点も生きてるリンクを確認。
ubuntu wiki > Get Ubuntu 17.10 の項
https://wiki.ubuntu.com/ArtfulAardvark/ReleaseNotes

ただし、更新 kernel は修正済にて、あくまでも公開時 ISO にのみ問題が存在です。

という訳で「深刻な状況」に陥るのは、かなり限定的な機種・状況のみですけどね。
PC 世代や販売数、或いは入門者には結構な影響があると感じたので、一報まで。

追記: 1 月 12 日付け修正版「 Ubuntu 17.10.1 」が出てます。
Ubuntu 17.10.1 (Artful Aardvark)
http://releases.ubuntu.com/17.10.1/
Fedora-Media-Writre_ver411.jpg

まぁ実際の利用状況的には「PC への Fedora 新規導入法」と言っても良いかな。
F27 試用時に紹介すべきでしたが、現ユーザーゆえに逆に気付きませんでした。

Windows / MacOS 環境での Fedora の USB ブート・メディア作成方法です。

えぇ、もちろん Fedora でも利用可なんですが、Linux の汎用ツールじゃあない。
どっちか言うと Windows / Mac な PC のシステムを塗り替える為のツールかも。
そうした意味で、新規者向け Web ページの造りと共に感心したので紹介でっす。


Upgrade_Win7Pro-Win10Pro.jpg

自作 PC で半年未稼働だった Win7Pro を、Win10Pro へと更新してみました。

個人的に自作機 OS は Fedora へ全代替済みなんで、自作機更改のついで作業です。
手法としては既知でしょうが、日付として 12 月初旬も実行可だったって話ですね。

とまぁ所要ツール紹介に一言付け加えれば済む話なんですが、少し盛って記事化。


Core_i5-8400_Out_of_stock.jpg

先月の発売以来、Core i5-8400 の品薄(ほぼ枯渇)が続いてるみたいですね。
知人から情報を尋ねられ、ショップで話を聞いた感じ、どうも深刻みたいです。
えぇまぁ、今や絶滅危惧種な PC 自作オタクだけの話題なんですけどね。

至る状況としては、そんなこんなあるらしい。
ITmedia PC USER アキバに異変? Coffee Lake枯渇の裏側
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1711/27/news102.html

ここ直近で通販眺めてると、まだ各系列が隔週で若干数扱ってるようには見える。
でも周辺やネットの情報からは、どうもこうも現実はかなりキビシイ状況らしい。

 ⇨各店舗の入荷予定数自体が、予約の一割程度
 ⇨メールで入荷通知があっても、既にまず完売
 ⇨通販は瞬殺、振込代引き不可、クレカのみも


先日も Sofmap の「在庫あり」を知人に即電話したら、手続き中に完売したとか。
Core_i5-8400_Sold_out.jpg
別グループの実店舗で聞いても、「予約でのお渡し日は確約できない」とのこと。

先月は様子見してた方々も深刻さに気付き、沈黙しつつ争奪戦を繰り広げてる。
年末・ボーナス商戦に確保、或いは待ちなんて、もはや夢物語かも知れません。
でね、中国特需に一因があるとするなら、2月の春節までこの品薄が続くのかも?


酸っぱいブドウ論で言うなら、6 コアのフル活用を要する場面なんて殆ど無い。
i3-8100 は従来 i5 相当だし、高 CLK/IPC な i3-8350K も常用性能は高いよと。

でもまぁ、Gen 8th Core の目玉はやっぱ i5-8400 だろうけどねぇ...

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。