ヘッドライン ニュース

Loading...

VSCode_wellcom.jpg

PG じゃないし、技術・頻度共にこの種エディタを重用はしてないんですけどね。
Fedora 26 Beta 試用にあたり、同じ頃に更新されてた VS Code もついでに試用。

以前は「拡張込みで紹介多数の」ATOM を「何となく」で利用でしたが・・・
(私には)Visual Studio Code の方が全然使いやすいッス。ってか、チョー便利。

とはいえこの手は各人での用途や対応拡張、或いは操作性の好みもあるでしょう。
実際に弄ってみて、各自のお気に入りを選んで下さいなっ、と。


Fedora25-26_openSUSE_mozc-binary_error.jpg

beta Final Freeze を迎え、F26 でも " fcitx-mozc " 非サポートが確定しています。
過去記事で紹介のように、都合 openSUSE 用バイナリの流用が手軽と思われます。

ただし、ここへ来て「流用可な」バージョンが限定的となった為、記事化しまっす。
リリース時に同解説を加えるのは微妙に長くなる話なんで、事前記載の次第ですね。

Invalidation_fedora-HandBrake-repo.jpg

Negativo17 " fedora-HandBreak " repo が無効のようなので、修正しときます。
同系 repo の改変は昨年からみたいですが、26 beta リリースに伴って順次廃止?
う〜ん、F26 間近とはいえ、現行中途で消失ってどうなんでしょう....。


 ○更新版 " Multimedia " リポジトリの新規導入
 code:
sudo dnf config-manager --add-repo=http://negativo17.org/repos/fedora-multimedia.repo

参照: Negativo17.org Repos
https://negativo17.org/repos/


 ○旧 " fedora-HandBrake " リポジトリの無効ないし削除
端末作業毎に同期エラーが出続けるので " fedora-HandBrake " リポジトリを無効に
 code:
sudo dnf config-manager --set-disabled fedora-HandBrake

まぁ今件は完全廃止な訳だし、.repoファイル自体を消してスッキリしたいなら以下
 code:
sudo rm -f /etc/yum.repos.d/fedora-handbrake.repo


なお " Multimedia " には、 " Nvidia " も統合の模様です。
( " Nvidia " 単体の repo も存在なので、各自での取捨選択は可能)
Negativo17.org
Big multimedia repository update (CUDA enablements, rebases, new software)
https://negativo17.org/big-multimedia-repository-update-cuda-enablements-rebases-new-software/

ちなみに 26 beta 試用中ですが... fedora-negativo17.repo の扱いが良く解らない。
今んトコは導入不要なんだけど、F26 のリリース時には同系が全有効になるのかな?


mSATA の 2.5" 変換ケースって微妙に高かったけど、コレは少し安いね。
Junk_CPU560.jpg

AMD " Zen " 系 CPU の公開や発売から、近頃は久々PC 関連の話題が賑やかですね。
「 AMD 反撃の狼煙」「 Intel 焦ってる」など熱いコメントも、久々に見掛けました。
Intel でも Skylake-X や Coffeelake 計画の前倒しを発表など、熱気の後押し感アリ。

でもふと思うに「 Intel vs AMD 」構図なんて、今や PC マニアしか知らないかも?
そんなこんな胸熱の今だから振り返る、とある自作er の昔話とか、書いてみます。
えぇまぁ、特に更新ネタが思い付かなかったんで、お茶濁しにね。

まっ、あくまで体験(主観)ないし、自作の先輩や仲間同士での雰囲気の話ですよ。
当然に自作系で扱いの製品群だけ・業界論などではなく、エンドユーザー視点にて。
あぁそれと、たぶん AMD ファン憤怒の内容でしょうから、その場合は閲覧注意で。

Kubuntu1704_Desktop.png
Ubuntu 派生の KDE 環境版 Kubuntu 17.04 を試用してみましたよと。

 キッカケは前記事 Budgie 試用と同環境の「 Qt 移行」話から。
 (忘れかていた) Qt 環境の偉大なる先人 KDE に触れようと思った次第。
 もちろんディストロには、本家版たる blue systems の Kubuntu 選択です。

え? Kubuntu は(非公式) Ubuntu フレーバーの一つじゃないかって?
えぇまぁ、一般的にはその解釈で構わないと思いますよ。
ここは単に Solus Project 表明の⁠ Budgie 11 に対する釘刺し記述です。

なお KDE は設定慣れで精一杯だったんで、詳細な解説とかはしていません。
他方で自分用の備忘録ではあるんで、キャプチャー画の類は割と入れてます。


Ubuntu-Budgie1704_Desktop.jpg

「 Ubuntu 、Unity 8 やめるってよ」らしいですね。
一方で公式フレーバー入りとなった Budgie を試用してみましたよと。

まぁ良かったら「初期設定とか紹介」ぐらいの感じで始めたんですが・・・

やや好意的かつ客観的に表現 「ウン、こういうのもアリだと思うよ!」
ぶっちゃけた感想でよければ 「稀によく有るタイプ、時既に時間切れ」

という訳で、適切な紹介・解説などしておりません。
好ましく感じておられます方は、どうぞ他所の紹介をばご参照下さいませ。


Ryzen-logo.jpg

遅れて来た真打?それとも AMD 社 x86 CPU における白鳥の歌?
久々の話題作 " RYZEN " ことSummit Ridge + Socket AM4 についてのメモ。

いやまぁ自作以前に PC 自体が絶滅危惧種だし、世間一般にはオタク話題かな。
(だいぶ枯れちゃったケド)自作er の端くれとして取り上げてみます。
ってか全くの新プラットフォームだし、良く知らんのでブログ更新を兼ねてね。


«  | HOME |  »